上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半
メンバー変更なし。香川はトップ下と左を行き来。
47分 中央で香川のドリブルから、ルーニーにパス。香川はDFの間にスッと入ると、自分で持ち込んだルーニーが足を滑らせながらのシュート。これがゴールに吸い込まれユナイテッド追加点。
2-0
ほぼほぼルーニーの個人でのゴールと言っても過言でないのですが、香川真司にアシストがついたようです。よかった♪
足滑らせたのがコース変えて逆によかったのかもしれないなぁ。

その後も攻めるユナイテッド。香川は今度は右サイドに行ってドリブルで仕掛ける。
ボランチからのパスにオフサイドライン抜け出す動きをしてみたり。
53分 ウェルベックの左足ボレーはGKナイスセーブ。そこからのCK、最後はヴィディッチのヘディングも枠を外れる。
斜めのスルーパスにウェルベック抜け出すとそのままドリブルで持ち込む。そこからいくつかパスを経て、最後はルーニーの距離のあるところからのシュート。綺麗に弧を描いていたが、GKにキャッチされる。
あの位置から撃ってくるのは怖い。フリーにさせたりコースをあけてはいけないわ。
59分 ウェルベック→マタ
なんかにやにやしてるマタ。ウェルベック今日頑張ってた。
香川トップ下でマタが左っていう感じかな。ただここらは必要に応じてポジションチェンジしそうな雰囲気はある。
バレンシアいい反転。シュートもしくはクロスまで行きたかった。
62分 またしても同じくらいの距離感(PAラインくらい)からのルーニーのシュート。右から巻いてくる形がこれで3本目。相手GKがセーブするが、こぼれ球拾って中へのクロスを送ると、これにマタが反応。ちょこんと当ててコースを変えゴール。
3-0

64分 香川→ヤング(ここからたぶんレポ雑になります。すみません)
69分 またしてもルーニーの右からのカーブのかかったボール。ゴール前マタがいたので、シュートでもあったけど合わせればっていうボール。が、GKキャッチ。
70分 クレバリー→チチャ
バレンシアもしくはルーニーがボランチに入るということか。
ジョーンズが距離のあるところからオールを狙うがGKがふわりとキャッチ。
72分 左サイドヤングからの大きなサイドチェンジ。バレンシアがボレーシュート気味のボールを送ると、最後はマタが頭で流し込んでこの日2ゴール目。
4-0
バレンシアのゴールでもよかったような気がするけどね。ハグして祝福しあってたからいいかな。
バレンシアゴール後のガッツポーズが割と私は好きなんだけど。

75分 ヤングのミドルシュート。ルーニーと同様に巻いてくる。GKいい反応。
さらにバレンシアも狙ってくるがGKのセーブ。本当にこのGKいいね。ノリッジDF頑張ろう。
ユナイテッドは余裕があるからか、ピッチを大きく使ってすごくダイナミックなサッカーをしている。
78分 相手選手にドリブルからゴール前でシュートまでいかれるが、枠の左にそれて助かる。ユナイテッドのDFの足が完全に止まっていた。ひやり。ちょっと集中を欠いていたか。
その後はノリッジが少しボールを握る時間帯もありましたが、ゴール前までは入らせない。
89分 相手のミドルシュートがDFの足に当たり、クロスバーを打つ場面がありましたが。そこはバーにお世話になりました。
試合終了直前、向こうのセットプレーもユナイテッドは集中した守りを見せる。
AT3分。カウンターからマタのスルーパスに抜け出したチチャ。GKとの1対1をよく見て打ったシュートは枠のわずか左にそれる。あああああ。これは決めてほしかった。
FT。
4-0

完勝。ギグス監督勝利でのスタート。なんだかすごく選手一人一人が生き生きして見えた。(これ前も書いたかもな)
ユナイテッドがポゼッションを握り、ひたすら攻撃を加え続ける。
ノーリッジはそれを跳ね返し続け、チャンスを見ては奪ってカウンターというような試合でした。
点差が開いていても最後の最後まで攻撃し続けるユナイテッドは面白い。
(W杯前とか、移籍市場のあく前とかそういうこともあるかもしれないですが)
みんながみんなゴールに貪欲で。でもちゃんと周りを使いながらやれていて。特に後者に関しては香川マタルーニーの影響もあるかなと。
そして後ろもゼロで終えられてよかった。大きなピンチも数えるほどでしたが。
今日の攻撃に関しては、ルーニーの貢献がすごく大きかった。個人的にはMOMに推したい。

香川は少し早い時間帯での交代となりましたが、アシストという形で結果に絡むことができてよかった。
運動量も豊富で、一つ一つの動きもキレがあってよかったです。ゴール前に入っていく姿勢も。
試合に出るだけでなく、こうして結果に絡んでいけて、本当にあとは本人のゴールを待つばかり。
残り3試合(だったかな)ですが、最後までしっかりと頑張って、アピールして、コンディションをあげて行ってもらえたらなと思います。
スポンサーサイト
とても遅くなりましたが。今から録画見ながらレポート書きます。
そして、私事ですが、28日に誕生日を迎えました。Twitterなどでコメントをくださった方ありがとうございました。
毎年マタと誕生日一緒だわーって言っていたマタが、今香川真司とチームメイトとしてプレーしているなんて、昨年の今頃はかけらも思っていなかったです。

マンチェスター・ユナイテッドVSノーリッジ
ギグス監督初采配。

スタメン
         ルーニー
  香川   ウェルベック   バレンシア
    キャリック    クレバリー
エブラ ヴィディッチ ファーディナンド ジョーンズ
          デヘア

われらが香川真司スタメンです。
ノリッジ戦と言えば香川真司のハットトリック。期待。
ギグスはスーツ姿で登場。本人の選手としてのベンチ入りはなかった。

前半
香川真司は左サイドでの起用。香川からの縦へ浮かせた一本のパスにウェルベック抜け出したが、GKの方が一歩速かった。
ウェルベックGKにまでプレスをかけに行っていけいけ。
8分 香川のサイドから相手にクロスをあげさせてしまい、あわやという場面。しかし相手のゴール前でのファールに助けられる。まあ笛が鳴っていたからこその緩い守備だったのかな。ゴール前。
13分 香川のスルー→オーバーラップしてきたエブラのクロスは、一旦はじかれるがこぼれ球をウェルベックがシュート。しかしこれはGK正面。
その後もユナイテッドの波状攻撃が続く。なんか選手ずるずる滑ってたんだけど…割と水はけいいはずだよなぁOT。
香川サイドで守備に貢献。相手にボールを敢えて当ててハンドを誘う。
18分 香川と左サイドに回ってきていたウェルベックとのパス交換。途中でエブラも絡んでバイタルエリアへの侵入を試みるもシュートは打てず。
この時間帯はウェルベック左で香川トップ下。
20分 左のCK。香川がショートコーナーからそのままドリブルで深い位置まで持ち込むが、そのままラインを割る。
ユナイテッドのポゼッションが続く。
22分 左サイドからのグラウンダーなクロスに香川。トラップからシュート。これはDFに当たる。
このクロスのタイミング、ゴール前にユナイテッドの選手4人くらいいたんだけど、みんなDFのラインと並んでいて、香川がスッと引いたところにボールが出てきて。その辺の駆け引きを他の選手もしたらもっと面白いと思う。
24分 バレンシアからのクロスはDF直撃。こぼれ球ルーニーのボレーもDFに阻まれる。これは時間の問題かなー。このまま押し込んでいい時間帯に点が欲しい。逆にカウンターが速いので、一発やられるのは怖い。
ただユナイテッド今日は落ち着いて高い位置でボール奪えている。いいねいいね。
ノリッジディフェンス荒い。めっちゃ体ぶつけてくる。間違ってはいないんだけど。
31分 ルーニーのタイミングをずらしたパスにバレンシアが反応。折り返したところをクレバリーかな?のシュートは相手DF。
香川細かなドリブルでのボールキープを見せたりと、キレがある。かつて父が香川のドリブルを「ちょこまかしている」と表現していたが、まさにそんな感じ。タッチが細かくて相手に触らせない。
前後左右縦横無尽に動き回る香川真司。調べてないけどたぶん走行量相変わらずすごいことになっていると思う。
37分 左サイドからドリブルで斜めに入ってきた香川。ルーニーとのワンツーで抜け出したが、相手にボールを読まれていた。やはりノリッジには警戒されてる?
その直後右サイドジョーンズからのクロスにファーサイド香川飛び込んできて、右足のアウトで流し込むようなシュート。しかしこれは惜しくも枠の外。TVの角度的に入ったかと思ったけども、喜んでなかった。
いいぞいいぞ。
その後もユナイテッドの攻撃が続くと、
40分 ゴール前ドリブルで抜け出したウェルベックが倒されPKを得る。キッカーはルーニー。右隅にしっかりと決めユナイテッド先制。
1-0
思っていた形とは違ったが、前半のうちに先制できたのはいい。

ウェルベック見ると関口メンディー思い出す。(どうでもいい)
ポゼッション69%。特に最近は持てている。
AT1分。
そのまま終了。
1-0


相手が割と相性のいいノリッジということもあるけれど、やりたいことをやりたいようにやれている。
というか、昨季のユナイテッドと同じことをやっているなーという印象。
香川ルーニーで中盤からボールを受けて、攻撃を組み立てていく。
サイドバックがガンガン上がってきて、絡んでいく。
これがユナイテッドのカラーなのかなと。
決定機は多く作れていただけに、もう少し点が入ってもいいのかも。と。
守備面でも大きなミスもなく、安定してやっていた。
香川真司はよく動くし、良く絡むし。なんだか生き生きとして見えました。
体のキレもあるようなので、後半に期待。
◇時事通信
欧州サッカー・談話

◇勇気もらった
 マンチェスター・ユナイテッド・香川 いい練習ができている中で試合を迎えられた。勝ちたいという気持ちを、きっちり表現したいと考えていた。ピッチの雰囲気も良く、勇気をもらった。


◇Goal.com
香川先発 ノリッジ戦スタメン発表 監督解任後の初戦
(抜粋)
 26日に行われるプレミアリーグ第36節で、マンチェスター・ユナイテッドはノリッジ・シティをホームに迎える。この試合の先発メンバーにMF香川真司が入った。

ユナイテッドの先発メンバーは以下のとおり。
GK デ・ヘア
DF ジョーンズ、ヴィディッチ、ファーディナンド、エブラ
MF バレンシア、キャリック、クレバリー、香川
FW ウェルベック、ルーニー

ギグス新監督、デビュー戦で4-0大勝 香川は先発出場で1アシスト
最高のリスタートを切ったユナイテッド
(抜粋)
 26日に行われたプレミアリーグ第36節、マンチェスター・ユナイテッド対ノリッジ・シティの一戦は、4-0でホームのユナイテッドが勝利を収めた。MF香川真司は先発出場し、65分までプレー。チームの2点目をアシストしている。

 ギグス暫定監督はルーニーとウェルベックを前線に置く4ー4ー2を採用。香川は主に左サイドからチャンスをうかがった。
 新体制でアピールしたい香川も、積極的な姿勢が目立つ。21分、ルーニーのCKをショートコーナーで受けた香川は、自らドリブルを仕掛けた。ペナルティーエリア左に侵入したものの、クロスは上げられない。
 23分にはペナルティーエリア左でグラウンダーのクロスをもらった香川が縦へのドリブルから左足を鋭く振り抜いたが、DFにブロックされた。

 すると、後半立ち上がりの48分、ユナイテッドはリードを広げる。中央の香川が左のルーニーに預けて前線に上がると、ルーニーは空いたスペースを突いてドリブル。中央に進みながら、ペナルティーエリア外から右足でシュートを放つ。カーブのかかった低い弾道で、ボールはゴール右下へと収まった。
 60分、ギグス監督は最初の交代でウェルベックを下げ、マタを投入。するといきなりこの采配が当たる。63分、ジョーンズのクロスに中央でマタが合わせて3点目。勝利をほぼ確実にする。指揮官は直後の65分、香川に代えてヤングを送り込み、71分にはクレバリーを下げてエルナンデスを入れる。


◇SOCCER KING
マインツFW岡崎、2戦連発今季14点目…香川抜き欧州日本人得点記録更新
(抜粋)
 ブンデスリーガ第32節が26日に行われ、日本代表FW岡崎慎司の所属するマインツと、同代表MF清武弘嗣、長谷部誠の所属するニュルンベルクが対戦。岡崎、清武は先発出場、長谷部は負傷離脱中のため欠場した。
 ヨーロッパリーグ出場権獲得を狙う7位マインツと、1部残留に後のない17位ニュルンベルクの一戦は、前半30分に動く。左サイド浅い位置でマインツがFKを獲得すると、ヨハネス・ガイスの送ったボールに岡崎がヘディングで合わせて、ネットを揺らした。岡崎は2試合連続の今シーズン14得点目となり、2011-12シーズンに当時ドルトムントに所属していた日本代表MF香川真司の持つ欧州主要リーグ日本人最多得点記録を更新した。


香川が3試合ぶり今季3アシスト目…マンU、ギグス暫定監督初陣を快勝(抜粋)
 プレミアリーグ第36節が26日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uとノリッジが対戦した。
 22日にデイヴィッド・モイーズ前監督の退任を発表したマンチェスター・Uは、選手兼コーチの元ウェールズ代表MFライアン・ギグスが暫定指揮官に就任。本拠地オールド・トラフォードで初陣を迎えた。ギグス監督はウェイン・ルーニーや香川、ダニー・ウェルベックらを先発に据えた。
 マンチェスター・Uは14分、左サイドからのパトリス・エヴラのクロスがファーサイドまで流れると、ダニー・ウェルベックがシュートを放つが、GKジョン・ラディのセーブに遭う。38分、香川が右サイドのフィル・ジョーンズへ展開すると、ファーサイドへのクロスボールに、走りこんだ香川が右足を伸ばして合わせたが、わずかに枠の左に外れた。

 後半に入り、立ち上がりの48分、中央の香川が左サイドに開いていたルーニーにパスを出すと、ルーニーはカットインし、中央からミドルシュート。これがゴール右隅に決まり、追加点を得た。香川は第33節以来3試合ぶりの今シーズン、3アシスト目となった。
 60分にマンチェスター・Uはウェルベックを下げ、フアン・マタを投入。すると直後の63分、フィル・ジョーンズの右サイドからの低いクロスをマタが左足で合わせて、チーム3点目を獲得した。ギグス監督は、65分に香川を下げ、アシュリー・ヤングをピッチへ送り出すと、71分にもトム・クレヴァリーに代え、ハビエル・エルナンデスを投入し、交代枠を使い切る。


◇ゲキサカ
岡崎2戦連発の今季14ゴール目!!“香川超え”で日本人記録更新
(抜粋)
 ブンデスリーガは26日、第32節2日目を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツはホームでMF清武弘嗣とMF長谷部誠の所属するニュルンベルクと対戦し、2-0で快勝した。1トップで先発した岡崎は前半30分に2戦連発となる先制点。今季通算14ゴールとし、11-12シーズンにドルトムントでMF香川真司(現マンチェスター・U)が記録した13ゴールを上回り、欧州主要1部リーグでの日本人最多得点記録を塗り替えた。
 前節のドルトムント戦(2-4)で2ゴールを挙げ、香川の記録に並んだ岡崎。試合後に「ここまで来たら取りにいきたい」と、“香川超え”に意欲を見せていた言葉どおり、2戦連発となるゴールで日本人選手の新記録を樹立した。


ギグス暫定監督初陣、香川はベンチスタートか…英紙予想(抜粋)
 マンチェスター・ユナイテッドは26日、プレミア・リーグ第36節、ホームでのノリッジ戦を行う。ユナイテッドは22日にデイビッド・モイーズ監督を電撃解任。残り試合はMFライアン・ギグスが暫定的に指揮を執ることが発表されている。
 どういったメンバー構成になるのか。日本代表MF香川真司の起用法にも注目が集まるが、スタメン予想を掲載した英紙によると、ベンチスタートが濃厚なようだ。


ギグス暫定監督の初陣でマンUが大勝!! 先発の香川も1アシスト(抜粋)
 プレミアリーグは26日、第36節を各地で行い、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッドは、ホームでノリッジ・シティと対戦した。デイビッド・モイーズ監督解任後、ライアン・ギグス暫定監督の初陣となったユナイテッドは、FWウェイン・ルーニーとMFフアン・マタが2ゴールを挙げて4-0で快勝した。香川も先発出場し、2点目をアシストするなど勝利に貢献している。
 監督解任という激震のあったユナイテッド。ギグス暫定監督は、4-4-2の布陣でゲームをスタートさせ、MFフアン・マタをベンチスタートとして、香川を左SHに置いて先発で起用した。前節エバートンに完敗を喫したユナイテッドと、リーグ戦4連敗中のノリッジ。決して調子の良くない両チームの対戦は、チャンス数の少ないまま推移する。

 前半14分、左サイドにボールを展開したユナイテッドは、DFパトリス・エブラがクロスを入れる。DFがクリアーしたボールを拾ったFWダニー・ウェルベックがボレーでゴールを狙ったが、GKに阻まれる。同38分には高い位置で伸び伸びとプレーしていた香川が、決定機をつくる。右サイドにロングボールを出して、ゴール前に走り込むと、DFフィル・ジョーンズのクロスをファーサイドで受ける。難しい体勢からアウトサイドでゴールを狙ったが、わずかに左へ外れて行った。
 香川のシュートから2分後、ユナイテッドはフィル・ジョーンズが右から入れたクロスが流れると、ウェルベックが反応。シュートを打ちに行ったところでDFに倒され、PKが与えられる。これをルーニーが決めて、1点をリードして前半を折り返した。

 後半に入ると、ユナイテッドがノリッジを圧倒する。後半4分、中央でボールを持った香川が、左のルーニーにパス。香川が前方に抜けて開けたスペースに、ルーニーがボールを持ち込み、シュートを放つ。これがゴール右隅に決まり、2-0とリードを広げた。同9分にはウェルベックが左足のシュートでゴールを脅かしたが、GKに阻まれる。
 後半16分にはギグス暫定監督は、ウェルベックをベンチに下げてマタを投入する。その2分後にはフィル・ジョーンズからのパスを受けたマタが3点目を決めた。ユナイテッドは、その2分後に香川をベンチに下げ、MFアシュリー・ヤングを投入する。同28分にもバレンシアからのパスを受けたマタがゴール前でヘッドで追加点を挙げた。


以上香川さん記事でした。
◇スポニチアネックス
香川 今季3アシスト目!マンU ギグス暫定監督、白星発進

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッドは、ホームでノリッジと対戦し、ルーニーとマタが2ゴールずつ決める活躍を見せ4―0で快勝した。
 モイーズ監督解任後、ギグス暫定監督の初陣となった試合で、香川は先発出場。チームの2点目となるルーニーのゴールをアシストする活躍を見せ、後半20分に交代した。香川は4試合連続の先発で、今季3アシスト目。


岡崎 今季14ゴール目!香川抜いて日本人最多(抜粋)
 マインツの日本代表FW岡崎慎司(28)は26日、ホームのニュルンベルク戦に先発し、今季14点目をマークした。0―0の前半30分にFKを頭で決めた。欧州主要リーグでMF香川真司(25=マンチェスターU)がドルトムント時代の11~12年シーズンにマークした日本選手最多得点記録13を更新。2―0の勝利に貢献した。ニュルンベルクの日本代表MF清武弘嗣(24)もフル出場したが、無得点に終わった。

 その瞬間は前半30分に訪れた。ハーフウエーライン付近からガイスの左FKがエリア内で待ち構えていた岡崎に飛んでくる。ボールの軌道を見極め、首をひねりながら地面に叩きつけGKの逆を突き、ネットに突き刺した。3月15日のホッフェンハイム戦以来、今季2ゴール目となるヘディング弾。「利き足は頭」という名言を象徴するゴールは、香川が持つ欧州主要リーグの日本人シーズン最多得点13を更新する14点目だ。「うまくタイミングを合わせて決められた」という自慢の一撃で、日本サッカー界の歴史の1ページをめくった。
 日本代表では3月5日の親善試合ニュージーランド戦で国際Aマッチ38得点に到達。原博実(現日本協会専務理事)を抜いて歴代3位となり、1トップを担うマインツでも香川を超えて金字塔を打ち立てた。「記録は塗り替えられるものだけど、自分が塗り替える瞬間にいるというのはなかなかないこと。(MFの香川)真司を超えてFWとしての面目が立った」と笑い、充実感を漂わせた。岡崎の活躍は6月のW杯ブラジル大会で躍進を狙うザックジャパンにとって、最高の追い風となりそうだ。


◇スポーツ報知
香川、今季3アシスト目!ギグス暫定監督の初陣飾る!!

 日本代表MF香川真司(25)の所属するマンチェスターUは26日、ホームでノリッジと対戦し、4―0で勝った。
 香川は左の攻撃的MFで先発。後半立ち上がりに第33節以来3試合ぶりの今シーズン3アシスト目をマークした。後半20分にアシュリー・ヤングと交代した。
 マンチェスターUは22日に解任されたモイーズ監督に代わり、MFギグスが暫定監督として初めて指揮を執った。

香川は後半途中までプレー(MSN産経ニュース)
香川は後半途中までプレー(デイリースポーツ)
香川先発 マンUギグス暫定監督で快勝(日刊スポーツ)

も同じ記事。



岡崎2戦連発で今季14ゴール!欧州日本人単独トップ(抜粋)
 【マインツ(ドイツ)26日】ドイツ1部マインツに所属するサッカー日本代表FW岡崎慎司(28)が、ホームのニュルンベルク戦で今季14得点目を決めた。0―0の前半30分に、FKを頭で決めた。欧州主要リーグでのシーズン14得点は、日本代表MF香川真司(25)が11~12年にマークした13点を抜き歴代単独トップ。6月のブラジルW杯へ、日本代表のエースが新記録を樹立した。
 ザック・ジャパンの後輩が持つ記録を抜き去った。欧州主要リーグでの日本人年間歴代最多ゴールは、11~12年にドルトムント時代の香川がマークした13点だった。岡崎はドルトムント戦(19日)で2点を決めて香川に追いつき、この日の2戦連発で一気に追い越した。過去10季で2度2部からの昇格を経験したチームが、前節まで7位と快進撃を続けるが、その中心にいるのが背番号23だ。


◇時事通信
岡崎が14得点目=香川抜き、リーグ日本選手最多-ドイツ・サッカー
(抜粋)
 【マインツ(ドイツ)時事】サッカーのドイツ1部リーグは26日、各地で行われ、マインツの岡崎慎司がホームでのニュルンベルク戦の前半30分に今季14得点目を決めた。2011~12年シーズンに香川真司(ドルトムント、現マンチェスター・ユナイテッド)がマークした13得点を抜き、同リーグでの日本選手シーズン最多得点となった。


香川は途中交代=イングランド・サッカー
 【マンチェスター(英国)時事】サッカーのイングランド・プレミアリーグで26日、香川真司が所属するマンチェスター・ユナイテッドはホームでノリッジに4-0で大勝した。香川は先発し、後半20分に交代した。マンUはギグス暫定監督が率いた初戦を白星で飾った。 


マンUの香川、心機一転=イングランド・サッカー
 モイズ監督解任後、初めての試合を迎えたマンチェスター・ユナイテッドは、ホームでのノリッジ戦に4-0で圧勝した。左MFで後半20分まで出場してギグス暫定監督の初勝利に貢献し「思い切ってやれた」。前線にも顔を出し、「どんどんゴール前に入っていくことは意識した」と積極的だった。
 相手DFのマークをかわして技ありのシュートを放ったり、ルーニーへのパスでゴールのお膳立てをしたり。「残り3試合、素晴らしいサッカーをして勝ち切りたい」と香川。指揮官の交代で心機一転、すがすがしい表情だった。(マンチェスター時事)
香川さん記事まとめです。

◇ISM
マンU、ギグスの監督デビュー戦で4発圧勝! 香川は先発出場 エヴァートンはCL厳しく…/プレミア
(抜粋)
 イングランド・プレミアリーグは現地時間26日(以下現地時間)に6試合が行なわれ、香川真司が所属する7位マンチェスターUはホームで17位ノリッジに4対0で圧勝。ギグス暫定監督の初陣を勝利で飾った。ロイター通信が報じている。
 選手としての登録もしているため、試合に出場することもできるギグス監督だが、この日はスーツ姿で本拠地「オールド・トラフォード」のピッチに登場。初陣で先発に起用したメンバーはルーニー、香川、ウェルベックといった面々で、モイーズ前監督が自ら獲得してきたフェライニはベンチ外、高額の資金を投じて冬の移籍市場で加入したマタもベンチスタートとなった。
 前半はペースを握りながらもなかなか得点を奪えずにいたが、41分にウェルベックが倒されて得たPKをルーニーが沈め、先制点をマーク。前半はこの1得点のみに終わったが、後半立ち上がりの48分、香川からパスを受けたルーニーが中央に切れ込んで右足で巻いたシュートを叩き込み、リードを広げる。
 マンUはさらに64分、途中出場のマタのゴールで3点目を奪うと、73分にもマタが決めてとどめを刺し、4対0で圧勝。マンUは今季、モイーズ体制下で無冠が確定し、来季のチャンピオンズリーグ(以下CL)出場権獲得も逃したが、生え抜き監督の初采配初勝利で、ファンに今後への希望を与えた。なお、香川は65分に途中交代となった。


◇ロイター
サッカー=マンU香川がアシスト、ギグス暫定監督は初陣で白星
(抜粋)
 サッカーのイングランド・プレミアリーグは26日、各地で試合を行い、香川真司のマンチェスター・ユナイテッド(マンU)はノーリッジに4─0で快勝した。
 マンUはウェイン・ルーニーと途中出場のフアン・マタがともに2得点をマークした。香川は先発し、後半3分にチームの2点目となるルーニーのゴールをアシスト。同20分に交代した。


◇サンスポ
マンU公式サイト、香川のスタメンを予想「ギグスの求める選手像」

 マンチェスターUのモイズ前監督の解任を受けて選手兼任の暫定監督に就任したMFギグスが25日、26日のイングランドプレミアリーグ・ノリッジ戦(ホーム)に向けて会見。「不満のたまるシーズンだったが、最後はいい形にしたい」と巻き返しに意欲を示した。日本代表MF香川真司について、クラブ公式サイトは「ギグスの求める選手像に合致する」と先発を予想した。


岡崎が今季14点目で香川の記録更新!「記録に残るのはうれしい」
 サッカーのドイツ1部リーグ、マインツの日本代表FW岡崎慎司(28)が26日、ホームのニュルンベルク戦の前半に得点して今季通算14点とし、欧州主要1部リーグの日本選手最多記録を更新した。従来の記録は香川真司(マンチェスターU)がドルトムント(ドイツ)時代の2011~12年シーズンにマークした13点だった。
 ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場する日本の主力として期待される岡崎は今季、ドイツ1部のシュツットガルトからマインツに移籍した。前節のドルトムント戦で2得点し、香川の記録に並んでいた。試合はマインツが2-0で勝った。(共同)


香川超えた!岡崎、欧州リーグ日本選手最多14得点!!(抜粋)
 【マインツ(ドイツ)26日=円賀貴子通信員】マインツの日本代表FW岡崎慎司(28)がニュルンベルク戦(ホーム)に1トップで先発し、2戦連発となるゴールを決めた。今季14得点目で、同MF香川真司(25)=マンチェスター・ユナイテッド=がドルトムント時代の2011~12年シーズンにマークした欧州主要1部リーグの日本選手最多記録13点を更新した。岡崎は試合終了間際までプレーし、2-0の勝利に貢献した。
 “香川超え”のゴールは1度バウンドして吸い込まれた。FW岡崎がMF香川の記録を塗り替えた。


香川、4試合連続で先発 ギグス暫定監督が初采配
 イングランドプレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドの日本代表MF香川真司(25)は26日、ノリッジ戦(ホーム)に4試合連続で先発メンバーに名を連ねた。デービッド・モイズ前監督が解任されてから初の試合。元ウェールズ代表MFライアン・ギグスが選手兼任で初采配を振るう一戦で、暫定監督からの期待が表れる起用といえる。


◇スポニチアネックス
マンU暫定ギグス監督所信表明 香川らに「楽しめ」
(抜粋)
 MF香川ら選手には「クラブの哲学として情熱、スピード、勇気、想像力を持ってプレーしてほしい。全力で、そして何より楽しんでほしい」とメッセージを送った。来季去就は未定ながら「(監督の)権力を使って(選手の)自分と5年契約を結んだよ」とジョークを飛ばした。


マンU新監督にオランダ代表のファンハール監督就任か?(抜粋)
 日本代表MF香川真司(25)が所属するマンチェスターUが、来季から指揮を執る新監督としてオランダ代表のルイス・ファンハール監督(62)と合意したと26日付のオランダ紙テレグラフなどが報じた。
 名門の再建を託されるファンハール氏は、アヤックスで94~95年に欧州CL優勝を果たすなど黄金期を築き、バルセロナ、AZ、バイエルンMでもタイトルを獲得。主な戦術はポゼッション重視のパスサッカーで、モイーズ前監督よりは香川のプレースタイルに合う指揮官と言えそうだ。 
そういえばアッコにおまかせの芸能スポーツニュースランキングで、ユナイテッドの監督交代が9位にランクインしていたのはびっくり。香川真司にも追い風かと言われていました。
では記事まとめです。

ユナイテッド 4-0 ノリッチ(抜粋)
 ライアン・ギグス暫定監督体制となっての初戦、ユナイテッドはノリッチに4-0で快勝。最高の形で初陣を勝利で飾った。
 48分にはマイケル・キャリック、香川真司を経由してルーニーへとパスが繋がり、空いたスペースを見逃さなかった10番が自らシュート。巻き込むような軌道を描いたボールがゴール右隅に決まって2-0。

ユナイテッド:デ・ヘア;ジョーンズ、ヴィディッチ、ファーディナンド、エヴラ;バレンシア、キャリック、クレヴァリー(70分にエルナンデスと交代)、香川(65分にヤングと交代);ルーニー、ウェルベック(60分にマタと交代)


試合総括:飛躍の時(抜粋)
スターマン:最近好調を維持している香川真司が嫌な流れを変えた。手詰まり感のあった前半の流れを変えた日本人プレーメーカーは、後半アシュリー・ヤングと交代した際、サポーターから拍手で称賛された。ユナイテッドの立ち位置が更に確固たるものになってきている証だろう。

サイドストーリー:多くのフットボールファンの視線がオールド・トラッフォードに注がれ、多くの疑問が新体制に投げかけられた。力強いユナイテッドは戻るのか? ライアン・ギグスは選手から監督にどう移行するのか?
昨日は試合の前半見逃したのあほやった…。明日の再放送録画して見ますー。
今からセレッソ神戸の試合を見ながら更新。

本題へ。

香川真司オフィシャルサイトの有料会員限定ページが更新されています。
↓↓
KAGAWA SHINJI OFFICIAL WEBSITE
Calender
Wallpaper


今回はカジュアルなスタイルでポーズをとっているのと、試合中の一枚。
試合中の写真がすごくいい!
特に今季は試合中の写真を使ったパターンは多くなかったのですが(あまり出場機会が得られなかったのもあるかとは思いますが)、今後どんどん増やして頂けると嬉しいです。


それから、播戸竜二選手ブログにて香川さんの話がちょこっと。
↓↓
播戸竜二OFFICIAL BLOG
素晴らしい。


播さんのギグス好きは前から言っていましたが、香川さんと電話でもしたんですかねー。
どんな話したんだろうなぁ。笑

さてとキックオフだ。
寝過ごして気がついたらHTでしたので、詳細なレポは再放送(といっても直近が28日夜で予定で見られないので録画ですが…)とあわせてにします。

スタメン
           ルーニー
  香川     ウェルベック    バレンシア
    キャリック        クレバリー
エブラ ファーディナンド ヴィディッチ ジョーンズ
            デヘア

交代
60分 ウェルベック→マタ
65分 香川→ヤング
71分 クレバリー→チチャ

4-0
41分 ルーニー(ユナイテッド)(PK)
48分 ルーニー(ユナイテッド)
63分 マタ(ユナイテッド)
73分 マタ(ユナイテッド)


ギグス体制初の試合。しっかり快勝。
相手が得意のノリッジだったとはいえ、ポゼッションも高く攻撃的で面白いユナイテッドでした。
ルーニーはエリア外でもコースが空いていれば撃ってくるのはやっぱり脅威。(最近見たJの試合でそこらへんすごく気になることが多かったもんで。)
マタもバレンシアも香川も含め前線の連動した動きというか、ああ帰ってきたなと。
何より、選手が生き生きとしているのが印象的でした(そういう風に自分が捉えたいのかもしれませんが)。
マタ2点目の時のバレンシアのガッツポーズとかね。
特に今日の試合は気合が入っていたのもあるとは思いますが、どんどんと押しこんでいったのは面白かったです。

香川真司については正直前半を見ていないのであんまり言えないですが、やっぱりルーニーやマタのような同じイメージを持つ選手との併用がすごく生きる。サイド偏重でない攻撃の形になるとなおそれが生きてくるなと感じました。
今日はゴールに近い位置でのプレーも多かったし、やはり彼の持ち味はそこで発揮されるのかなと。
その中でルーニーの2点目に繋がったアシストからのDF引きつけての走り込み。しっかりと結果に繋がったのはよかったです。
残り試合も数えるほどですが、最後まで彼のゴールに期待したいです。

取り急ぎこれだけですみません。
香川さん記事まとめです。

◇スポニチアネックス
憲剛、カズ、宇佐美…ザックジャパンに入れたいこの選手

 4年に1度のワールドカップ(W杯)の代表メンバー入りはサッカー選手にとって夢であり、目標である。スタメンがほぼ確定している選手、23人枠の当落線上にいる選手、これまで1度も代表招集されていない選手…。多くの選手たちの中から誰が選ばれるのか。それを想像し、頭の中に描いてみるのは、サッカーファンにとっては楽しみの1つでもある。
 戦力としても、また存在するだけでチーム力をアップする選手は誰なのか。探してみると数人の名前が挙がる。
 そして、なんと言っても精神的支柱として誰もが呼んで欲しいと願っているのがキングカズことFW三浦知良(47=J2横浜FC)ではないだろうか。今季は故障で出遅れているが、長谷部、香川、長友ら代表選手の多くが憧れ、尊敬する名選手であり、日本にサッカーブームを作ったカリスマでもある。


今日はこれだけだったわ。
香川さん関連スケジュールです。
時間はすべて日本時間です。
赤字は試合および生中継。青字は初回放送日。
※試合予定は変更になることがあります。
※香川選手が出場するとは限りません。また香川選手の出場しなかった試合の再放送及びダイジェストは省略しています。


4月
 4月26日19:00~21:00 テレ朝Ch.2 VS ベルギー代表
 4月26日22:00~24:00 テレ朝Ch.2 VS オランダ代表
 4月27日01:30~ プレミアリーグ2013-14シーズン第36節 VS ノリッジ (H) 放送はJsports2 01:24~、NHK-BS1 01:25~
 4月28日19:00~21:00 Jsports2 プレミアリーグ2013-14シーズン第36節 VS ノリッジ (H)
 4月29日12:00~15:00 フジテレビNEXT マンチェスター・ユナイテッドTV #118 プレミアリーグ13-14 第36節 vsノリッチ
 4月29日20:00~22:00 Jsports4 プレミアリーグ2013-14シーズン第36節 VS ノリッジ (H)
 4月30日23:00~25:00 Jsports2 プレミアリーグ2013-14シーズン第36節 VS ノリッジ (H)

5月
 5月1日13:00~15:00 Jsports2 プレミアリーグ2013-14シーズン第36節 VS ノリッジ (H)
 5月2日10:00~12:00 Jsports2 プレミアリーグ2013-14シーズン第36節 VS ノリッジ (H)
 5月2日16:00~19:00 フジテレビNEXT マンチェスター・ユナイテッドTV #118 プレミアリーグ13-14 第36節 vsノリッチ
 5月3日23:00~ プレミアリーグ2013-14シーズン第37節 VS サンダーランド (H)
 5月5日19:00~21:00 Jsports2 プレミアリーグ2013-14シーズン第37節 VS サンダーランド (H)
 5月6日05:00~07:00 Jsports1 プレミアリーグ2013-14シーズン第37節 VS サンダーランド (H)
 5月6日19:30~22:30 フジテレビNEXT マンチェスター・ユナイテッドTV #119 プレミアリーグ13-14 第37節 vsサンダーランド
 5月6日22:00~24:00 Jsports4 プレミアリーグ2013-14シーズン第37節 VS サンダーランド (H)
 5月7日03:45~ プレミアリーグ2013-14シーズン第34節 VS ハルシティ (H)
 5月7日23:00~25:00 Jsports2 プレミアリーグ2013-14シーズン第37節 VS サンダーランド (H)
 5月8日15:00~17:00 Jsports2 プレミアリーグ2013-14シーズン第37節 VS サンダーランド (H)
 5月9日02:00~05:00 フジテレビNEXT マンチェスター・ユナイテッドTV #119 プレミアリーグ13-14 第37節 vsサンダーランド
 5月10日14:55~17:55 フジテレビNEXT マンチェスター・ユナイテッドTV #120 プレミアリーグ13-14 第34節 vsハルシティ
 5月11日23:00~ プレミアリーグ2013-14シーズン第38節 VS サウサンプトン (A)
 5月12日 日本代表メンバー発表
 5月12日19:00~21:00 Jsports2 プレミアリーグ2013-14シーズン第38節 VS サウサンプトン (A)
 5月13日18:30~21:30 フジテレビNEXT マンチェスター・ユナイテッドTV #121 プレミアリーグ13-14 第38節 vsサウサンプトン
 5月13日20:00~22:00 Jsports4 プレミアリーグ2013-14シーズン第38節 VS サウサンプトン (A)
 5月14日13:00~15:00 Jsports2 プレミアリーグ2013-14シーズン第38節 VS サウサンプトン (A)
 5月16日04:00~06:00 Jsports1 プレミアリーグ2013-14シーズン第38節 VS サウサンプトン (A)
 5月16日15:00~17:00 Jsports4 プレミアリーグ2013-14シーズン第38節 VS サウサンプトン (A)
 5月16日18:00~21:00 フジテレビNEXT マンチェスター・ユナイテッドTV #121 プレミアリーグ13-14 第38節 vsサウサンプトン
 5月19日20:00~22:00 Jsports2 プレミアリーグ2013-14シーズン第38節 VS サウサンプトン (A)
 5月24日13:00~15:00 Jsports4 プレミアリーグ2013-14シーズン第38節 VS サウサンプトン (A)
 5月25日18:30~ 日本代表壮行会 @国立代々木体育館
 5月27日19:30~ VS キプロス代表 @埼玉スタジアム 放送は日本テレビ系列
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。