上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香川さんオフィシャルサイトが更新されました。
有料会員限定ページのみですが、念のため。

Wallpaper
Calender

今回もオフショット風のと試合後のと。
個人的には試合後のやつの方が格好いいです。


それと、少しだけお知らせ。
明日からしばらくドイツに行ってきます。
ご想像の通り、ドルトムントです。2年ぶり3回目。笑
ダービーを見てきます。
香川さんの体調が心配なところではありますが…。
その間しばらくブログの更新はストップします。TwitterはWi-fi環境下ではできるかもしれませんがわかりかねます。
では、行ってまいります。
スポンサーサイト
シュツットガルト戦の映像です。

シュツットガルト戦ハイライト
香川が2アシストでドルトムントの今季初3連勝に貢献…酒井高はフル出場



香川真司タッチ集

UEFA Champions league Round16 1st leg ボルシア・ドルトムントVSユベントス
スタメン
              インモービレ
      ロイス    ムヒタリヤン   オーバメヤン
        シャヒン       ギュンドアン
シュメルツァー フンメルス ソクラティス ピシュチェク
            ヴァイデンフェラー
香川真司はベンチスタート。戦術的な面か、週末のダービーに向けてか。

交代
32分 ピシュチェク→ギンター
46分 ソクラティス→キルヒ
76分 インモービレ→クーバ

1-2
13分 テベス(ユベントス)
18分 ロイス(ドルトムント)
42分 モラタ(ユベントス)

怪我人が出たこともあるけど、少し守備が不安定に感じました。
攻撃はカウンター主体でやっていたのはよかったが、後半は人数かけきれなかった。っていっても失点させないためにも無理しなかったのかもしれないけども。
とはいえ、アウェーでゴールを上げられたので、次ホームで0で抑えつつ勝利すれば上がれる可能性は大いにあると思います。
まずは週末ダービーで勝ってうまく勢いづけていきたい。
香川さんもそっちに集中ですかね。
後半
カンプル→ムヒタリヤン。
悪くはなかったけど、少し動きがかぶってたのと、CLもあるから休ませたかったのかな。
開始早々ゴール前迫ったがオフサイド。
スポティッチからのロングボール。オーバメヤン落として並走していたムヒタリヤン抜け出しきれなかったがCK。CKはスポティッチヘディングもGKキャッチ。
50分くらいから少し押し込まれる時間帯。
53分 ロイスがボールを受け、香川が追い越す動き。ロイス→オーバメヤン→左に開いた香川へ。香川抜け出してシュートを放つがGK正面。んー…。ニアぶちぬくか、ファーに流してほしかった。
シュツットガルトはライトナー投入。
移籍してたの知らなかったです。相変わらずイケメン。
58分 ロイスのパスにオーバメヤン抜け出したがGKの方が一歩速かった。
今日も高い位置でのボール奪取うまくいっている様子。少なくともボランチのところで奪えているからすぐに前に送れる。
左サイド、ピシュチェク→ロイス→香川→ロイス。ロイス倒れたが笛はなし。香川強引に行ってもよかったけどね。
62分 中盤から裏にボールを通されたが、相手のクロスが流れて事なきを得た。シュツットガルトは噛み合ってないのかな。ちょっとヒヤッとする場面でした。足元へ短めのパスや自分で行かれていたら危なかった。
ドルトムントのCK。ムヒタリヤンからロイスのパスは流れた。
ムヒタリヤン入れてから安定はしたけども、ちょっと勢いがないというか。停滞している感じ。
わるくはないんですけどね。バランスよくなった結果、安定しちゃった。変な日本語ですね。
67分 左からロイスと香川のワンツーで崩そうとしたがオフサイド。
69分 香川→クーバ。CL見越してか。お疲れ様。
シュツットガルトぐいぐいくる。
香川変えた後の失点はやめよう。高徳のシュートはDFに当たり大きく枠を外れた。
しばらくシュツットガルトの攻撃がつづく。あんまりシュートまでは行かせないですが。
ピシュチェク相手選手を思いっきり倒してイエロー。
77分 CKからドルトムントも追加点を狙う。がシュートは打てない。
80分 ドルトムントのカウンター。ムヒタリヤンドリブルで3vs2の形に。ロイス→オーバメヤンも、ロイスのところでオフサイド。これは決めなきゃいけなかった。オーバメヤンも怒ってた。
ギュンドアンファールを受け相手選手にイエロー。
そして観客乱入。シャヒンと握手して去っていった。
89分 ロイスが相手のパスをカットしそのまま1対1に。冷静に決める。
3-1
この間までのドルトムントを見ているような、前線は噛み合わないわ、後ろはミスから失点するわ…もう本人たちも凹んでしまってっていう感じのシュツットガルト。明けない夜はない。が、今日は我慢して。
あとはドルトムントはこの布陣になってからプレスかけて相手のミスさそってのゴールが増えた。年明けてから3点くらい見てる。

AT3分。
91分 CKからヘディング押し込まれ失点を喫する。
3-2
おいおい。

ちょっと前線焦ってまた点取りに行こうとしているけども、ここは守り切りたい。
相手のFWにロングパス通されるがヴァイデンフェラーがしっかりキャッチ。
FT

3-2
25分 オーバメヤン(ドルトムント)
32分 クライン(シュツットガルト)
39分 ギュンドアン(ドルトムント)
89分 ロイス(ドルトムント)

91分 ニーダーマイアー(シュツットガルト)

3連勝!いい流れだ。
今日は追いつかれても勝てる気しかしなかった。相手が不調ということもあるけども、こちらが跳ね返せるっていうのをすごく感じた。
ちょっとセットプレーでの最後の失点は頂けなかったですが。
前半については先ほど述べたので後半について触れると、繰り返しになりますがムヒタリヤン入れてから攻撃のスピードがなかったというか、勢いが感じられなかった。むしろシャヒンをひとつ前にしてムヒタリヤンボランチでもよかったような。
前半に比べるとだらだらっとした後半でした。ボールキープできていたこともあってかな。
香川真司はあの決定機は決めたかった。そこが決まるようになれば、またゴール量産体制となるような気もします。
あえてダービーにとっておいているのかもしれないな…シャルケサポーターからしたら怖い存在だろう。ふふふ。
香川も前半に比べるとあまり持ち味を出し切れなかった印象の後半でした。

チームとしては本当に復調した。香川もスタメンに復帰したといっていいですし、いい流れですね。
このあとCLユベントス戦、ダービーと続くのでこのままの勢いで行ってほしいです♪
ブンデスリーガ第22節 ボルシア・ドルトムントVSシュツットガルト

スタメン
             オーバメヤン
     ロイス       香川      カンプル
        シャヒン       ギュンドアン
シュメルツァー ソクラティス スポティッチ ピシュチェク
            ヴァイデンフェラー
香川真司はスタメン。シュツットガルトの酒井高徳もスタメンです。

前半
開始直後はシュツットガルトが大きくボールを回す。
オーバメヤンスライディングでボールを奪いに行ったが少し危険なプレーで怒られる。
シュツットガルトに裏を狙われたが落ち着いた対応。
カンプル頭で流して香川なんとかつなぎ、ロイス→香川→ロイスっていう流れは面白かった。好みの問題か。
8分 香川競り合いで相手を倒してイエロー。今季2枚目。
ドルトムント右サイドでボールを奪ったオーバメヤン、一気にゴール前へ。パスを受けたカンプルのシュートはGKはじく。
13分 ギュンドアン倒されて得たFK。シャヒン頭で合わせCKに。そのCKもスポティッチヘディング。これはGKキャッチ。
右サイド香川のドリブル→倒されたがこぼれ球ギュンドアンのミドルシュート→こぼれ球オーバメヤン決めた。かに見えたがオフサイド。
逆にシュツットガルトもサイドからのクロスに中央で頭で合わせたがこれは枠の上だった。この選手デカいな。
今日も相変わらずオーバメヤンは右に流れたがる。ので、香川は様子見ながら動き回る。
ロイス・カンプルも左右を入れ替わったりと前は流動的にやってる様子。
20分 シュツットガルト大きなパス回しから、左サイド裏を抜け出されかけたがヴァイデンフェラー飛び出して対応。結局オフサイドだった。
25分 左からボールを受けたロイス。細かなドリブルで中央上がっていくと、倒されたがこぼれ球香川がつないで最後はオーバメヤン。
1-0
香川真司アシスト!!

この布陣になってからのオーバメヤンの得点率も素晴らしい。もともと嗅覚が凄い選手だったのが、うまくかみ合ったってことですかね。

29分 スポティッチからのロングボールにオーバメヤン反応したがオフサイド。イケイケのオーバメヤン。
その直後、シュツットガルトのCK。ゴール前でシャヒンの足に相手の選手が引っかかりPKを与えてしまう。…これ正直どうなの?と思ったんですが。うーん。
きっちり決められて同点にされる。
1-1
いまのBVBなら全然まきかえせると思いますが。

ドルトムントカウンター。香川ワンタッチでつなぎ右へ展開。ピシュチェク→香川→いったん後ろヘ下げて、前へ送ったボールオーバメヤンループシュートを狙ったが少し上だった。
37分 ロイス倒されて右からのFK。シャヒン直接狙ったが少しずれた。
40分 香川PA内、中央から右に斜めに走りこんでボールを受けるとヒールで落として、走りこんできたギュンドアン冷静に流し込みドルトムント再びリードを広げる。
2-1
香川真司2アシスト目!!


シュツットガルトのセットプレー。競り合いでヴァイデンフェラー少し倒れたがすぐ復帰。ちょっと焦った。
ATなし。
HT。
2-1

PKでの失点は悔やまれますがここまでは上々の出来。
後ろも安定しているし、やはり前線は面白い。試合重ねるにつれてどんどん良くなっている。
オーバメヤンがすごく活きている。
そして香川は2アシスト。キレキレです。はい。調子がいいのがよくわかる。
後半も楽しみ。この調子でどんどん行きましょう。
言ったかどうだか忘れましたが、先日無事に修論発表をおえました。
多少手直しして最終提出がありますが、6年間の大学および大学院での生活の一番のやまをなんとか越えました。
一応報告まで。

そんなことはいいとして、本題へ。
香川真司オフィシャルサイトの会員限定ページが更新されております。

Hot News
香川真司:シュート3本で勝利

マインツ戦の簡単なレポートです。

Blog
香川真司よりファンの皆さんへ向けてのメッセージ

久々の動画メッセージ。
アジアカップの話、今のBVBの話、今後への意気込み。
そして初めて家の中を公開?生活感なさすぎて、自宅かどうかはわからないですが。なにせ物がない。(片付けは苦手と言っていた記憶が。家政婦さんのおかげですかね)
インテリアが何気におしゃれ。ライト全部おしゃれすぎんよ。…そんなとこばかり見てました。
あと、室内とはいえ、7分袖のTシャツに半ズボンって。
などと突っ込みどころの多すぎる映像でした。


そして、別件ですが、スカパー!のチャンピオンズリーグのページに特別映像が公開されています。
スカパー!海外サッカー UEFAチャンピオンズリーグ
↑のリンクから、ラウンド18の各試合の見所をまとめた特別映像が見られます。
10分を超える映像でしたが、ドルトムントは香川真司の加入の話があって嬉しかったです。
来週の試合が楽しみ。

…今朝は寝過ごしてどちらの試合も見逃しました。ええ。
香川さん関連スケジュールです。
時間はすべて日本時間です。
赤字は試合および生中継。青字は初回放送日。一部放送のない地域があることがあります。
※香川選手の出場を保証するものではありません。また香川選手の出場しなかった試合の再放送及びダイジェストは省略しています。


2月
 2月18日09:00~10:50 NHK-BS1 ブンデスリーガ第21節 VS マインツ (H)
 2月21日04:30~ ブンデスリーガ第22節 VS シュツットガルト (A) 放送はフジテレビNEXT 04:20~
 2月22日23:20~25:40 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第22節 VS シュツットガルト (A)
 2月23日11:00~13:20 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第22節 VS シュツットガルト (A)
 2月24日03:00~05:20 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第22節 VS シュツットガルト (A)
 2月25日04:45~ UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A) 放送はスカチャン0 04:00~
 2月25日09:00~ スカチャン0 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 2月25日22:15~ スカチャン1 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 2月26日23:10~ スカチャン0 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 2月28日12:00~ スカチャン3 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 2月28日23:30~ ブンデスリーガ第23節 VS シャルケ (H) 放送はフジテレビNEXT 23:20~

3月
 3月1日05:00~ スカチャン2 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 3月1日07:00~09:20 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第23節 VS シャルケ (H)
 3月2日11:00~13:20 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第23節 VS シャルケ (H)
 3月3日00:00~ スカチャン2 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 3月3日01:00~02:50 NHK-BS1 ブンデスリーガ第23節 VS シャルケ (H)
 3月3日03:00~05:20 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第23節 VS シャルケ (H)
 3月3日09:00~10:50 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第23節 VS シャルケ (H)
 3月3日15:00~ スカチャン0 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 3月4日03:00~05:20 フジテレビONE ブンデスリーガ第23節 VS シャルケ (H)
 3月4日18:00~ スカチャン1 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 3月5日00:00~ スカチャン2 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 3月5日14:30~ スカチャン0 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 3月6日08:00~ スカチャン1 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 3月6日22:00~ スカチャン1 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 3月7日23:30~ ブンデスリーガ第24節 VS ハンブルガーSV (A) 放送はフジテレビNEXT 23:20~
 3月8日07:00~09:20 フジテレビNEXT ブンデスリーガ第24節 VS ハンブルガーSV (A)
 3月9日12:00~ スカチャン3 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 3月10日15:00~ スカチャン3 UEFAチャンピオンズリーグベスト16 1st leg VS ユベントス (A)
 3月15日02:30~ ブンデスリーガ第25節 VS ケルン (H)
 3月19日04:45~ UEFAチャンピオンズリーグベスト16 2nd leg VS ユベントス (H)
 3月21日23:30~ ブンデスリーガ第26節 VS ハノーファー (A)
 3月27日19:30~ キリンチャレンジカップ2015 VS チュニジア代表 @大分 放送はTBS系列
 3月31日19:25~ キリンチャレンジカップ2015 VS ウズベキスタン代表 @東京 放送は日本テレビ系列
どのスポーツニュース見てもうれしいことしかやらない♪
たのしい。

では昨日の試合の映像です。
スポーツナビ
香川&岡崎ともに先発…“シンジ・ダービー”はドルトが4発で制す


マインツ戦ハイライト


香川真司タッチ集
後半
マインツサポのたいた発煙筒がやばい。
シャヒン、シュメが次々に倒される。相手DFにイエロー。
48分 PAすぐ横からのFK。ロイス直接狙ったがGK正面。
エリア内侵入した香川、右からグラウンダーなクロス、ロイスを狙ったが相手DFの足が伸びてきた。惜しい。
このCK、スポティッチが頭で合わせて左隅に叩き込み、ドルトムント同点に追いつく。
1-1

シャヒンが上に乗っかられる形でファールを受ける。何回か繰り返しなのか、シャヒン主審に切に訴える。
55分 ソクラティスからのパス、カンプル前を向いてロイスにつなぐと、ここでロイスと中央オーバメヤン抜け出す。ロイスはGKを冷静にかわして無人のゴールにシュート!一気に逆転。
2-1
素晴らしい。私としても言った通りの展開でうれしい。

が、その直後…。岡崎倒れたあと主審流してマインツボール、ドルトムントのすきをついてミドルシュートを決められる。
2-2
あっという間だよ。もうわけわからん。
殴り合い上等みたいなサッカーは昔のセレッソ見ているんで慣れてますけど、あっさりとられすぎ。
もう一度ここから立て直して追加点狙いましょう。

岡崎とソクラティスのマッチアップ。ここちょっと怖いっちゃ怖い。
63分 香川の浮き球パスにオーバメヤン抜け出し、オーバーヘッドを狙うが空振り。
ロイス→カンプル→香川と狭いところでつなぐ。香川倒されたが特に増えはなし。ちょっとジャッジに不満げなクロップ。
焦らないでいいので落ち土江さっきまでのような攻撃を狙ってほしい。
ドルトムントのカウンター。ロイスドリブルで上がるとそのままエリア内へ。しかしシュートは打てない。
67分 オーバメヤンの落としに走りこんできた香川のシュート。は、枠の右へそれた。
シャヒンからのパスにロイス抜け出すもオフサイド。
70分 カンプル→ムヒタリヤン
とその直後、シュメ→ロイスとつないで、ロイスからの長いボール。オーバメヤン抜け出して、左からシュート。ぎりっぎりで決まり再びリード!
3-2
ガンガン入る試合。これ生で見たら楽しそうだ。

マインツもゴール前攻め込んだがそこは打たせない。
ギュンドアン距離のある位置からシュートを狙うが枠をとらえなかった。
右サイドムヒタリヤンの折り返し誰もいないところ香川走りこんだがぎりぎり追いつけなかった。
77分 香川PA左でボールキープすると、倒されFKを得る。
香川→ギンター
78分 先ほどのFKオーバメヤンが直接狙うと、GKパンチング。こぼれたところシャヒンが飛び込んで右にシュート。きっちりと押し込んでさらにリードを広げる。
4-2
これこの試合楽しいなー。

81分 ドルトムントのFK。遠い位置からオーバメヤン狙うが枠を外れる。
ドルトムントはオーバメヤンに行って来いって感じのカウンター。1人で粘ってシュートは打てず、走りこんできたムヒタリヤンへのパスはカットされた。これちょっと手前で余裕がありすぎたか。
84分 ロイス→ラモス
マインツもなんとか差を縮めようとするが、ヴァイデンフェラーがうまく飛び出して対応。
90分 オーバメヤンがスピードを生かしてまた1人で頑張るが、シュートまでは行けなかった。オーバメヤンここ数試合本当にすごい活躍。
AT2分。
FT。

4-2
1分 ソト(マインツ)
49分 スポティッチ(ドルトムント)
55分 ロイス(ドルトムント)

57分 マリ(マインツ)
71分 オーバメヤン(ドルトムント)
78分 シャヒン(ドルトムント)


いやあ、殴り合い上等のサッカー。楽しくて仕方ない私です。
一時追いつかれたときはどうなるかと思いましたが、そこでしっかりとまたリードを広げる力がこのチームに戻ってきたというのはうれしいこと。
しっかり自分たちで自分たちのペースを取り戻せるようになったし、いい流れが来ていると思います。
とくにオーバメヤンとロイスの活躍は目覚ましいものです。
オーバメヤンはそのスピードを生かして裏に抜けることもできるし、キープして周りを使うこともできるようになった。
ロイスはうまいこと味方の出したいところに顔を出してパスを供給していた。とくにオーバメヤンへのスルーパスはたまらない。
香川真司も今日はよくチャンスを作り出していた。自ら狙う場面も試合ごとに増えている気がします。
キレはあるけど、さらにやれるかなーと思ってしまうのも事実。1点取って香川自身もこの流れに乗りたいですね。
いやあ、楽しかった。
ブンデスリーガ第23節 ボルシア・ドルトムントVSマインツ
スタメン
             オーバメヤン
     ロイス      香川      カンプル
       ギュンドアン       シャヒン
シュメルツァー ソクラティス スポティッチ ピシュチェク
            ヴァイデンフェラー
われらが香川真司はスタメン。マインツ岡崎慎司もスタメンです。

ヴァイデンフェラー、コイントスを忘れる。
副審が私のお気に入りの人ではないか。10~12年にはよく見かけたのに、今期は見かけなかったので心配していたのです。

前半
……岡崎の裏抜けを許すと、ヴァイデンフェラーが飛び出してきて、一度ははじき返すがこぼれ球浮いたボールを前に送られるとこれがそのまま入って、開始50数秒で失点……。おい!!
0-1

が、その直後ドルトムントの攻撃、右手前ロイスが抜け出すといきなりシュートを放つが、これはクロスバーに嫌われる。こぼれ球香川のもとへ、トラップして少し左に流れたが自ら拾ってシュート。GK正面でパンチング。
流れはいいぞ。どんどんいこう。
開始2分ほどでワーッとなったわ。
7分 ドルトムントのカウンター。ボールを持ったロイス、並走する香川。少し前にいたオーバメヤンにパスをだすと、ぎりぎりで抜け出してGKと1対1も間合いを詰められる。
直後のCK、シャヒンのヘディングもGKキャッチ。
逆にマインツは岡崎が抜け出したかに見えたがオフサイド。
ドルトムントもカンプルとロイスとのパスワークで裏を狙ったがオフサイド。
なぜ茶髪にした岡崎。
11分 ギュンドアン、左ロイスへのピンポイントなロングパスを送るが、相手に読まれていた。またこの時に相手選手とギュンドアン接触。相手ちょっと痛む。
後ろからのボールにピシュチェクが反応するもシュートは威力がなかった。
14分 ドルトムントカウンター。ギュンドアンドリブルで、前の選手走り出す。香川ちょっとボール受けたがっていたが、そこは信じて走れ。ギュンドアンなかなか出しどころなく、自分でシュートを打ったが相手DFに当たる。と、このボール左のソトに出されると、ワンタッチでピンポイントに岡崎を狙ったボール。すんでのところでソクラティスがスライディングで防ぐ。先制点とった選手なのだが、一気に決定的な場面に持ち込めるパスを持っていてすごく怖い。あとは岡崎も体張れるしすごく嫌だ。
19分 岡崎がシャヒンを倒してゴール正面遠い位置からのFK。シュメルツァーボールを送ったが跳ね返され、あわやカウンター…カンプルが落ち着いた対応。マインツカウンター怖い。
ギュンドアン→ロイス→ギュンドアンで左からのライナー性のクロス香川ヘディング狙ったが高さが足りぬ。直後再び香川へのボール、抜け出そうとしたところ相手がはやかったがCKを得た。
今日は互いにパスのスピードが速くてずっとドキドキする。
24分 ドルトムント左のCKは相手GKが直接キャッチ。
相手の14番がサイドからミドルを狙うが枠をとらえない。
ミスをすると互いに一気に来られるから、ハラハラする展開が続く。素早いパスでつなぎ、最後のところを入れさせるかどうかの勝負。
30分 ドルトムントのカウンター。ロイスのスルーパスにオーバメヤン抜け出すと(この形よく見るね、いいね。)、相手1人ついてきていたがPA内オーバメヤン倒れたがノーファール。もらいに行ったというか、これはシミュっぽかった。1人で行くのは大変だと思うけど、そこは粘りを見せてほしかったです。
さらに、バイタルエリア、香川右の深い位置でボールキープ。からの折り返しにロイスだいれくとでシュートを狙うが、大きく枠を外れた。
33分 左サイド岡崎と競り合うソクラティス、陰湿なファール。思い切り相手をつかんで引き倒していた。もうちょっとやりようがあるだろう。
シュメとロイスのパスワークで左から切り崩そうとするがパスがあとちょっとのとこで合わない。
37分 マインツの右サイド、ドリブルで一気に抜け出されるが、シュートは枠の左にずれる。ふぅ。
シュメルツァーの左からのクロス、ロイス飛び込んだがGKのほうが一歩速かった。
ピシュチェクを起点に香川ロイスカンプルとでぱすをつないで、チャンスを狙ったがオフサイド。いい形は作れてはいるんですが。
ドルトムントの攻撃の時に、香川が並走して横でもらおうとするんだが、もう少し信じて前に走ってそこで受けてほしい。味方の出したい向きと少し合っていない気が。前に1人いるときは横でもらってもよいけれど、誰もいなければ斜め前で受けてほしいな。
42分 シュメが左の高い位置で倒されてドルトムントのFK。直接狙ったがこれは跳ね返され、こぼれ球香川のボレーシュートは惜しくもサイドネット。これ一瞬入ったかと思った。こんなボレー久々に見ましたよ香川さん。いいじゃないっすか!
バイタルエリアで、カンプル→香川へのパス。香川相手の間で受けて反転して…を狙ったが、相手に読まれていた。これ抜けられたらビッグチャンスだった。
45分 カンプルのミドルシュートは枠の右にそれた。にしても、ロイスはパスを受ける位置がうまい。というか、出したいところに来てくれる。なのでよくボールに絡む。特に今日は絡みまくり。
AT1分。
1-0

開始早々の失点はどうかと思いましたが…その後はお互いに早いパスでゴールを狙う展開でとても面白い。テンポが良い試合。
時間がたつにつれてドルトムントのチャンスのほうが多くなってきたし、このままこの調子で続けてほしい。
ただ、マインツは一本のパスで一気にいかれるので、そこだけ気を付けたい。カウンター怖い。岡崎怖い。
守備がしっかり集中して残り守り切れれば、全然取り返せる展開だと思います。
香川真司は惜しいシーンが多かった。もう少し、というところか。後半に期待。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。