上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先ほども書いたけれどもこの日はケルンのカーニバル。
てことで着ぐるみやらコスプレのまま会場に現れる人が多いったら…ドイツ人のハートの強さ凄いね。

スタメン発表。長谷部はしっかりとスタメンです!
がしかし、レバークーゼンはバラックがスタメンにも控えにも名前がない!!
後々帰国してから知ったのですがどうやら監督との間に確執があったとかなんとか……
タイミング悪いわぁ。。。仕方ないからベンダー(兄)に期待。

試合開始直前にはいつもTVで流れていたブンデスリーガのOP映像が流れる。
あれはドイツで流れていた映像をそのまま流しているんですね!!!
ちょっとテンション上がる。

選手入場。(写真解りにくくて本当にすいません)
DSC02431_convert_20110327030241.jpg
もはや何が撮りたかったのかわからないですね。反省
DSC02432_convert_20110327030312.jpg

DSC02433_convert_20110327030345.jpg
↓ちなみに奥に見えるのがホームゴール裏。角っこの所。
DSC01523_convert_20110331210916.jpg
いよいよ始まります!!!
スポンサーサイト
ベイアレーナは前日のシグナル・イドゥナ・パルクと比較するとやっぱり小さい。
ってまぁあっちが大きすぎるんだけど。
日産よりも小さいくらいのイメージ。味スタぐらいかな?そんなかんじ。
試合前に電光掲示板では他会場の結果を流していて、バイエルンが負けたことで盛り上がるレバークーゼン。

そうこうしているうちに選手がアップを始めました。
フェンスが近すぎてフェンスにピントが合っている写真が多数あります。申し訳ない…
DSC02425_convert_20110327025539.jpg

DSC02426_convert_20110327025915.jpg
↓この写真酷いッスね。
DSC02427_convert_20110327030038.jpg
↓我らが日本代表のキャプテン長谷部もしっかりいました!!!
こうやって外国人選手に囲まれているのを見ると小さい。縦にも横にも。
もっとがっしりしているイメージなのは日本代表の中だからなんですね。
DSC02428_convert_20110327030110.jpg
↓盛り上がるヴォルフスブルクサポーター
DSC02429_convert_20110327030157.jpg
アップ終了後にヴォルフスブルクの選手は上に着ていた白いTシャツをサポ席に投げ入れます。
羨ましい……
そして向かったのがこちら
Leverkusen!! レバークーゼン!!
DSC02420_convert_20110327025345.jpg
ケルンから電車で1時間半くらい。
だいぶ田舎の何にもないところでした。
この日もチケットに電車代が含まれていると言う事で、交通費ゼロ。

あ、レバークーゼンの試合のチケットも日本からレバークーゼンのHPで取ろうと試みたのですが、
アカウントを取得する際に住所の欄に"Japan"がなくて……
困った末にドイツに住む方に頼みこんで取って貰いました。
ありがとうございました。
レバークーゼンはドルトムントと比べて良心的な価格。
ゴール裏は学割もあって€16。素晴らしい。
(これと比較するとドルトムントがいかに高かったか…)
発売から1ヶ月近く経ってから購入したのですが、全然余裕があって。
サポーターの熱の違いというか、ね。

駅から歩いて10分くらいで、レバークーゼンのホームスタジアム、ベイ・アレーナへ。
道に迷いかけたけどもユニフォーム姿の人に付いていったらあっさり到着。(しかも早すぎて開いてなかった…orz)
DSC02421_convert_20110327025434.jpg
↓入口には歴代の有名選手のポスターが。もちろんバラックもいらっしゃいました。
DSC02423_convert_20110327025616.jpg
↓ヴォルフスブルク関係車両も発見。
DSC02422_convert_20110327025505.jpg
しかしながらヴォルフスブルクの屋台は出店しておらず、ここでヴォルフスブルクグッズは購入できませんでした。
日本の感覚とは違うのね。

開場を待っていると、後ろをヴォルフスブルクの選手バスが!!!
あああああ長谷部ぇええええとか叫ぶも聞こえる訳もなく。あっさりスルー。←当たり前です
DSC02424_convert_20110327025656.jpg

開場とほぼ同時にスタジアムに入る。
チケットだけの確認で学割なのに学生証(念のため国際学生証を取得していきました)すら確認されなかった。
ただやっぱりセキュリティは厳しめでしっかり身体検査も。

ここでもスタジアム内はチャージ式のカードを購入して買い物をする形式。
ビールだけでなくホットワインも売っていました。
あとはソーセージにカレーが掛かってるやつを食べました。が、カレーが甘い。甘いというか…微妙。辛さはない。€3.5ぐらいだったかな
レバークーゼンはマッチデープログラムも無料配布(というか置いてあって勝手に持ってけ状態)。
なんて良心的なんだ…。もちろん貰っていく。←こちらもお土産云々で再び紹介します。
がしかしスタジアム内にはレバークーゼンのショップも何もなく(試合後アウェー側に入ったらありました。)、
一旦出ることも出来ないと言われ…正直つまらん…。
あ、トイレはドルトムントより綺麗だったな。うん。
あっという間にその20やん…あらま

3月5日 この日はケルンに行き観光→レバークーゼンVSヴォルフスブルク観戦って言う予定
2日間お世話になったお宅を泣く泣く出発。
ドルトムント中央駅からRE(日本で言う急行)で2時間くらい。
ケルン駅到着。
いや何よりこの日はケルンのカーニバル真っ最中でとにかく混んでた。
カーニバルっていっても着ぐるみやらコスプレやらでお酒片手に練り歩くっていうものなんだけども。
町中には人があふれすぎでした。
その写真もupしようかとも思ったのだけども香川さん無関係なので省略します。
因みにケルンにはちゃんと衣装屋さんがありました。各種コスプレの衣裳から小物から何でも揃うっていうね。

我々が行きたかったのはケルン大聖堂。
普段は中に入れるのですが、この日はカーニバルのため開放しておらず…
外から眺めて終了でした。まぁ満足。

↓これは対岸側からの眺め。なんかの雑誌で槙野がこっからの写真を撮ってましたね。
この橋沿いには大量の南京錠。恋人達が愛を誓い合うらしいです。
DSC02417_convert_20110327025215.jpg

DSC02416_convert_20110327025143.jpg

DSC02419_convert_20110327025248.jpg

で、ここで見知らぬドイツ人(大抵のドイツ人は見知らぬ人ですね)に声をかけられる。
どうやらNARUTOが好きなようで、そのことを伝えたかったらしい。
(言わずもがな英会話です)
で、話の流れで香川が好きだと話すと、
「香川は確かにいい選手だ。だけども俺らはケルンだからな。ケルンに来た日本人(槙野のことです)はどうなの?」
と聞かれ、思わず「うーん…」と言ってしまった。
(そりゃ香川を期待されての槙野は違うよなぁと思って…)
他にもどっから来たの?だとかドイツにいる間どこにいるの?とか色々話しました。
日本人が英語を話せることが意外だったみたい。
あとはONE-PIECEも好きなようで、後輩は「チョッパーが好き」って言う日本語を頑張って教えてあげていました。笑
ドイツでも記事出てました。

◇Revier Sport
Neue Talente für Klopp Wer wird Kagawa 2.0?

新シーズンに向けてのドルトムントの補強の話。
クロップは香川2世を見つけられるのか!?
って見出し。
何人か選手が挙げられている中になにげにクローゼもちゃっかり。笑

って記事これだけだった……orz
香川の話ですらないし。何か切ない。

... 続きを読む
↓インタビューを受ける監督ら。
目の前で全てが起こっていたということを改めて気付かされる。
DSC02402_convert_20110327024630.jpg
↓試合後の興奮冷めやらぬスタジアム
DSC02400_convert_20110327024451.jpg
↓メインスタンドは早くもがらがら。その辺は日本と同じ笑
DSC02403_convert_20110327024733.jpg
↓がしかしゴール裏はいつまでも人人人。
DSC02401_convert_20110327024702.jpg

この後外に出るまでに一苦労。
チャージしていたカードを返却したりして(地元の人はビールの入っていたカップまで返していた。どれだけ持ってんねん!)、
さらにケルンのショップも覗いてみたりして。
そこからは地下鉄の駅まで歩いて向かいました。
まぁその道道もKAGAWAって言われたり、香川のチャントを歌われたり。←自分も一緒に歌いました。
KAGAWA23のユニフォームを着ている人も結構いました。バリオスと同じくらい見かけたな。
改めて香川さんがドルトムントのサポーターに愛されていることを実感。
本当にいいチームに移籍したなとしみじみ。

やはりドルトムントで日本人を見かけるととにかくKAGAWAって言われるようです。この日も散々言われたとか。
ドルトムント周辺に住む日本人の多くが今回の香川の活躍によりにわかサッカーファンになったようです。
さらにお世話になった方が、切り抜きやら雑誌やらを沢山取っておいて下さいました。ありがたやー。
それから他の選手のカップもいくつかいただきました。
その辺はまたおみやげシリーズとしてラストで紹介したいと思います。
この場でもう一度お礼を言わせて下さい。ありがとうございました。
選手がやってきました。
先頭はグロスクロイツだろうな。
DSC02395_convert_20110327024010.jpg
ぶれててすいません。出直してきます。←
ちなみにでっかい黄色い物体はチームマスコットのエマってやつです。
蜂らしいです。…いやいやいや
DSC02396_convert_20110327024043.jpg

DSC02397_convert_20110327024122.jpg
↓バリオスはユニ交換でもしたのかな?赤いユニを持ってますよね。
DSC02398_convert_20110327024232.jpg

DSC02399_convert_20110327024303.jpg
…そして行ってしまった……
ドルトムントVSケルンの熱い一戦…
えー…試合中は試合に夢中すぎて1枚しか写真撮ってないです。
雰囲気だけでも伝わればっ。。。
↓ドルトムント攻撃中。
DSC02388_convert_20110327023616.jpg

でまぁ一気に飛んで試合後です。
いつもTV越しに見ていた光景が目の前で(むっちゃ遠いけども)繰り広げられることに感動…
DSC02389_convert_20110327023647.jpg
↓座ってサポーターのチャントを聞くメンバー達。
DSC02390_convert_20110327023721.jpg
↓肩を組んでジャンプ。
DSC02392_convert_20110327023838.jpg

DSC02393_convert_20110327023909.jpg

DSC02394_convert_20110327023940.jpg
こっから場内1周です。万歳三唱は気がついたら終わってました。

↓一方ケルンの選手達。ぶっちゃけ未だに槙野がどれだか解ってないです。
DSC02391_convert_20110327023806.jpg
この記事はどっちに入れるか迷ったけど試合レポの方にします。

ブンデスリーガ第25節 ボルシア・ドルトムントVS1.FCケルン @シグナル・イドゥナ・パルク

スタメン
             バリオス
 グロスクロイツ レヴァンドフスキー  ゲッツェ
       シャヒン          ベンダー
シュメルツァー サンタナ スポティッチ ピシュチェク
           ヴァイデンフェラー

前半
前半は自分たちの側にドルトムントが攻めてくるっていう形。
立ち上がりからペースを握るのはドルトムント。
ピシュチェク→ゲッツェ→シャヒン→バリオスと流れるようなパスで切り裂く。
FKのチャンスはまさかのスポティッチ!!!てっきりシャヒンが蹴るのかと思っていたおおお
ボールは綺麗な弾道を描き、惜しくもポスト。まぁ相手GKもいい反応していたのよね。
さらにベンダーが中盤からドリブルで持ち込んで、パスをグロスクロイツが拾って最後はバリオス。
しかしシュートが弱くてライン際で弾かれる。うおぉぉい!!
ゲッツェのCKをサンタナがフリーで合わせるが、相手GKのナイスセーブに阻まれる。
左サイドからグロスクロイツがドリブルで持ち込むがクロスがあわず。
ベンダーがドリブルで持っていくと、ゴール前にはレヴァ、バリオス、グロスクロイツが。選択肢はいろいろあるが自らシュートが放てず。
左サイドオーバーラップしたシュメルツァーのクロスをグロスクロイツがスルー、がバリオスはシュートが打てず。
さらにベンダーがPA外からシュートを打とうとした瞬間にそこにあったのはポドルスキの足!ポドルスキ負傷……乙。
(そのままポドルスキは後半途中までプレーを続けますけど)
シャヒンのFKはサンタナが合わせられず。
もーーーーー入りそうで入らない!!!
とか思っていると一気にCB裏を取られる。が、相手がシュートをミスり救われる。
ロングボールをゲッツェが華麗な胸トラップからシュートを放つが、これはファールの判定。
すると前半終了間際、中央でベンダーがドリブル。スルーパスをゲッツェがトラップをミスるが、そこに走り込んだレヴァが左足でダイレクトボレー。これが綺麗に決まってドルトムント先制
1-0
1点リードで前半を終える。

後半
後半になるとなんだか勢いが無くなったドルトムント…
サンタナの裏を取られ一気に1対1のピンチに…ヴァイデンフェラーも飛び出すが、相手の放ったシュートはゴールわずか右にそれる…助かった。
なんだか危ういなぁ。けどもケルンに主導権は握らせない。
グロスクロイツがミドルシュートを放つが、枠外。
CKから最後はスポティッチが頭で合わせるが、そこは相手GKに阻まれる。
FKからもつれて最後はグロスクロイツのダイレクトボレー。これはゴール右へ流れる。
ケルンも反撃を見せる。ドルトムントの右サイドを崩してシュート。これはドルトムントDF陣がクリアーするが、それがピシュチェクに当たりあわやオウン…が、最後の砦ヴァイデンフェラーが立ちはだかる。ふぅぅ
グロスクロイツ→クーバ
この日のグロスクロイツもよく走ってました。奪われた後の奪い返しに行く姿勢が素晴らしい。
ドルトムントはここら辺から再び勢いづく。
レヴァが強引なドリブル突破を見せてみたり、
混戦からバリオスのシュートは惜しくもクロスバーを叩く。
改めてゲッツェのトラップの技術に感動。なんであれをびたっと止められるかな?恐るべし。
終了間際にはゲッツェ→ダシルバ、シャヒン→ケール。
ケールはいつの間にか戻ってきていたんですね!!お帰り♪
3分のロスタイムもそのまま乗り切り試合終了

1-0
44分 ロバート・レワンドフスキー(ドルトムント)

ドルトムントはこの時点で8戦負け無し。
18勝2敗4分 勝ち点58。(この時は2位と12差)
がしかし、やっぱり前半戦と比べると勢いが無くなったというか、得点力が下がったというか…なんだか物足りないかんじがしてしまいます。
香川さん待望論も頷ける。。。

とりあえず見に行った試合でドルトムント勝利でよかったー!!!
選手入場。きたきたきた…
ドルトムントマフラーを掲げてチャントを歌って。
ここに香川がいないことを悔やんでみる。
(相変わらず写真がぶれていたり画質が荒いのはすいません。)
この日も一緒に入場する子どもたちはチームカラーの風船を持ってました。
↑この演出が好き。
DSC02384_convert_20110327023408.jpg
発煙筒を炊くサポーター。ケルンサポはもっと激しいの炊いてた。
御陰様で煙たいわ煤飛んでくるわ…
DSC02385_convert_20110327023440.jpg

DSC02386_convert_20110327023513_20110328100804.jpg
というわけでいよいよキックオフ!!!!!!
DSC02387_convert_20110327023547.jpg

……試合詳細は次の記事で。笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。