上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Youtubeにはがんがん上がってますね。
シュトゥットガルト戦ハイライト動画。
毎回毎回upしてくださる方には感謝感謝です。
ほれー!!

ハイライト


香川真司プレー集



ついでに。
ファンサービスをする香川真司
スポンサーサイト
とりあえず記事はラスト。

ドルトムント関連

フル出場香川、好機演出!3点目の起点に(サンスポ)
 【シュツットガルト(ドイツ)30日=円賀貴子通信員】ブンデスリーガ・ドルトムントの日本代表MF香川真司(21)が29日、シュツットガルト戦(アウェー)にフル出場。チームは3-1で快勝し、今季リーグ2戦目で初勝利を挙げた。
 開幕から主力に定着し、この日もトップ下で好機を演出。得点こそなかったが、2-0の前半37分には左から浮き球クロスで3点目の起点に。「うまくゴールにつながった」と笑顔を見せた。
 キリンチャレンジ杯2試合を戦う日本代表に選ばれ、約2カ月ぶりに帰国する。「こっちで経験できたことが少なからずある。それを代表でプレーできれば」と自信も口にした。
 9月7日のグアテマラ戦は、06年から所属したC大阪の本拠地が舞台。「長居で試合できるのがすごく楽しみ」。成長した姿を見せる。


新司令塔だ!香川トップ下で躍動、最大級の評価(スポニチアネックス)※写真有り
 ザッケローニ新監督が率いる新生日本代表のエース候補の香川がドイツで最大級の評価を受けた。ドルトムントは29日、アウェーで強豪シュツットガルトと対戦。MF香川真司(21)はゴールを演出するなどトップ下で躍動し、3―1で今季初勝利を飾った。
 最大の見せ場は2―0で迎えた前半37分。香川が「(FWバリオスが)中にいて、相手がやりにくいと思ったので何らかの形で落ちると思った」とペナルティーエリア左から柔らかいクロスをゴール前へ。相手DFの中途半端なクリアをMFゲッツェが頭で押し込みチーム3点目が生まれた。
 ドルトムントは前半だけで3得点を挙げたが、前線で積極的に動いてボールを引き出し、攻撃を組み立てたのが香川だ。30日発売のキッカー誌ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、週間ベストイレブンにも選出。「ドルトムントの中心だった」と評価され、チームでの地位を確立しつつある。「こっちで経験できたこともあるし、それを代表でプレーできたら」と言う香川が日本代表でも存在感を見せつける。(シュツットガルト・三村祐輔通信員)


香川2点絡み今季初勝利に貢献/ブンデス(日刊スポーツ)※写真有り
<ブンデスリーガ:ドルトムント3-1シュツットガルト>◇29日(日本時間30日)◇シュツットガルト
 【シュツットガルト(ドイツ)=中野吉之伴通信員】日本代表のドルトムントMF香川真司(21)が、チームのリーグ戦初勝利に貢献した。開幕2戦目のシュツットガルト戦で先発フル出場し、勝利へ導いた。ゴール、アシストはなかったが、2得点に絡む活躍を見せた。新生日本代表に合流するため31日に帰国予定で、ザッケローニ・ジャパンでもレギュラー奪取を宣言した。
 欧州の強豪クラブのエースへ成長した若武者が、代表でのレギュラー奪取に狙いを定めた。香川はシュツットガルト戦で2得点に絡む活躍を見せた。ドイツで成長した姿を、凱旋(がいせん)試合で披露する。
 香川 いい意味で違った姿を見せられたらいい。こっち(ドイツ)で得たものは少なからずある。それを代表で出せたら。点を取りたい。
 1-0の前半26分、香川が走ってできたスペースに詰めたパラグアイ代表FWバリオスが決める。同37分、香川はゴール前中央でふわりとしたパスを出し相手のクリアミスを誘い、3点目が生まれた。これまでの活躍で信頼を得た21歳に、自然とボールは集まった。
 ドイツのビルト紙も「再びゲームメーカーとしての才能を発揮した。採点は『2』で両チーム合わせて最高点」と報じた。香川は「(3点目は)バリオスが中にいて、相手がやりにくそうだった。何かが起こると思った」と胸を張った。
 新生日本代表に合流するため31日帰国予定。ドルトムントで好連係を見せるバリオスと同じ航空機に乗って日本へ戻ってくる。「同便は偶然。ゴール前での怖さはすごくある。うまく注意しながら戦いたい。組織的に戦えば、大丈夫。手ごわい相手であることは間違いない」。W杯南アフリカ大会はサポートメンバーとして帯同したが、ピッチに立てなかった。その悔しさを晴らす時がきた。

…やっぱりバリオスと同じ飛行機かいっ!!


香川ダメ押し点演出、ドルトムント初勝利(スポーツ報知)
 ◆ドイツ ブンデスリーガ第2節 シュツットガルト1─3ドルトムント(29日・メルセデス・ベンツ・アレーナ) ドルトムントのMF香川真司(21)は29日、アウェーのシュツットガルト戦に開幕戦に続いてトップ下でフル出場。積極的に攻撃に絡み、3点目の起点となるなどチームの今季初勝利に貢献した。また、レバークーゼンはボルシアMGに3―6と屈辱的な大敗を喫した。
 2―0の前半37分、香川の高く浮かせたクロスがゴール前の競り合いを誘い、味方の3点目を呼んだ。「きれいな形を意識していたが、うまくゴールにつないでくれた」と笑顔を見せた。タッチ数の多さと、高いパス成功率に30日付の独ビルト紙は「たったの3万5000ユーロで購入したカガワは、きょうもプレーメーカーとして説得力のあるプレーを見せてくれた」と高評価を与えた。


後で動画探してきまーす。

そいや、今日発売のサカマガ香川真司特集だっけ…
サカダイはセレッソ特集だっけ……
近日中にまた両方買ってしまいそう。お金ないのにー涙
続きです。
日本代表関連

ザッケローニ新監督決定!W杯へ発進 (デイリースポーツ)
 日本サッカー協会は30日、イタリア人でイタリア1部リーグ(セリエA)のミラン、ユベントスなどを率いたアルベルト・ザッケローニ氏(57)が日本代表の新監督に就任すると発表した。31日に本人が同席して都内で就任会見を行う。ザッケローニ氏は29日午前に来日し、原博実技術委員長(51)ら日本協会幹部と最終交渉。この日夕方に合意した。イタリア紙によると年俸は約2億円の2年契約で、2年の延長オプション付き。9月の国際試合2試合に向けた同2日からの事前合宿を視察し、2試合を観戦する。
  ◇  ◇
 南アW杯で日本が敗退してから2カ月。混迷の監督人事が決着した。
 午後6時。日本協会はこの日2度目の説明会を実施。大仁副会長は「ようやく決まりました。アルベルト・ザッケローニ氏に日本代表監督をお願いをすることになりました。皆様には大変ご心配をおかけしました」と重々しく発表。日本初のイタリア人指揮官・ザッケローニ氏の下、ブラジルW杯で「16強以上」を目指すことが決定した。
 ザッケローニ氏は29日午前に極秘来日。日本協会の小倉会長、交渉役の原技術委員長と3者会談し、大筋で就任に合意した。欧州に残る同氏の弁護士による契約内容確認を待ち、この日午後に最終決定。正式なサインは後日となるが、大仁副会長は「ほかの国と契約することはない」と明言。31日に都内で会見する。
 日本協会側は契約の細部について明言を避けたが、イタリア全国紙「レプブリカ」は236万ドル(約2億円)の2年契約で、2年間延長のオプションが付いていると報道。就労ビザ取得は間に合わなかったため、監督として正式に指揮を執るのはアルゼンチンと対戦する10月8日の親善試合となる。
 ザッケローニ氏は堅守が伝統のイタリアでは異端とされる超攻撃サッカーを志向。ウディネーゼ時代に旋風を巻き起こした「3‐4‐3」システムを好む。特徴的なのは左右に張り出したウイングで、突破力に長(た)けた本田、松井、香川らが起用されそうだ。また原委員長は川口、楢崎の後任守護神育成を急務と見て、同氏にGK大国イタリアからのコーチの招へいを要請。攻守のレベルアップを目指す。
 ザッケローニ氏はこの日、コーチに就任する関塚氏らと会談し、9月2日から始まる9月の2試合に向けた事前合宿への準備を開始。試合はスタンド観戦となるが、合宿やロッカー室で指示を飛ばすという。ザック・ジャパンがようやく船出のときを迎える。


日本代表・香川「攻撃サッカーは楽しみ」(デイリースポーツ) 
サッカー日本代表MF香川真司=ドルトムント=が31日、成田空港着の航空機でドイツから帰国。“ザッケローニ・ジャパン”で攻撃の核を目指す。
 移籍先のドイツでは、2試合連続で先発出場を果たすなど、定位置を獲得。「短い期間でも得たことはたくさんある。(代表戦では)成長した姿を見せて結果を残したい」と腕ぶす。代表新監督のザッケローニ氏については「イタリア人というのはびっくりした。攻撃サッカーをやるというのは楽しみ。攻撃の部分は僕の持ち味なんで」と話した。


サッカー日本代表:本田、香川が帰国(毎日新聞)※写真有り
 サッカーの国際親善試合、キリンチャレンジカップのパラグアイ戦(9月4日)など2試合に臨む日本代表のMF本田圭佑(CSKAモスクワ)とMF香川真司(ドルトムント)が31日朝、帰国した。同日中にGK川島永嗣(リールス)とFW森本貴幸(カターニア)も帰国し、招集された欧州組8人全員がそろう。
 コートとサングラス姿の本田は「暑いっすね。向こう(モスクワ)はだいぶ寒くなってきた。体調はいいが疲れはある」と話した。日本代表の新監督に決まったザッケローニ氏については「名前は知っているが、詳しいことは知らない。世界中の指導者がどんなサッカーをするかを知っている人はほとんどいない」と語り、足早に空港を後にした。
 初の海外移籍で開幕からリーグ戦2試合にフル出場中の香川は機内で眠れなかったといい、疲れた表情だったが「今はドイツで充実した生活をしている。無心でサッカーをしている」と話した。新監督については「全然知らない人」としながら、同監督が攻撃的なスタイルを好む点に「そこ(攻撃)が自分の持ち味。すごく楽しみ」と前向きだった。
 香川はワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で登録23選手の枠から漏れ、「サポートメンバー」としてチームに帯同していただけに、「W杯が終わり、新たな競争が始まる」と決意を新たにした。
 パラグアイ代表も31日朝、来日した。【江連能弘】
真司おかえりー!!
まさかの成田帰国でした。なぬーっ。
じゃあミナツモ行かないかも…どこで過ごすんだ?

早速記事。
日本代表関連
新監督「詳しく知らない」 本田がロシアから帰国(スポーツナビ)
 サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップのパラグアイ戦(9月4日)など2試合に臨む日本代表のMF本田圭佑(CSKAモスクワ)が31日朝、ロシアから帰国した。
 30日、日本代表監督にイタリア人のアルベルト・ザッケローニ氏の就任が決まったが「名前は知っているけど、世界中に詳しく知っている監督なんてほとんどいない。逆にコメントできない」と慎重な口ぶりだった。
 MF香川真司(ドルトムント)もドイツから帰国。新監督について「一緒にやってみないと分からない」と話した。

共同ソースのため
本田が帰国、新監督は「詳しく知らない」(サンスポ)
本田、新監督「詳しく知らない」 ロシアから帰国(デイリースポーツ)

が同じ記事。


香川も帰国「一緒にやってみないと分からない」(スポニチアネックス)
 サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップ2試合に臨む日本代表のMF香川真司(ドルトムント)が31日にドイツから帰国。日本代表の新監督就任が決定したアルベルト・ザッケローニ氏(57)について「一緒にやってみないと分からない」と話した。


香川帰国「新たな競争始まる」(日刊スポーツ)※写真有り
 今季ブンデスリーガのドルトムントに移籍したMF香川真司(21)が31日、日本代表合流のため帰国した。29日に行われたリーグ戦(シュツットガルト戦)ではゴールは無かったものの、2得点に絡む活躍で3-1の勝利に貢献。「ドイツではフィジカル、当たりの強さ、ピッチコンディションの悪い中でのプレーなど得るものはたくさんある」と成長への充実感を語った。2日から始まる合宿へ向け「(10年ブラジルW杯へ)新たな競争が始まる。ドイツでやっていることを代表でも出来るように、この2試合頑張ります」と、アピールを誓った。


新代表監督に本田「名前だけは」香川「びっくり」(読売新聞)
 サッカー日本代表の新監督に、アルベルト・ザッケローニ氏(57)の就任が決まって一夜明けた31日、成田空港には、9月の国際親善試合に招集された欧州組の代表選手が到着し、新監督への感想を述べた。
 ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で2得点したMF本田圭佑(CSKAモスクワ)は、新監督について「名前はもちろん知っているけど、世界中に詳しく知っている監督なんて、ほとんどいない。逆に、コメントできない」と話した。
 一方、今季からドイツ1部リーグのドルトムントに移籍したMF香川真司は「知らない人だし、イタリア人だったのは、すごくびっくりした」とした上で、「攻撃的な監督の下でやるのは、自分の持ち味でもあるので、すごく楽しみ」と、新監督の戦術に魅力を感じている様子だった。
 今回の代表招集では2戦の親善試合を行うが、ザッケローニ新監督はビザの取得が間に合わないため、スタンド観戦の予定。


【サッカー日本代表】本田、香川が帰国、ザッケローニ監督は「詳しく知らない」(MSN産経ニュース) 
 サッカー国際親善試合のパラグアイ戦(9月4日、日産ス)など2試合に臨む日本代表に選出されたMF本田圭佑(CSKAモスクワ)香川真司(ドルトムント)が31日、相次いで成田空港に帰国した。
 29日のリーグ戦を終えたばかりの本田は寒冷地のモスクワからの帰国とあって、グレーのコートにサングラス姿。「体調は悪くない。疲れはあるけど」と言葉少なで、代表の新監督に決まったイタリア人のザッケローニ氏についても「名前はもちろん知っているけど、詳しいことは分からない。世界中に詳しく知っている監督なんてほとんどいない」と述べるにとどめた。
 初の海外移籍となった香川は「日本の情報が耳に入っておらず、無心でサッカーができている。自分のプレーをいつも通り代表で出したい」と意欲十分。ザッケローニ氏については「全然知らない人」としつつも、「攻撃的な監督の下でやるのは楽しみ。そこが自分の持ち味」と期待感を示した。
 残る欧州組のGK川島永嗣(リールス)FW森本貴幸(カターニア)も31日に帰国する予定。パラグアイ代表も同日、来日した。
30日分はこれにてラストです。
31日ももう半分終わったというのに…はははは

◇Bild.de
Stuttgart - Dortmund 1:3 BVB vermöbelt VfB!

写真は3枚目にいるんだけどわかりにくい。左から9人目の腕おろしかけてるの。
簡単な試合結果?
相変わらず香川お買い得って言われる。

Der 2. Spieltag in der 1. Bundesliga
ブンデスリーガ第2節全試合結果と採点。
香川真司は2。
結構良い評価。


Goal.comでも採点来てます。
シュトゥットガルト 対 ボルシア・ドルトムント
香川真司Goal.com採点でも、ユーザー投票でもベストプレーヤーに!!!
10点満点中7点!すごっ。


こっからは個人的な感想です。
香川はチャンスメークはしてたけど、もっと自分で行けばいいのにっていう所があったと思った。
カウンターのシーンとか、自分でドリブルで行けるのに味方の戻りを待ってからパス選択してたり。
確かにMFとしてはよかった。けど、真司の得点力を知ってるからには期待してしまうよぅ。
ドルトムントに関しては、先行逃げ切りタイプなの?
ここ数試合のパターンとして、前半でがっつり点取って、後半は耐えるっていうのが多いような。
もったいないのはロングフィードの精度かな?
それがしっかりと繋がれば一気にカウンターとかも考えられるのに。

次節は長谷部との対決かぁ…wktk♪
◇Ruhr Nachrichten
Verdientes 3:1: Starke erste Hälfte reicht: BVB siegt in Stuttgart※写真有り

試合レポート。
香川が3点目に絡んだ話。
ゲッツェとの並びはいいね。

Statistik der 1. Bundesliga - 2. Spieltag
ブンデスリーガ第2節の試合結果一覧。

Stuttgarts Fehlstart perfekt: 1:3 gegen Dortmund
試合レポート。
香川とシャヒンはBVBの中盤で活躍していた。守備にも奔走していたから、バリオスは相手DFラインでフリーになることが出来た。

EM-Qualifikation und Länderspiele: Zwölf Dortmunder auf Reisen※写真有り
BVB選手が各国代表に呼ばれてる件。
香川とバリオスは日本で戦う。(記事では東京ってなってますが、正式には横浜です。)
で、真司はそのまま大阪でグアテマラ戦。

フォトギャラリーも。
Fußball-Bundesliga: VfB Stuttgart - BVB
2枚目 香川VSトレース
6枚目 ゲッツェと真司。真司が大きいんじゃないんです。ゲッツェが小さ…
11枚目 1点目の後。真司は右から2番目。
13枚目 試合後。こんなん初めて見た!!わかりにくいけど右から6人目。シュメルツァーとヒュンメルスの間。
14枚目 サポへの挨拶。左から8人目。


◇Kicker
Erster Sieg für Klopp in Stuttgart - Tascis Debüt wirkungslosGötze & Co. nehmen die Einladungen an

試合レポートと採点。
香川真司1.5!!マジッスか!?
そんなによかったっけ…?

ベストイレブンにも選出!!
1. Bundesliga - Elf des Tages
やったー♪
昨日の続きです。ひょえっ。

ブンデスリーガ公式
Dortmund take the points at Stuttgart※写真有り

シュツットガルト戦レポート。
写真は5枚目。ゲッツェゴール後。


◇Der Westen
Fußball-Bundesliga : Der BVB stürmt in Stuttgart zum ersten Dreier※写真有り

試合レポート。
3点目に絡んだことを書かれてます。

BVB-Einzelkritik : Sahins traumhafte Vorlage auf Götze
ゲッツェ、ヒュンメルス、シャヒン、香川がよかったと。
これ記事なの?

BVB vermiest Stuttgarter Saisonstart
シュツットガルト戦レポート。
多分上に載せたのと同じ。

Fußball-Bundesliga : Jugend forsch bringt dem BVB den ersten Dreier※写真有り
試合レポート?
スタメンに22歳以下の選手を起用したことについて。
香川とシャヒンがよかった。
ゲッツェも彼らとの連携が良かった。と。

BVB : BVB-Talent Götze konnte gar nicht richtig feiern
ゲッツェについての記事。
香川のクロスを相手DFがクリアミスして、それをゲッツェが決めたと。
ゲッツェ171cmなんだね。シンジより小さいんだね。

BVB-Fankolumne : Der BVB spielt sich ein※写真有り
香川真司の移籍について。
ドルトムントは育成目的で獲得した香川が即戦力となっている件。
日本の武器に驚かされただとか、最もいい補強だとか。
やっぱりお買い得だったみたい。

Fußball : Borussia Dortmund bietet den Gegenentwurf
香川とレワンドフスキーは21歳。
香川は早くもチームで自分の地位を確立した。
クロップは若い選手を起用するのが上手い。

フォトギャラリーも。
Bundesliga: Erster Dreier für den BVB
2枚目 トラップする香川氏
5枚目 シュメルツァーをみんなでハグ
8枚目 シャヒンとカカウの後ろに真司
9枚目 完全にぼけてるけど、左端にちょこっといるのは香川真司では無かろうか?
12枚目 171cmゲッツェと172cm香川。かわいらしい。
ドイツでの記事も-。

ドルトムント公式
Teams & Tore

スタメンと試合スタッヅ。

3:1 - BVB holt drei Big Points beim VfB Stuttgart←ドイ語
3-1: BVB pick up three big points at VfB Stuttgart←英語
試合レポート。
…あっち16℃なのね。涼し~。海外組が日本の暑さにやられないことを願うけど。

BVB in den Medien:"Absolut reife Leistung der Borussia"
マスコミによる試合批評。
ペーターミュラー氏:香川やシャヒンのような若い選手が活躍していて嬉しい。ゲッツェも彼らとプレー出来てとても嬉しそうだ。


◇Revier Sport
3:1 in Stuttgart Furioser BVB überrollt müde Schwaben

試合レポート。あんま真司についての記述はない。

Spielerbewertung Borussia Dortmund
Auswärtsspiel am 29. August 2010 gegen VfB Stuttgart (1:3)

試合採点。
RevierSportの採点では4+って低いんだけど(チーム内最低)、
投票結果は2.8。割と良いかな?でもチーム内ではまぁまぁって感じですかね?

フォトギャラリーも。
Stuttgart - BVB 1:3
8枚目 1点目の後。喜ぶシュメルツァーとグロスクロイツに駆け寄るシンジ。
11枚目 ドリブル突破。背が低い分相手より重心低いのか!
19枚目 ゴールパフォするバリオスの後ろに。
22枚目 試合後の挨拶。かぶっちゃってますが、右から4人目。
日本の記事はひとまずこれが最後。

香川も2点に絡み、ドルトムントが今季初勝利 シュトゥットガルトに3-1(Goal.com)
 ブンデスリーガは29日、第2節の残り2試合を行い、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、アウェーでシュトゥットガルトを3-0で退けた。
 試合は開始早々から、互いに守から攻への切り替え早く、積極的に前へ出る。そのゲームが動いたのは早くも開始5分のことだった。シュメルツァーがぽっかり空いた左サイドのスペースに走り込んでクロスを送ると、これが相手DFに当たってコースが変わり、そのままゴールへ吸い込まれた。
 香川もシンプルかつ積極的に相手ゴールを目指す姿勢を示す。27分には、縦に入ったボールに香川が飛び出し相手DFを引き付けると、このクリアボールがドルトムント左サイドのグロスクロイツへ渡る。すぐさま入れられたクロスは、バリオスがヘディングでゴールへと流し込んで追加点となった。
 さらに38分、左に開いた香川が素早くクロスを入れると、相手クリアが半端になり、ファーに流れたところをゲッツェが押し込み3点差とした。
 後半頭からシュトゥットガルトは2人を代えて心機一転を図るが、一気に変えたいギアは簡単に変化しない。流れは少しもたついたが、それでも69分、早い展開から右に開いたクズマノビッチが思い切って早めのクロスを入れると、ファーに走り込んだカカウが頭で突き刺し1点を返す。
 ドルトムントはその後も時折迫力ある相手の攻めにさらされる場面もあったが、これ以上の得点は許さずタイムアップ。香川も最後まで前へボールと自身を動かす姿勢を保ち続け、チームに勢いを呼ぶことに貢献した。
 ドルトムントは、これで今季初勝利を飾った。もう1試合はボルシアMGがレバークーゼンを6-3で下している。


ドルトムントが今季初勝利(AFP BBNews)
【8月30日 AFP】10-11ドイツ・ブンデスリーガ1部は29日、第2節の2試合が行われ、ボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)は敵地でVfBシュツットガルト(VfB Stuttgart)に3-1で勝利し、今季初勝利を挙げた。
 ドルトムントは前半5分にマルセル・シュメルツァー(Marcel Schmelzer)のクロスがオウンゴールを誘って先制すると、26分にルーカス・バリオス(Lucas Barrios)、37分にマリオ・ゲッツェ(Mario Gotze)が得点した。
 シュツットガルトは後半24分にカカウ(Cacau)の得点で1点を返したが、開幕2連敗となった。
 ボルシア・メンヘングラッドバッハ(Borussia Moenchengladbach)はバイヤー・レバークーゼン(Bayer Leverkusen)を6-3で下した。


ちょいと離れてこんなんもありました。
C大阪今季初4連勝!勢いホンマもん!(デイリースポーツ)
 「J1、C大阪2‐0大宮」(28日、金鳥スタ)
 C大阪は前半23分、MF清武弘嗣(20)のゴールで先制すると、後半33分にはFWアドリアーノ(28)がダメ押し弾を放ち、大宮に2‐0で快勝。今季初の4連勝で、2位をキープした。
  ◇  ◇
 この強さは本物だ。開幕戦で0‐3と敗れた大宮に、C大阪が勢いの違いを見せつける2‐0の完勝劇。今季初の4連勝で2位をキープし、夏休みラストゲームで桜色に染まったスタジアムは歓喜に酔いしれた。
 27日に7カ月ぶりの日本代表復帰が決まったMF乾が「何もできなかった。情けない」と振り返ったほど、本来の力を出し切れない苦しい展開。それでも、今のC大阪には1人の不調をものともしない強さがあった。
 前半23分、左サイドをオーバーラップしたDF上本のクロスをFWアドリアーノが頭で折り返すと、待ちかまえていたのは清武。「絶対にくると思っていた。あとは思いっきり蹴るだけだった」。ロンドン五輪出場を狙う20歳のダイレクトボレーが試合を決めた。
 乾、清武、家長と14年ブラジルW杯を狙えるタレントが攻撃陣にそろう。今回は乾だけが選ばれたが、清武が「自分も代表に入りたい気持ちが強くなっている」と話せば、家長も「同じ(攻撃的な)ポジションだし、刺激になる」と目をギラつかせた。6月にドイツ1部・ドルトムントに移籍したMF香川を加え、同世代4人の切磋琢磨(せっさたくま)が快進撃を支えている。
 上位陣の取りこぼしが目立った8月を無敗で駆け抜けた地力は、もはや本物。「今は本当に全員、それぞれの仕事ができている」と清武。史上初となるJ1復帰即Vへ、この勢いを真夏の珍事では終わらせない。


この4人が一緒にプレーするところ見たかったなぁ…。
魅惑の0トップ4シャドー?
超個人的な話ですが、足やけどして暫くフットサル出来そうになくなりました。
あああ…
一昨日は代表香川さんユニ効果で爆発出来たのですが、我慢です。
サッカー見たりブログ更新したりサッカー見たりブログ更新したり…して過ごします。

記事続きー。
日本では明日も来そうな予感。

香川が2試合連続フル出場 チーム3点目の起点に(ISM)
 ドイツ・ブンデスリーガは現地時間29日(以下現地時間)に第2節の試合が行なわれ、香川真司が所属するドルトムントはアウェイでシュトゥットガルトと対戦し、3対1で勝利した。
 開幕戦に続いて先発フル出場した香川が、チーム3点目の起点となるゴールを演出した。2点リードで迎えた38分、香川がゴール前に浮き球のパスを送ると、これが相手ディフェンス陣の連携ミスを誘って得点に繋がった。香川にゴールはなかったが、チームの今季初勝利に大きく貢献した。
 ドルトムントの次節は9月11日、ホームで長谷部誠が所属するヴォルフスブルクと対戦する。


香川、浮き球パスでダメ押し弾演出! ドルトムントが今季初白星/ブンデス(ISM)
 ドイツ・ブンデスリーガは現地時間29日、第2節の残り2試合が行なわれ、香川真司が所属するドルトムントはアウェイでシュトゥットガルトと対戦し、3対1で勝利した。先発出場した香川は、チームの3点目を演出する活躍を見せている。ロイター通信が報じた。
 開幕戦で黒星を喫したドルトムントは敵地に乗り込んでの一戦。相手のオウンゴールとバリオスの得点で2点のリードを奪うと、38分には2試合連続で先発した香川が絶妙の浮き球パス。これをディフェンダーがクリアし損ない、最後はゲッツェが決めて3対0とする。このあと、ドルトムントは69分にカカウに1点を返されるも、3対1でシュトゥットガルトに勝利し今シーズン初白星を飾った。なお、香川はフル出場を果たしている。
 この日行なわれたもう1試合では、レヴァークーゼンがボルシアMGにまさかの大敗を喫した。レヴァークーゼンは24分、デルディヨクのゴールで1対1の同点とするも、40分、44分と立て続けに失点し、前半で2点のビハインドを負う苦しい展開に。後半にはさらに3点を献上し、最終的に3対6と屈辱的な大敗を喫した。


香川フル出場、今季初勝利貢献/ブンデス(日刊スポーツ)
<ブンデスリーガ:ドルトムント3-1シュツットガルト>◇29日◇シュツットガルト
 C大阪からドルトムントへ移籍したMF香川真司(21)が開幕戦に続き先発フル出場。チームの今季初勝利に貢献した。
 ドルトムントは前半5分、オウンゴールで先制。同26分にバリオス、同37分にゲッツェが決めた。1勝1敗で勝ち点3。


香川、初勝利に貢献=本田フル出場-欧州サッカー(時事通信)
 【ロンドン時事】サッカーのドイツ1部リーグで、MF香川真司が所属するドルトムントは29日、アウェーでシュツットガルトに3-1で快勝し、今季初勝利を挙げた。開幕戦に続いてトップ下でフル出場した香川は積極的に攻撃に絡み、2-0の前半37分には、巧みな浮き球のクロスで3点目の起点になった。
 ロシア・プレミアリーグではMF本田圭佑のCSKAモスクワがホームでアラニヤを2-1で下した。本田はフル出場し、得点は奪えなかった。
 イタリア1部リーグ(セリエA)、カターニアのFW森本貴幸は、敵地でのキエボ戦に1-2の後半41分から途中出場した。チームはそのまま敗れ、今季初戦を落とした。ベルギー1部リーグ、リールスのGK川島永嗣はアウェーでのゲンク戦にフル出場したが、チームは1-4で完敗し、開幕5連敗。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。