上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KIRIN CHALLENGE CUP 2010 アルゼンチン戦&韓国戦のメンバーが発表されました。

もももももちろんわれらが
香川真司日本代表選出

ザックわかってるじゃないですか。
ただ真司も夢生も松井もFW登録なのはいかがなものかと。

そいから好調セレッソから誰も選ばれなかったのはちょっとね。
1人くらいはいるかと思ってたのに。
大阪ダービーから結局遠藤ONLYっていうね。はははん。


以下メンバーです。

GK
川島永嗣 リールセ(BER)
西川周作 広島
権田修一 FC東京

DF
田中マルクス闘莉王 名古屋
駒野友一 磐田
栗原勇蔵 マリノス
伊野波雅彦 鹿島
槙野智章 広島
長友佑都 チェゼーナ(ITA)
内田篤人 シャルケ(GER)

MF
遠藤保仁 ガンバ
中村憲剛 川崎
阿部勇樹 レスター(ENG)
今野泰幸 FC東京
長谷部誠 ヴォルフスブルク(GER)
本田拓也 清水
細貝萌 浦和

FW
松井大輔 トムトムスク(ROS)
前田遼一 磐田
関口訓充 仙台
本田圭佑 CSKAモスクワ(ROS)
岡崎慎司 清水
森本貴幸 カターニャ(ITA)
金崎夢生 名古屋
香川真司 ドルトムント(GER)
スポンサーサイト
以前頑張って文章化したすぽると香川真司特集の動画見つけちゃいました。

いつ消されるかわかんないのですが、どぞ。

ユルゲン・クロップ監督
「香川は大変強いし、とてもいい選手だ。サッカー選手にとって大事な物を一通り持っている。速いし、技術もあってゴール前で何をするのかわかっている。ドイツ語の勉強にも励んでいて、良い通訳も付いているし、今のところは満足している。我々は彼と楽しんでいるし、きっと彼も快適に思ってくれていると思う。チーム内では年齢も関係ないので、マンチェスターシティ戦でのプレーに期待している。」

ドルトムントのホームスタジアム シグナル・イドゥナ・パルク
キックオフは夜8時30分
今シーズン初めて、ドルトムントのホームスタジアムで行われる試合であるだけあって、サポーターの注目度は高い。
しかも相手は、各国の代表クラスがほとんどのマンチェスターシティとあって、緊張感に包まれる。

(試合前のアップ)
初めてホームスタジアムのピッチに立つ香川真司。
彼は、口にはしないが本当は寂しがり屋である。
しかし、サッカーをすれば1人ではない。
試合では、チームメイトやサポーターが香川の支えとなり、力となる。

この試合、香川は2列目の真ん中に入った。
チャンスメイクと言うより、得点を期待されるポジション。
しかし、試合前に降り出した激しい雨。
この雨が何かを予感させる。


Part13に続く。…今日はこの辺で。明日以降にします。あと残り3分の1もある…
8月4日 開幕をおよそ2週間前に控え、レギュラー獲得に向けて大きな試合が待ち受ける。
プレミアリーグの強豪マンチェスターシティとのプレシーズンマッチ。

開幕レギュラー獲得に向けて大事な一戦を前に、セレッソ大阪時代の大先輩が香川の元を訪れた。
元日本代表 セレッソ大阪アンバサダー 森島寛晃
「チームにコミュニケーションをとって馴染んでいっているのかなというのも気になりますし。」
「ずんずんずんずん行ったところで、すいませんそっから入れませんとか言われないですよね?笑」

(練習場に香川が現れ、森島を発見。驚きつつも笑顔を見せる香川。)
香川「森島さん!?」
モリシ「グーテンモーゲン!」
(握手をしながら)
香川「いや、来るの聞いてましたけど。」
モリシ「何で知ってんの!?」
香川「いやぁ…ちらっちらっと。」
モリシ「シンジ頑張ってよぉ。 コンディション良い?」
香川「まぁまぁっすね。プレシーズンなんで。」

ドイツに来て初めて見る無邪気な笑顔。
香川「びっくりしたぁ~…来るとは聞いてたけどびっくりした」
モリシ「じゃあ頑張って。」
香川「ありがとうございます。」

森島が見つめる中、練習が始まった。
モリシ「戦いか…」
今日はアピールの場でもありますもんね?
「そうですね。選手達みんながもう、リーグも始まるんで。」
(香川はボールを使った練習)
「身長は全体的にやっぱり高いですね。まぁただね、おっきいですけど、存在感出したらね。どこに行っても全然大丈夫ですよ。あのキレをきゅっきゅっきゅと出していけば。」
「間合いが一番苦しむんじゃないですか?後はコミュニケーションとね。……万能型ですからね。香川選手は。」
「日本であれだけ活躍した香川真司というのが、ドイツのこの舞台でどういった活躍をしてくれるのかと思うと楽しみですね。」

先発組:オレンジのビブス
試合直前のセットプレーの練習では、先発メンバーを示すビブス組に入った。

モリシ「ちょっと今日出そうじゃない!嬉しい…」
香川「はい…照…へへへへ。笑」
モリシ「ちょっとー楽しみじゃない。」
香川「いやぁ…そうっすね。」

香川「多分4-2-3-1の真ん中っすね。最近真ん中ばっかなんすよ。」
モリシ「いいじゃん、自由に出来るんだし。」
香川「まぁそうっすけど、結構ポジション固定っぽいんですよね。そんな流動的に動かない。サイド結構張るとかも、4-2-3-1の。もう、セレッソと真逆っすね。あんまりこういうポジションチェンジがない」

モリシ「今日本語ちょっと喋れてほっとしてる感じじゃないの?」
香川「いや、初めて顔見知りの人が来たから。」
モリシ「顔見知りって…笑」
香川「顔見知りって言うかその…知り合いの人が来てくれたんで…」
モリシ「じゃあ試合会場で。頑張って。」
香川「ありがとうございます。」
モリシ「集中集中!」


Part12につづく。
(オランダ戦? 背番号14)
その後、香川の描いた夢は現実となった。
飛び級で各年代の代表に選ばれ、初の平成生まれの選手として、A代表も経験。
2008年 平成生まれで初のA代表選出
      国際Aマッチ13試合 2得点
      北京五輪出場

しかし…
(カフェっぽいところで)
「やっぱり、北京に出て世界を知って、W杯最終予選に出て世界を知って、自分の今やっているこのままのプレーじゃ、世界では通用出来ないなっていうのは凄く感じたし。今回ドルトムントに来るきっかけにもなったし。またこっちに来てすぐに色んな事にぶち当たると思いますけど、それを乗り越えたらまた更にいい選手になれると思う。そういう意味でこれからも色んな壁を越えていきたい。」
Q結構順調に来てますよね?
「だからそういう意味では今回オファーがあってドルトムントに来て、まぁそのままの調子でいけばここに来て争っていくことで、更に自分の世界が開けると思いますし。いつかでも、全てが上手く行かなくなることもあるだろうし。そういう意味でも、ここが勝負時です。」

(ドルトムントの練習風景。ミーティングや連携からのシュート練習)
今あるのは、コミュニケーションとポジション争いという壁。
それを乗り越えるには何が必要か、香川は知っている。
それは、ゴールという結果だ。
セレッソ大阪時代も、ゴールを奪い、不動のレギュラーを掴んできた。
ゴールという結果で、未来を切り開いてきた香川はその重要性を知っている。

(シグナル・イドゥナ・パルク横のベンチで)
Qドイツに来て一番つらいことは?
「まぁ最初はやっぱり言葉だったり、色んなメンタル的にもそうだし、色んな事に神経質になってたり。そういうところはやっぱり、きつかったというか、時間一つにしてもドイツ語がわからなかったりしたので。そういう意味では色んな事に気使って、今どういう時間なのかな?とか、それは自分で考えるしかなかったので。そういう所には気を使いましたけど。」

(練習終了後、片付けをする香川)
この壁の向こうに明るい未来が待っていると、そう信じて運命の一戦に挑む…。



Part11に続く。
お待たせしました。
『GAORA ブンデスリーガ直前スペシャル ドルトムント香川真司 世界への挑戦』の続きです。
初めから読みたいという方は、こちら(Part1)から順々に読むことをオススメします。

Part8の続きです。


(ドルトムントの練習風景)
香川も口にした、コミュニケーションに欠かせないのが言葉。
練習中は、監督の指示を通訳が伝える。
通訳「ボールを見てないで、スペースをよく見てパスを出すようにしよう。」

しかし、こんな場面も。
3タッチでボールを回す練習
1タッチでボールを返してしまった香川。
クロップ「山守さん、ちゃんと伝えてくれ」

(ドルトムントの練習場の横で1人座っている香川)
練習終了後、ドイツ語の勉強をする香川。
決して勉強は好きな方ではないが、サッカーのためなら全てを捧げてきた。

(ドルトムントグッズのメモには… 
7/12 今日のドイツ語 <あいさつ編>
・Guten Morgen! おはよう!
・bis Morgen! また明日!
・bis Spater! また後で!
・Tschuss! バイバイ!
・Alles klar? どうだ?
・Alles klar! おうよ!
※ウムラウトやエステットなどドイツ語独特の文字は打てませんでした…)

たった1人の挑戦は今に始まったことではない。

1989年(平成元年)3月17日 兵庫県生まれ
(赤ちゃんの頃の写真。1歳ぐらいじゃなかろうか?)
1989年 四人家族の長男として生まれた香川真司。
(小学生・神戸マリノ時代の写真。背番号は4)
サッカーに出会った2歳から、まさにサッカー漬けだった。
アニメではなく、海外サッカーを見るほどのサッカーオタク。
(卒業の時?の写真。ブレザーの制服っぽいのに赤いネクタイ。中1にしては大人っぽい。)
小学校卒業後、よりレベルの高いところを求めて自ら、宮城県仙台へ。
FCみやぎバルセロナ入団
家族と離れて、サッカーだけに打ち込んだ。
(みやぎバルセロナでの香川真司C大阪入団決定祝賀会の写真。香川はセレッソのユニフォームで。“SHINJI 14”のみやぎ時代のユニフォームを持つメンバーも。)

FCみやぎバルセロナ 日下晃代表
「一番印象深かったのは、やはり小学校の頃に夢はと聞いたときに、彼は覚えているかどうかわからないが、しっかりとした将来までのビジョンを持っていたこと。事細かに、何年には何をして、何年には何々という風に。多分世界までを視野に入れながら。そういうことを言っていたのを、非常によく覚えています。」


Part10に続く。
そういえば月曜日にすぽるとマンデーフットボール見のがしました。
あああ悲し。
やべっちとスパサカはとってあったので、見たら又書きます。


じゃ記事でも。
っていっても今日は少ないね。

◇スポニチアネックス
小倉会長 W杯招致へチャールトンの協力獲得!

 欧州でW杯招致活動を行っていた日本サッカー協会の小倉純二会長(72)が28日、帰国した。滞在中には元イングランド代表のボビー・チャールトン氏と会ったことを明かし「“22年大会は日本に”とあちこちに電話してあげると言われた」とご機嫌だった。
 10月8日のアルゼンチン戦についても「香川が帰ってきたら、ぜひメッシとやらせたい」とブンデスリーガで6試合4得点と大活躍しているMF香川(ドルトムント)とアルゼンチン代表FWメッシ(バルセロナ)の対決に期待感を示していた。

↑香川VSメッシ…激熱。


代表スタッフ会議 3時間入念に情報交換
 日本代表のスタッフ会議が28日、東京・本郷のJFAハウスで行われた。ザッケローニ監督らコーチングスタッフは取材対応しなかったが、関係者によると、会議は約3時間に及び、これまでにスタッフが手分けして行ってきたJリーグ視察での選手の情報を交換、今後の視察スケジュールの確認も行ったという。
 また、日本協会の原博実強化担当技術委員長によると、MF香川(ドルトムント)やMF長谷部(ボルフスブルク)ら海外組の試合もすでにチェック済みという。
 30日にはザッケローニ監督の初陣となる10月の親善試合2試合の日本代表メンバーが発表される。スタッフ会議は29日、さらにはメンバー発表当日の30日にも行う予定という。


↑代表呼ばれそうッスね♪うはー明日だー。
写真記事をまとめます。
早くも明日にはELセビージャ戦だってのに。遅くてすいません。

◇Ruhr Nachrichten
Fußball-Bundesliga: FC St. Pauli - BVB

ザンクトパウリ戦
3枚目 1点目の後。グロスクロイツを祝福。
4枚目 試合後の盛り上がり。中央付近の黒ジャージが香川真司。
5枚目 サポーターへの挨拶。左から8人目。明らかに小さいの。
13枚目 どんなシーンかはよくわからないのですが…ワイルドだ。
14枚目 顔についてはノーコメントで。

BVB-Einzelkritik gegen St. Pauli
ザンクトパウリ戦採点
9枚目 香川真司 1点目のアシストをし、2点目をあげた。採点:2.0

BVB-Training am 28. September
28日のトレーニングの様子。
2枚目 ぶれっぶれだけど一番奥。グロスクロイツ・ゲッツェ・香川
3枚目 一番後ろ。
4枚目 左から5人目。

◇Der Westen
Fußball : BVB in der Erfolgsspur

6枚目 香川真司のトラップ
24枚目 香川得点時?グロスクロイツと喜ぶー
26枚目 香川さん得点シーン。ドルトムントの左端。
27枚目 これ上で載せたやつの引いたバージョンかな?
34枚目 香川さんのシュート。
38枚目 笑顔だ♪
39枚目 香川真司ゴール
42枚目 多分前半のゲッツェからのパスを外したシーン。悔しがる。
45枚目 34枚目と同じか?
47枚目 26枚目と同じか?
53枚目 サポーターへの挨拶。31(ゲッツェ)と22(ベンダー)の間。

◇Revier Sport
BVB: 3:1 gegen St. Pauli

1枚目 香川真司得点後。人差し指あげるのはくせなのかな?
4枚目 グロスクロイツを祝福する。
8枚目 試合終了後。ヴァイデンフェラーの後ろにいる黒いジャージ。こうしてみると親子のようだなぁ。
11枚目 グロスクロイツを祝う。一番手前。
14枚目 度々出てくるな。この写真
16枚目 試合開始。円陣。GKの右の右。

◇サンスポ
ドルトムント・香川がアシスト&勝ち越し弾

1枚目 ゴールシーン。シャヒンのが喜んでる。
2枚目 ドリブルで仕掛ける。

◇日刊スポーツ
<ドルトムント・ザンクトパウリ>後半5分、決勝点を決めて喜ぶドルトムント・香川
ドルトムントMF香川の特集を組んだドイツのキッカー誌


◇日刊スポーツ
香川強烈!V弾&1アシスト
香川V弾また決めた!6戦4発


こんなもんかな。
◇Ruhr Nachrichten
Borussia Dortmund: Shinji Kagawa wird heimisch

21歳の日本代表は笑顔で言った。「昨日はよく眠れた。」これまでホテル暮らしをしていた彼は、ようやく街の中心に家を見つけた。
ザンクトパウリ戦には、神戸から引っ越しの手伝いをしにきてくれた23歳の姉と母を招待した。
神戸は15年前に大地震に見舞われた。彼の実家は何ともなかったが、真司はその時のことを覚えている。「父はクローゼットを倒れないように支えていた。」日本は地震の多い国だから、それからは家具はボルトで壁に留めるようにしている。
念願の住居も決まったので、彼はすぐにでもサッカー用語以外のドイツ語の勉強がしたい。プライベートでのドイツ語の先生にはピッチ外での言葉を教えて貰いたい。
「ドイツ語の先生は金髪の女性がいい?」と聞くと、真司は少し顔を赤らめて、「いいえ。いつもそう書かれるけどそうじゃない。ドイツには金髪の女性がいっぱいいるって言っただけ。」と笑って恥ずかしがりながら水を飲んだ。
シュメルツァーのドイツ語は一番わかりやすい。「頑張ってゆっくり喋ってくれる。」真司はグロスクロイツとも仲が良い。ピッチ外でも彼の言う事がわかったらもっといい。「英語は喋れる?」と聞くと、「ケビン(グロスクロイツ)と同じくらいしか喋れない。」と笑った。
真司はドルトムントをよくぶらぶらする。緑に囲まれた街の中心をよく散策する。
彼はウェストファーレン公園へ歩いて行くのがお気に入りだ。そこでは芝生の上でたくさんのうさぎが跳ね回っている。「うさぎを追いかけると、自分も疲れちゃう。」←!?何してんねん。
シャルケ戦の後はサポーターからの歓迎を受けたし、カイザースラウテルン戦では、「ありがとう香川真司」というゲーフラも見かけた。
BVBサポーターの誰が香川真司の名前を忘れることが出来るだろうか。
スタジアムDJはセビージャ戦でも香川が少なくとも1点はとってくれるだろうと期待している。「カガワー!?シンジー!!!」

Siebter Saison-Auswärtssieg: 3:1 – BVB stürmt auch das Millerntor
ザンクトパウリ戦試合レポート。
相当詳しいです。さすが。

BVB gnadenlos: 3:1 beim FC St. Pauli
ザンクトパウリ戦試合結果

Gnadenlose Dortmunder - 3:1 beim FC St. Pauli
ザンクトパウリ戦試合レポ。
こっちも割と詳しい。ってか上のヤツとの違いがあんまりわからん。

Jürgen Klopp-Interview: "Ein riesiger Entwicklungssprung"
クロップへのインタビューの中で…
「香川やゲッツェがボールを持ったとき、相手DFは楽しくないだろう。」って。えへへ♪

Mainz siegt auch in München - Bremen siegt
マインツとドルトムントが強いぞって話。
ドルトムントの結果の所で、香川さんゴールのことも。

Dortmunds Supertalent: Götze funkelt wie ein Edelstein
ゲッツェに関する記事。
香川とゲッツェとバリオスの3人で点が取れるーって。

Meisterhaftes BVB-Trio: Kagawa, Barrios und Großkreutz mischen die Liga auf
香川とバリオスとグロスクロイツについての記事。
香川真司は、350000€で大阪からやってきたが、早くも4ゴール目を上げ、ザンクトパウリ戦の勝利に貢献した。日本でも彼のことがスポーツ紙を賑わせている。これにはロシツキーも嫉妬しているだろう。

Bodenständige BVB-Bubis - Watzke mahnt dennoch
ザンクトパウリ戦の話。…よくわからん

Mannschaft der Träume: BVB festigt Rang zwei - Rauball kandidiert erneut
ザンクトパウリ戦の話。まあ採点のことは後々。

TV-Team besucht Sportredaktion: Auch Japaner platzen vor Stolz auf ihren BVB-Helden Kagawa
香川真司はもはやピッチ上だけでのヒーローではない。日本では香川のことを毎日メディアが取り上げるし、ドルトムントのスポーツ紙のデスクは香川のことだらけだ。ってさー。
で、日本人ジャーナリストが香川の人気の秘訣について話してる動画もあるんですが…別にここで取り上げることもないかと。

Hort der Glückseligkeit: Junges BVB-Dreigestirn beherrscht die Liga
香川とベンダーとシャヒンの話。
激安で獲得した香川は平均採点が2.25でブンデスリーガトップ。ブンデスのスターだってさ。
ザンクトパウリ戦の動画もいっぱいあがってますね。@Youtube。
ちなみに香川さんまた髪切ってるよね?前髪が。


香川真司プレー集



香川真司1G1A


1点目のアシスト



香川真司ゴール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。