上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザンクトパウリ戦のハイライトなどです。
夜のニュースは全部録画したので週末にのんびり見まーす。

ザンクトパウリ戦ハイライト


香川真司タッチ集。
いつも通り本編は00:07~



こっちはおまけ。スポーツナビより。
日本人選手、欧州で活躍中
ちょこっとですが香川さんも出ていましたので。
冒頭にマインツ戦、最後にハノーファー戦。ってどっちも相手チームの日本人に決められてる…うう。
スポンサーサイト
とりいそぎこれだけ。

1点目 香川真司アシスト


3点目 香川真司ゴール


ハイライトなどはまたあとで。
後半
発煙筒で見づらい!!
開始早々相手にシュートを放たれるがこれはランゲラク難なくキャッチ。
まずは一点を返したいザンクトパウリがすごく攻撃を仕掛けてくる。
さっきまでとはおよそ別なチーム。
シュートが相手に当たって助けられる。
48分 飛び出して対応したランゲラクと接触した相手選手が痛む。
一方のドルトムントはなかなか攻め込むことができない。まあ一発勝負のトーナメントなのできっちりと勝ちを取りに行くならそれはそれでよし。
53分 ソクラティスと香川のワンツー。返したパスが結構無理なものだったんだけど、追いつけるソクラティスすごいし、やっぱりあんな鬼のようなパスを出すあたりは香川真司。
先ほど傷んだ相手選手は交代。敵ながら少し心配。
グロスクロイツ→ロイス→インモービレ→ムヒタリヤンと細かくつないでムヒタリヤンのシュートは相手の壁に当たる。こぼれたところをグロスクロイツヒールパス、が相手の選手に当たって失敗。思わず笑ってしまった。
56分 相手選手に攻め込まれたがオフサイド。ランゲラクも素晴らしい反応でしたが。
押し込まれる展開が続く。うーん。
インモービレ足をかけられてファールを受ける。
ちょっと前もばらばらになってきた。ケヴィンと香川のところが合わなかったり。
59分 ムヒタリヤンドリブルで倒されるが笛はなし。
ドルトムントのCK。つないで繋いで最後はインモービレが倒されてFKを得るがこれは跳ね返される。
またも香川からソクラティスへの鬼畜なパス。偉いなソクラティス。クロスを上げたがこれは合わず。
インモービレが相手を倒してファール。リプレイ見たら色々やってるなこの人。笑
ケールが相手を倒して遠い位置からのFKを与える。
65分 ロイス→ベンダー。
守りを固めにいったか。ムヒタリヤンとグロスクロイツを前にあげて4-2-3-1かと思われます。
相手のミスを奪ったインモービレ。香川とつないで、香川のパスに再びインモービレ。シュートは枠をとらえず。
右に開いた香川、中へのパスグロスクロイツスルーした先に誰もいなかった。
73分 ザンクトパウリはクリンゲ投入。古巣との対戦。久々に見たなー。
ドルトムントはベンダー投入後しっかり守備的にやれている。攻撃の時間も減ったけども、投入前までのピンチもぐっと減った。
77分 ムヒタリヤン→ヨイッチ。
だいぶ膠着している。
80分 距離のある位置で相手のFK.これはそのまま流れる。
香川がパスに抜け出したがオフサイド。
ケールが競り合いで相手と接触しファール。これに相手選手が激怒。ケールは何回か相手削っている場面があったからか。
ケールと激怒した選手とどっちもイエローが提示される。
ソクラティスが削られて相手にイエロー。
時間が無くなってきて焦りもあるからか、ちょっと荒れてきた。
ベンダー香川とのワンツーからシュートを放つが相手DFに当たる。
86分 ソクラティスの攻め上がり、相手GKのパスミスを奪った香川真司。落ち着いて決めて3点目。
3-0
香川真司ゴール!!!!!!

ラッキーだったけども、しっかり決めました。よかったよかった。
ガッツポーズも出たし、よかったよかった。

88分 香川→ラモス
攻め込んできた相手FWとランゲラクが接触。まあさっきのよりはだいぶ大丈夫そう。
AT2分
もう全員で体を張って守ります。
ドルトムントのカウンター。ケヴィンの縦パスは飛び出したあー、今の誰だった…に合わず。
FT

3-0
33分 インモービレ(ドルトムント)
44分 ロイス(ドルトムント)
86分 香川真司(ドルトムント)

ドルトムント3回戦進出

今日はしっかり勝ったし、強いドルトムントでした。リーグ戦で当たらない相手だけに対策そこまでされてないからなのかな。
後半守備を固めるっていう戦術的にもうまくはまった試合でしたし、これを機にのっていきたい。
前線は後半はそこまで見せ場はなかったのですが、後ろは0できっちり締められた。
何より、香川真司のゴールが見られたのがとても嬉しいです。思っていたような形とは違いましたが…笑。
それでもしっかりと決めたことが大事。1G1Aという結果を自信にしてほしい。
特に攻撃面で思ったことは前半に書いたので、後半は省略。

試合後何人かの選手がユニをサポーターにプレゼントしていました。香川も然り。いいなぁ。
今日は選手もクロップもサポーターもご機嫌なようで。

次は週末のバイエルン戦。
DFB Pokal 2回戦 ボルシア・ドルトムントVSザンクトパウリ
スタメン
       ロイス     インモービレ
            香川
 グロスクロイツ       ムヒタリヤン
           ケール
ドゥルム フンメルス スポティッチ ソクラティス
          ランゲラク
香川真司スタメン!
休ませられるところは休ませて、そうでないところは無理やりにでも使ったっていうかんじのメンバー。
先日話していたロイス・ケヴィン・香川の3人の同時期用が個人的には注目ポイント。


前半
右サイドで香川が抜け出し、ロイスへのパス。ロイスもすっと抜けて中に折り返すがグロスクロイツには届かず。
ムヒタリヤンから縦に長いパス。インモービレ抜け出してオフサイドはなかったが、少し長かった。
5分 インモービレ右サイドに抜け出すと、中に香川とロイスがいたがパスは出せず。少し後ろに送ったボール、ムヒタリヤンには合わなかった。
香川またも右サイドでドリブルで仕掛ける。クロスを上げたが中にいなかった。
左サイドドゥルムがドリブル突破を試みる。
8分 左にいたロイスから香川へ完璧なパス。ワントラップしてのミドルシュートは枠を外れる。フリーで受けられた場面。GK出てきていたが、これは決めたかった。焦ったかな。
ここまではほぼドルトムントペース。
基本的には2トップで香川トップ下だと思うんだけど、インモービレが1トップ気味になって香川が右に入ったりとその辺はとても流動的。
12分 スポティッチのロングパスにロイスが飛び出したがオフサイド。
ケヴィン・香川・ロイスのパス交換。香川は狭いエリアで受けて抜け出せるのがいいね。
ロイスとドゥルムの二人で左サイドを崩していく。ドゥルムも結構テクニカルなプレーを見せてくれて面白い。
ソクラティスのドリブル突破。どこまでいくねん!PA内まで侵入すると、一旦後ろに落として、中に折り返したところシュートを放ったのはフンメルス!!あんたもどこおるねん!
DF陣上がりたい放題。こういう時の方が面白いっちゃ面白い。しっかり守ってくれれば文句はないです。
17分 ソクラティスが香川のワンツーで右に抜け出すと、折り返しをインモービレ流し込んで先制!!と思いきやインモービレのオフサイド。リプレイ見た感じは微妙でしたが、流れで見ていた時はオフかなという気はしていた。
このときのラストパスは股下ぬいていたりとみんなうまいな。
香川→ムヒタリヤン→ロイスとつないで相手を翻弄。空いたスペースにグロスクロイツ走りこんできて距離のある位置からシュートも枠を大きく外れる。
21分 ムヒタリヤンが香川とのワンツーでバイタルエリア抜け出すと、そのままシュート。これはGKがはじいてCKを得る。
右のCKは今日も香川が蹴っている様子。
ムヒタリヤンのドリブル倒されファールを受ける。これ最初香川かと思った。黒髪で小さくてちょっと紛らわしい。
スポティッチバックパスの処理で少しひやっとしたが、そこはしっかり対応。
攻めてはいるものの決定的な場面がなかなか訪れない。最後のところを固められているのもあるけど、ドルトムントの前線の決定力が問われるところ。
26分 香川頭で落としてロイス→ケヴィンのパスが奪われる。ちょこちょこケヴィンとられるな。
ケールがクリアーの際に相手選手のお腹を蹴ってしまいファール。
30分 ドルトムントのカウンター。ソクラティスのドリブル。ぐいっぐいいくねこの人。香川、ロイスが並走していたが、右斜め前に走っていたインモービレにパス。インモービレの折り返しはDFに阻まれる。
33分 ロイス→香川ワンタッチで縦にパス。これにケヴィンが抜け出し、中走りこんだ香川、。シュート気味のパスに最後はインモービレ流し込んで今度こそ先制。
1-0
香川真司アシスト!!!!

これほとんどワンタッチでつないでたんじゃないのかな。距離感も非常によかったし、ドルトムントらしい細かなパスでのゴール。いいねいいね。
注目していた3人の関係からのゴールで私はとてもうれしいです。

相手選手がPA前で倒されたが笛はなし。スポティッチとの接触だったがんー…。
インモービレ左サイドから仕掛けてのシュート。GKはじいてCK。
左のCKはロイスが蹴っている。最後はGKがキャッチ。
先制してからやや攻め込まれる場面が増えた。スポティッチがシュートにいかせない。
相手CK。ヘディングでのシュートはランゲラクが素晴らしいセーブ。どんぴしゃだったのでドキドキしました。
39分 ドルトムントのFK。右側少し遠いところから。ロイスが蹴ったが跳ね返され、香川が拾ってまたつなぐ。
右サイドムヒタリヤンがドリブルで仕掛ける。技ありのパスにロイスが抜け出し、中へのパスはDFに阻まれる。このとき手前に香川がいて、香川も反応していたが、奥のロイスの飛び出しがよかった。
ドルトムントのセットプレーが続くが追加点とはいかない。
香川右から仕掛けてロイスへ。深い位置まで侵入し、グラウンダーなパスを中央に入れると、走りこんできたドゥルムのシュートはゴールの左にそれる。ドゥルムが打つとは思っていなかった。
44分 左サイドドリブルで仕掛けたインモービレ。折り返しをロイスがそのままシュート。これがファーサイド綺麗に決まり、2点目。
2-0

AT1分。
最後の最後でザンクトパウリに左サイドを崩されてシュートを打たれるが、DF体を張って防ぐ。
2-0

なかなかいい感じの前半。
点を取るまでは今日も難しい試合になるかなと思ったのですが、しっかり追加点も奪えて上々。
今日はピッチを大きく使えているし、全員が連動して動いている感じがすごくわかる。
前線の連携もよいし、DF陣の攻撃参加も効いている様子。
守備は少し攻められる場面もありましたが、この調子で頑張っていただきたい。
香川真司もターンやワンタッチでのプレーが多く、キレがあるように見えます。アシストもしましたし。
ただ最初の決定機は決めてほしかった。ボール渡った瞬間にこれは入った!と思ったもん。
後半に期待。

最初に注目した3人で崩しきり、1点目が決まった瞬間、ちょっと一人でどや顔しました。
昨日は日産スタジアムへ。セレッソも苦しい戦いが続きます。

では、先日のハノーファー戦のハイライトなど。
Yahoo!スポーツナビより
ドルトムント 0ー1 ハノーファー: 清武のFK決勝弾でドルトムント惜敗
↑リンクからハイライト見られます。

香川真司タッチ集
いつも通り本編は00:07~


明日の夜は早くもDFBポカール。忙しいね。
ブンデスリーガ第9節 ボルシア・ドルトムントVSハノーファー96
スタメン
           ラモス
  ロイス   オーバメヤン    ムヒタリヤン
    ベンダー       ギュンドアン
ドゥルム フンメルス スポティッチ ピシュチェク
        ヴァイデンフェラー
香川真司はベンチスタート。
ハノーファー清武はスタメン。丸岡・酒井宏はベンチ外。

前半
0-0
攻めてはいるのだけど、全然精度がよくない。
決定力不足ってやつですかね。

後半
61分 清武のPA前のFK。これが左に綺麗に落ちて直接決まり、ハノーファー先制。
0-1
清武の今季初ゴールがこんなタイミングで決まってしまった…。いやー複雑。
口にしていたら本当にそうなったのでびっくりした。

67分 ギュンドアン→香川
ここからまじめにやります。香川はボランチ?というには少し前にいるけど。
ちなみに香川と清武の対決は初。セレッソでも同じピッチに立ったのは2010年セレッソVS鹿島の83分から試合終了までのわずかな時間のみ。
ハノーファーの選手が痛んでピッチの外へ。負傷交代の様子。
左サイドで香川のボールキープからCKを得る。
72分 清武が交代。対決は5分程度で終わってしまった。
CKはスポティッチが競り合うがファール。
ムヒタリヤンドリブルで仕掛けるが囲まれてしまいパスは出せず。
ピシュチェクのクロスをラモス飛び込みヘディングを放ったがわずかに左にそれる。
76分 ラモス、ドゥルム→インモービレ、ソクラティス
香川からの縦パス、ロイスがヒールで流してインモービレが抜け出したがオフサイド。
ドルトムントはピシュチェクのバックパスがかっさらわれそうになったが、ヴァイデンフェラーギリギリで飛び出した。…あわやという場面。集中しといてください。
ムヒタリヤンが低い位置で香川とロイスがその前にウイングみたいな形でいる状態。
ロイスが相手選手を倒してイエロー。今日結構イエロー出てます。(レポしてない部分で)
左サイド個人技で抜かれてクロスを入れられたが、ソクラティスがふせぐ。ハンドかとおもった。リプレイを見たらハンドでした。はい。まあ仕方なかったっていうことでスルーなのかな。
ムヒタリヤン距離のあるところからのシュートはGKがキャッチ。
ロイスとのパス交換で香川が抜け出そうとしたときに、相手選手と接触。胸を強く打ったようでバタバタしていたけれどすぐに復帰。ちょっとびっくりしたけれどたいしたことなさそうでよかった。
88分 ロイスが倒され相手選手に2枚目のイエロー。累積で退場。数的優位の展開に、といってももう残り時間があれなのですが…。
香川のパスから、大きなサイドチェンジ。ロイスが抜け出したがオフサイド。ちょっと疑惑の判定?
AT5分。びっくり。ブンデスらしからぬ。
香川ゴール前で競り合い、CKを得る。
最後はインモービレのボレーシュート。大きく枠を外れる。フリーでなのだからもう少し落ち着いてから蹴ってもよかった。
香川→ムヒタリヤン。遠い位置から自分でシュートを放つが、ゴールの左へ。
相手GK遅延行為でイエロー。
左サイド香川に出たボール、ギリギリのところの攻防でCKを得る。香川が蹴ったがなかなか攻めきれない。
FT

0-1
62分 清武弘嗣(ハノーファー)

4連敗。うーん…勝てない。CLとは全然別なチームのように思う。
2勝1分6敗 勝ち点7 得失点差-5で15位。こんな順位にいるとは思ってもみなかった。
香川投入までは決定機をがんがん作ってはいたが決めきれず、時間が経つにつれ焦りからかシュートもさらに雑になるし、クロスを入れて中で合わせるか遠い距離からのミドルかしかパターンがなく終わった前半。
そしてセットプレーから失点。そこから少しハノーファーの流れになりそうだったが、そこは香川投入もあって防いだ。
ただその後はあまり大きなチャンスも多くはなく。
集中しきれていない感じもあったり、疲れもあるのかなー。
自分たちで自分たちの首を苦しめたし、いろんなところがもうちょっとずつ足りなかった試合でした。

香川真司は今日はギュンドアンとの交代だったので、そこまで前でのプレーも多くなかった。
CLでの足が攣った影響はそこまで気にならず。一度接触で倒れた時はひやりとしましたが、すぐ復帰したしこれはたぶん大丈夫だと思います。(っていっても無理する人だからわかんないけど!)
今日もロイスとの関係からチャンスが作れていたのでそこはやはり楽しみなところ。
個人的には香川と相性の良いケヴィン・ロイスでの2列目が見てみたいのですが、どうですかねクロップさん。

連戦も続くので、切り替えて頑張ってほしいです。
次はDFBPokal ザンクトパウリ戦。
香川さん関連スケジュールです。
時間はすべて日本時間です。
赤字は試合および生中継。青字は初回放送日。一部放送のない地域があることがあります。
※香川選手の出場を保証するものではありません。また香川選手の出場しなかった試合の再放送及びダイジェストは省略しています。

訂正いたしました。ご指摘ありがとうございます。

10月
 10月25日01:00~02:50 NHK-BS1 ブンデスリーガ第8節 VS ケルン (A)
 10月25日17:00~ スカチャン3 チャンピオンズリーググループリーグD 第3節 VS ガラタサライ (A)
 10月25日22:30~ ブンデスリーガ第9節 VS ハノーファー (H) 放送はフジテレビNEXT 22:20~
 10月26日03:40~06:00 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第9節 VS ハノーファー (H)
 10月26日23:00~25:20 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第9節 VS ハノーファー (H)
 10月27日11:10~13:30 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第9節 VS ハノーファー (H)
 10月28日03:00~05:20 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第9節 VS ハノーファー (H)
 10月29日04:30~ DFBポカール2回戦 VS ザンクトパウリ (A)
 10月31日09:40~ スカチャン1 チャンピオンズリーググループリーグD 第3節 VS ガラタサライ (A)
 10月31日18:00~19:50 NHK-BS1 ブンデスリーガ第9節 VS ハノーファー (H)

11月
 11月2日02:30~ ブンデスリーガ第10節 VS バイエルン・ミュンヘン (A) 放送はフジテレビONE 02:20~
 11月2日06:30~08:50 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第10節 VS バイエルン・ミュンヘン (A)
 11月2日23:20~25:40 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第10節 VS バイエルン・ミュンヘン (A)
 11月3日21:20~23:40 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第10節 VS バイエルン・ミュンヘン (A)
 11月4日11:10~13:30 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第10節 VS バイエルン・ミュンヘン (A)
 11月5日04:45~ チャンピオンズリーググループリーグD 第4節 VS ガラタサライ (H)
 11月10日01:30~ ブンデスリーガ第11節 VS ボルシアMG (H) 放送はフジテレビONE01:20~
 11月10日03:50~06:10 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第11節 VS ボルシアMG (H)
 11月10日21:20~23:40 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第11節 VS ボルシアMG (H)
 11月12日11:10~13:30 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第11節 VS ボルシアMG (H)
 11月14日19:35~ キリンチャレンジカップ VS ホンジュラス代表 @豊田 放送はテレビ朝日系列
 11月16日11:00~13:00 テレ朝Ch.2 キリンチャレンジカップ VS ホンジュラス代表 @豊田
 11月18日19:20~ キリンチャレンジカップ VS オーストラリア代表 @長居 放送はフジテレビ系列 19:00~
 11月20日21:00~23:00 テレ朝Ch.2 キリンチャレンジカップ VS ホンジュラス代表 @豊田
 11月22日23:30~ ブンデスリーガ第12節 VS パーダーボルン (A)
 11月27日04:45~ チャンピオンズリーググループリーグD 第5節 VS アーセナル (A)
こんばんは。
いつの間にか累計70万アクセスを超えていたようで。結構前に超えていたらしいけど、触れたかどうかすら記憶にないです…。ありがとうございます。

早速本題へ。
Yahoo!スポーツナビより
スカパー!ハイライト UEFAチャンピオンズリーグ14/15グループD第3節 ガラタサライvsドルトムント
こんなのあったんですね。10月頭ごろから結構更新されているので今後はここもチェックしたいと思います。


Youtubeより
ガラタサライ戦ハイライト


香川真司タッチ集です。
本編は00:07~
後半
交代なし。香川は一応トップ下からのスタート。また入れ替わるだろうけども。
前からコース消そうと走り回る香川。
前半よりは押し込まれるな。ドルトムントが守備的に行こうってして攻撃に行かないからかもしれないけど。
ベンダーが痛む。肘というか肩というかを抑えている様子。骨折か脱臼かみたいな感じで心配。
一人少ない状態のドルトムント。
53分 相手の選手がドリブルで切れ込んでミドルシュートを放つが枠を大きく外れる。
ここまでのスタッツ見ると、ドルトムントの方が圧倒的に枠内のシュートが多い。
3点取っているドルトムントは自陣でのプレーが増える。
55分 ベンダー→ギンター
徐々にドルトムントもらしい攻撃を出しつつある。
香川から右に展開。ムヒタリヤンが仕掛けようとするが失敗。ピシュチェクが再び拾ってこぼれ球ムヒタリヤンのクロスはロイスのシュート。バーの上へ。
さらにロイスのシュートはGK正面。
なんだか前半に比べると面白くない。まあいけいけどんどんしないので仕方ない。着実に勝ちに行こうとしているのが見える。DFの怪しさが少し気になりますが。
65分 香川PA前でボールを受けると細かく切り返してから左足のシュート。これはわずかに右にそれる。ゴール欲しいんだなっていうのがすごく見える。決めてほしい。
ドルトムントのカウンター。ムヒタリヤンボールを受けるとそのまま自分でドリブルで仕掛けた。倒されてファールを受ける。相手選手にイエロー。
これすぐ近くにオーバメヤン走っていたし、さらに左右にもう1人ずついたのでそこを使っても面白かったかと。
68分 フンメルス→ギュンドアン
先ほどのプレーで得たFK。ロイスの蹴ったボールはわずかにバーの上。
ロイスのドリブル→右にいたムヒタリヤンへ。ムヒタリヤンのシュートはGK正面。
今日はロイス本当にすごく輝いている。
ガラタサライ全然攻めてこない。GLだし得点差もついているしで…うーん。(昨日のバイエルンに5点取られてから1点返したローマを思い出しました。結果7-1だったけども)
スナイデルのクロスはヴァイデンフェラーがキャッチ。
香川とロイスが左サイドでパスを回している。タイミングを見てすっと縦に入れられるし、それに呼応してくれるのはありがたい。
78分 香川足がつった様子。自ら外に出て伸ばしている。笑っていたし大したことはないと思うんですが。メディカルスタッフが走っていったので、しばらく待ちます。(私が)
ガラタサライの攻撃。右サイド切れ込んでのクロス性のシュート。
香川は遠いサイドから出てたので、ぐるっと回ってベンチ前へ戻ろうとしているが、ちょっと歩き方怪しいし、このまま交代かと。
81分 香川→ラモス。
投入直後。バイタルエリアでギュンドアンが反転し、パスを受けたラモスがゴールに突き刺しさらにリードを広げる。ギュンドアンきれきれやん。
4-0

逆に相手のカウンター。ロイスがすんでのところでクリアー。これがそのままゴールに…と思ったがそこはヴァイデンフェラーがキャッチ。
だらだらした展開がつづく。
オーバメヤン→ムヒタリヤン→オーバメヤンとつなぐが相手のクリアーでドルトムントCK。
最後こぼれ球をムヒタリヤンシュートが枠の外。
AT2分。
ギュンドアンのキープが目立つ。
ガラタサライのCKからのシュートが枠をとらえず。
試合終了。


4-0
6分 オーバメヤン(ドルトムント)
18分 オーバメヤン(ドルトムント)
41分 ロイス(ドルトムント)
82分 ラモス(ドルトムント)


快勝。CLは開幕からクリーンシートで3連勝。
3勝0敗0分 勝ち点6 得失点差+9で首位キープ。
リーグ戦に比べて対策がされていないのか、やりたい放題やれているなという印象。今日は特に前半で早々と試合を決めていたので、後半はしっかりと守るというのをやり遂げられた。(正直普段のリーグ戦を見ていると0で抑えられるのか不安だったのですが、良かった。)
何より今日はロイスがよかった。チャンスメークもするし、自分でも決めたし。帰ってきてくれてよかった。香川とのコンビネーションもよさげ。かつてゲッツェとやっていたようなワンツーが何度か見られた。これは試合を重ねるにつれてよりよくなりそう。
オーバメヤンもしっかり結果を出したし、途中から出たギュンドアンも今日もよかったので、この調子をリーグ戦にうまくつなげたい。
香川はゲームメイカーとしてはよかったし、前からボールおっていたりキープしたりとよく動いていたが、今日はロイスの陰に隠れていた。そして何より自分のゴールが欲しかった。本当にこれに尽きる。
途中で交代したのが気になりますが、まだよくわからないので、詳細を待ちます。歩けていたのでつっただけなら良いのだが…。

次は土曜日ハノーファー戦。清武、酒井宏樹との対決。
しばらく連戦が続きます。まずはコンディションをしっかり持っていって、試合に臨んでほしいです。
UEFAチャンピオンズリーグ グループD 第3戦
スタメン
           オーバメヤン
    ロイス      香川      ムヒタリヤン
       ケール        ベンダー
ソクラティス フンメルス スポティッチ ピシュチェク
         ヴァイデンフェラー
われらが香川真司はスタメンです。
SBソクラティスが気になるところですが、クロップの選択を信じます。
だいぶ後ろの方は戻ってきたなという印象の面々。

ガラタサライのスタジアムもものすごく雰囲気がある。Signal Iduna Parkに引けを取らないです。
前半
クロップがスーツ着てる!さすがにCLのアウェイだけある。
ソクラティスのスローインから、ボランチ→香川とつないで仕掛けるが香川はなんか転んだ。なんだった。
中盤後ろからのボールをトラップし、ドリブルしてふわっと浮かせて前にいたロイスへ。ロイスはシュートは打てず。
香川がボールを奪い、ロイス、ムヒタリヤンとのワンツーで仕掛ける。
6分 ムヒタリヤンからの縦のパスに、左サイドロイスが抜け出すと、ファーサイドオーバメヤンに折り返しのパス。これをオーバメヤンがワンタッチで押し込みドルトムント先制。
1-0
早い時間の先制。綺麗なゴール。

左サイドでオーバメヤン、香川と二人で回してオーバメヤンから逆サイドにクロスが上がるがムヒタリヤンは気づいていなかった。
香川によくボールが渡る。ポゼッションはドルトムントが握っているが、ガラタサライのFWが一本で抜け出す感じでいやらしい。裏を狙われている。
11分 ムヒタリヤンがドリブルで仕掛けて、香川が右サイド大きく外を回ったが、相手DFにボールを奪われた。
でも高い位置で取り返せているのはいい傾向。やはりCLの方がはまるのかな。
香川はロイス、ケールとパスを回してなかなか奪われない。いいよいいよ。倒されたがファールはなし。
16分 相手の右サイドの選手がドリブルをすごい仕掛けてくる。速いし、そこからクロスを入れてくるので怖い。
右サイドまたもムヒタリヤンとピシュチェクとのワンツー。ピシュチェクオーバーラップから、クロスを入れたところにどんぴしゃフリーのオーバメヤンが押し込みこの日2点目。
2-0
香川はファーサイドに待機しておりました!のでこぼれていたら打てたね。
いいぞいいぞ。アウェイでいいぞ。

その後もドルトムントの攻撃が続く。
カウンター気味の攻撃。中央ロイスがドリブルで仕掛けると、両サイド並走していたが、右にいた香川へ。香川のシュートはGK正面。ここは決めてほしかった。ちょっと倒れこみながらのシュートだったんだけど、んー。決めて!
25分 スナイデルがエリア内で倒れたがシミュレーションの判定。イエロー。一瞬PKかと思って焦った。さすがにないだろーと思った。
CKから低いボールが入ったがシュートは枠の外。
相手のFWがパスに抜け出してゴール前に迫られたが、スポティッチが足を延ばして何とか防ぐ。スポティッチの足が長くて助かったが、あっさり抜け出されるのは少し怖い。
31分 上がっていたソクラティスの浮き球のパスにムヒタリヤンが抜け出して右への折り返しにまたもオーバメヤン。シュートはポストに阻まれる。これは入ったと思った。
香川が高い位置でボールを奪ったがスポティッチとかぶる。また香川が抜け出しキープしてCKを得た。
ガラタサライがボールを回す。
37分 香川とロイスはタイミングによって入れ替わっている様子。どうりで香川のいる左からの攻撃が多くなったよ。
ドルトムントのカウンター。オーバメヤン→ムヒタリヤン→オーバメヤンとつないで、オーバメヤン抜け出す。ファーサイド香川も並走していたが、中にいたロイスに折り返し。これは相手DFがクリアー。
香川右サイドのCKも蹴ってる。左はさっきは蹴っていたけど、今はロイスだった。
ドルトムントの攻撃が続く。オーバメヤンドリブルから右に開いていた香川。ロイスへのパスは読まれていた。
41分 ロイスが中盤で香川からボールを受けると遠い位置からのシュート。これが決まって早くも3点目。
3-0
思わず叫んだ。スーパーゴール。
FKみたいな感じの落ち方。フリーにしたらやりますよっていうことだね。すごいね。

その後もドルトムントが終始ペースを握る。ガラタサライの攻撃も少しあるが大きな決定機はない。
ムヒタリヤンがドリブルから自らシュート。どこまで入っていくのと思っていたら打ちました。
AT2分。
そのまま終了。
3-0


びっくりするぐらい結果的にいい流れ。
ドルトムントも特に立ち上がりなんかはミスもあったのですが、きっちりとチャンスを決めて行った。
ただチャンスだけで言えばあと2~3点入っていてもよかったし、香川のあれは決めてほしかったです。
守備も裏に抜け出されるのは何度か気になったが、それ以上は大きなピンチもなく出来ているのはいいのでこのまま続けていきたい。
香川真司はいつも通りというか、落ち着いてやれているし、ロイスや前線の選手との関係はとてもよい。あとはゴールが見たいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。