上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半
ドルトムントは交代なし。
いきなり香川とムヒタリヤンとでチャンスを作った。
香川→右に開いてギンターのクロス。オバメヤン相手DFに引っ張られて倒されたように見えたが笛はなし。
50分 ヴァイグル自陣からの縦パスに、オーバメヤンが走りながら抜け出して一気にゴール前へ。1対1の状況を作ったが、GKの素晴らしい飛び出し。
逆にカンプルのドリブルからゴール前チチャリートにボールが渡ると、GKと1対1にされる。ビュルキ飛び出してフンメルスと挟み込み、チチャを倒してしまうがファールなし。これはやられたと思ったし、PK取られるかと思った。
53分 香川からのまたもスルーパスにオーバメヤン反応。最後はシュメルツァー倒されてドルトムントのFK。
ギュンドアン蹴ったボールはパパドプーロス(いつの間にいたんや)にはじかれる。
58分 右からの展開。中でギュンドアン→ムヒタリヤンとつないで、香川バイタルエリアで半身で受けるとそのまま素早くシュート。
相手に押され体勢を少し崩しつつだったが、しっかりと右に決めてドルトムント2点目。
2-0
香川真司ゴール!!!!!!!

きたあああああああああああ
すばらしい。拍手した。
香川についていたパパドプーロスの悔しげな表情。関係ないけどパパスタソプーロスとパパドプーロスがいてわかりにくい。

60分 ソクラティスが相手選手を倒し、PA目前でFKを与える。イエローも貰う。これPKかと思ったのでちょっと焦った。
FKはビュルキがしっかりとキャッチ。
63分 ホフマン→ヤヌザイ。
これで香川ヤヌザイチチャが揃い踏み。
相手の38番がドリブルで次々と選手をなぎ倒していく。恐ろしい。
ヤヌザイドリブル突破でパパドプーロスに倒されファール。パパドプーロスにイエロー。パパドプーロス面白い。
ドルトムントの波状攻撃。最後はギンターがドリブル中にPA内で倒されPKを得る。
73分 キッカーはオバメヤン。きっちりと決め3点目。
3-0
安定感。

75分 レバークーゼンの攻撃。前にいた選手触ってたらオフだったのでスルーして後ろから上がってきた選手が受けると、ビュルキしっかりと飛び出して処理。
逆にドルトムントもオーバメヤン右の深い位置まで入ってグラウンダーなクロス。滑り込みながらヤヌザイのシュートは枠をわずかに外れる。おいいいいい。
香川ヤヌザイのやや後ろにいて悔しがる。
さらにその直後、またもエリア内でパスを受けた香川。シュートはGKと枠に嫌われた。おしい。
80分 ムヒタリヤン→ラモス。
ラモス足が長い。足が速い。
右からのクロス、前3人いたがラモススルーして奥のシュメルツァーへ。クロスを受けたラモスなかなかボールが出せない。うーん。
香川一つ下がった位置からの前へのふわりとしたパス。ヤヌザイには合わず。
85分 ギュンドアンのミドルシュート。GKはじいてこぼれ球オバメヤン拾ってシュメルツァーのシュートは枠外。
86分 オバメヤン→カストロ
香川真司はフル出場。ELがハーフだったので予定通り。
カストロのシュートは枠に嫌われた。
AT2分。
FT

3-0
19分 ホフマン(ドルトムント)
58分 香川真司(ドルトムント)
74分 オーバメヤン(ドルトムント)(PK)

危なげなく勝利。素晴らしい。
レバークーゼンに3-0は予想以上の出来です。ふふふー。
きっちりと決めるところで決めたし、何より後ろが0で終えたのがよかった。
ビュルキ中心にきっちりと守り切った。
香川真司は1G1Aの活躍。全体として動きもよかったし、スルーパスで攻撃のスイッチを何度も入れた。
ゴールの場面も、5人に囲まれつつも半身で受けたことで落ち着いて素早く前を向けたことがゴールに繋がった。
今季に入ってからのゴール前での落着きは本当に素晴らしい。
メンタルも安定しているようでこっちも安心してみられる。

個人的な話になるけど、今日はセレッソも首位大宮に勝利したし、
香川真司もゴールを決めるし、素晴らしい週末です。
そして明日も休みだなんて幸せだー。
スポンサーサイト
ブンデスリーガ第5節 ボルシア・ドルトムントVSレバークーゼン
スタメン
             オーバメヤン
   ムヒタリヤン    香川      ホフマン
       ヴァイグル    ギュンドアン
シュメルツァー フンメルス ソクラティス ギンター
              ビュルキ
香川真司は今日もスタメン。
チチャもカンプルもスタメンとはね。移籍してたの最近知ったよね。

別件ですがELは寝過ごしたので後日確認します。
そして、今日は久々関東アウェイ大宮戦@熊谷行ってきました。嬉しい勝利でした。

前半
今日もドルトムントはパススピードが速い。
5分 香川にボールが入ると一気にスイッチ。中央オバメヤンにグラウンダーなパスを入れると、オバメヤンワンタッチでつないでムヒタリヤンのミドルシュート。枠をとらえず。
父曰く、ギンターとベンダーは顔が似ている。わからんではない。
9分 ムヒタリヤン→オーバーラップしていたギンターへ。折り返しにホフマントラップのところ狙われていてシュートまではいけない。
やっぱりドルトムントのSBはどんどん上がってきますね。
13分 ムヒタリヤン相手の股を抜いてからのシュートはGKにはじかれた。
その直後、ドルトムントの速いパス回しから、PA内右からのボールを受けた香川、落として最後はギュンドアン。しかしこのシュートは枠の左に。
これ香川前向いて打ってほしかった。
香川→ギュンドアン→ホフマンはオフサイドかと思ってちょっと焦ったか。シュートを2本打ったけども相手に直撃。
逆にレバークーゼンのカウンターからひやりとしたが、ビュルキが飛び出して対応。
18分 レバークーゼンのセットプレーから、今度はドルトムントのカウンター。香川真司のロングパスに抜け出したホフマン。相手GK飛び出してきていたが、いなして躱すと、無人のゴールに流し込みドルトムント先制。
1-0
香川真司アシスト!!!

視野の広さを見せつけましたね。

レバークーゼンもチチャリートが飛び出してきたが、フンメルスとビュルキとで対応。
香川左サイドで足もとの技術を見せたプレー。動きにキレがありますね。ふふふ。
香川今度は長居パスをスペースに出すと、オーバメヤン抜け出して追いついた。これ追いつくくらいのところでちょうどボール緩まってびっくり。はい。説明が下手。
25分 香川の前からの守備。プレスが強い。きっちりとそこで止める。
ソクラティス相手を倒してファール。
チチャの飛び出しが厄介。キースリンクが競り合ってその横からちょろちょろって飛び出してくるのが本当厄介。気を抜けない。
シュメルツァーなぎ倒される。
カンプルと香川のマッチアップがなかなか面白い。カンプルにはばれている部分も多いからなー。
右からの速いクロスをオーバメヤンワンタッチ流して前に走りこむ。ムヒタリヤンが受けて素早く振りぬいたがGK正面。オバメヤンいい動きするなー。
38分 レバークーゼンパス回しから、カンプルのシュートはビュルキがしっかり止める。
カンプルと香川のマッチアップ。
香川がボールを奪うと、すかさず奪い返しに来るカンプル。香川を倒してイエロー。
ソクラティスの守備がよい。体の入れ方がとてもよい。
香川のロングパスも今日はよいねー。
相手のバックパスのミス。
AT1分。
HT
1-0

上々の出来。
香川真司は体のキレをすごく感じさせたし、他の選手も割といい動きをしていた。
前から積極的に行っているからちょっと後半ばてないか心配な部分もあるけれど、そこは上手くやってくれそうな気がする。
今のドルトムントからは余裕すら感じる。
香川真司はアシスト素晴らしかった。他にも視野の広さを見せつけたり、足元の技術で翻弄する場面もあった。
が、ゴール前で持った時にはシュートっていう選択肢をもっと見たかったな。
その辺は後半に期待します。
後半
メンバー変更はなし。
開始早々、ギンターが相手選手を倒してサイドでFKを与える。清武の蹴ったボール、ヘディングで合わせられたがビュルキがしっかりとキャッチ。
シュメルツァーからの短いパスは香川には短すぎた。
52分 あっさりとすきをつかれてパスバンバン繋がれた。フンメルスヘディングでのクリアミス。しっかりと後ろにいた選手に決められて再び同点とされる。
2-2

フンメルス相手選手ってかキヨを倒したとしてイエロー。ゴール正面絶好の位置でFKを与える。やだやだー
ホフマンまた倒されてFKを得る。ギュンドアンのボールからCKに。
59分 ホフマン→ヤヌザイ。そうだろうなーと思ったし、ホフマンちょっと痛めていたか。前半のあれかな。
ムヒタリヤンが酒井を倒してFKを与えた。
香川VSキヨの構図。キヨ格好良くなったな。
右からのクロスにムヒタリヤンとオーバメヤン滑りこんだけどあわずー。おしいいい。
65分 ヴァイグル→カストロ
66分 香川から長いボール。右に展開すると滑り込みながらのクロスをオーバメヤンが押し込んだかに見えたけど、オウンゴールだったらしい。ラッキー。
3-2
香川真司起点に!!!


香川真司足技で魅せるねー。さすがだねー。
清武交代。
80分 ハノーファーのFKはビュルキがキャッチ。
香川中央でボールを持って左のムヒタリヤンヘ。これたぶん真司としてはワンツーなり返してほしかったんだろうけど、ムヒタリヤン仕掛けたかったみたいでうーむ。
ドルトムント三井海パスでチャンスを狙う。香川→ヤヌザイ。ヤヌザイのシュートは枠に嫌われる。こぼれ球も中へ折り返したが相手に阻まれる。
84分 香川が左から上げたクロスをオーバメヤンが競り合ったところ、相手の選手が(またしてもあのファンキーな奴が)ハンドをとられ、ドルトムント2回目のPK。
オーバメヤンがまたもしっかりと決めてリードを広げる。
4-2

89分 香川→ベンダー。
フルで出るかと思ったけどさすがにそこはねー。重宝されているというか酷使されているというか信頼されているというか。ありがたいことですが。
AT2分。
ムヒタリヤン右サイドからクロス?と思ったけど入ったかに見えたけどオフだったのかなよくわかんなかった。
ムヒタリヤン相手選手ともめる。
なんだか荒々しい試合ですね。
香川真司交代時に足蹴くらってた。監督からの。ツンデレか。

4-2
18分 ソビエフ(ハノーファー)
35分 オーバメヤン(ドルトムント)(PK)
44分 ムヒタリヤン(ドルトムント)

53分 ソビエフ(ハノーファー)
67分 O.G.(ドルトムント)
85分 オーバメヤン(ドルトムント)(PK)


しっかりかったー。つよい。つよいっす。
二回目追いつかれたときはどうなるかとおもいましたが。
OGやPKも含めて天が味方した部分もあったかもしれないけども、勝てばそれでよいのだ。
全体を見ても主導権はドルトムントの方が握っていたように見えたし、それが結果に繋がったかなと。
今日の香川真司はんー…及第点。もっとやれるだろーとの期待も込めて。
足元の技術はさすがでしたし、視野の広さから3点目に繋がったと思います。
自身がゴールに迫る場面がもっとあってもよかったかな。
代表戦直後で80分以上の出場というのは久々だけども、しっかり休養して次につなげてほしいです。
ブンデスリーガ第5節 ボルシア・ドルトムントVSハノーファー96
スタメン
             オーバメヤン
    ムヒタリヤン   香川    ホフマン
       ヴァイグル    ギュンドアン
シュメルツァー フンメルス ソクラティス ギンター
              ビュルキ
香川真司はスタメンです。

前半
右サイドからのクロスをシュメルツァー頭で折り返すと、オーバメヤンヘディンで合わせたが枠の外。
ハノーファーのCK。キヨがキッカー。ビュルキしっかり弾いて事なきを得る。
なんかよくわかんないけど試合が一時中断中。ビュルキ痛めたかな。ちょっと見逃した。
11分 オーバメヤン→ムヒタリヤン→オーバメヤンとつなぎ、左にいた香川にボールが渡ると、香川のミドルシュート。これは枠の左に。
中盤からのミドルシュート。こぼれ球に反応した香川が追いかけたがオフサイドを取られた。
長いボールにホフマン半身で受けたがかわされる。
15分 ギュンドアンのミドルシュートはわずかにゴールを外れる。トラップからの流れ格好良かった。
18分 清武からの長いスルーパス。右に一度展開し、中へのグラウンダーなクロスにワンタッチで合わせられ失点を喫する。
0-1
綺麗なパスやなーと思ってたらやられたわ。

ドルトムントは攻撃を仕掛けているけどんー…。
シュメルツァーのシュート性のクロスはGKキャッチ。
ホフマンがやたらボールを奪われる気がする。体当てられて負けているというか…対峙している相手との相性が良くないのかな。
むしろゴールに迫ってくるキヨが厄介。
オーバメヤンファンキーな髪形のやつを倒す。ファールに。
ドルトムントのカウンターに対してハノーファーは人数をかけて守っていてあんまりスペースがない。
香川からヴァイグルへのパスがそこ通すのかってかんじでした。いやうまく説明できない。
32分 ムヒタリヤンサイドをドリブルで駆け上がり入ってきたが折り返しがホフマンには合わない。んー…じわじわと攻めれているので、このまま焦れずにやってほしいな。。
向こうのカウンターはこわいけども。
33分 ホフマンがPA内でファンキーな髪形のやつに倒されPKを得る。
キッカーはオーバメヤン。きっちりと決めて同点に追いつく。
1-1
よしよし。こっからだー。

またもドルトムントの選手が倒されて相手にファール。ちょっとさっきからそういう場面が続いていて向こうのサポーターも選手もイライラしている。
ドルトムントのFK。ギュンドアンのFKは相手に跳ね返されたが。ホフマンが関係ないところで倒されてごろごろしてる。なんかなー。
38分 ハノーファーのFK。キヨのセットプレー怖いからヤダ。
右からパスを受けたムヒタリヤン。相手を背負いつつ、反転してのシュートはDFに当たった。振り向くとこまで格好良かった。
43分 ムヒタリヤン右に展開すると、ギンターからの折り返し。再び受けたムヒタリヤンのシュートが突き刺さり、ドルトムント逆転に成功!!
2-1

AT1分。
HT。
2-1

立ち上がりは少し疲れが見えるかもなーと思ったけれど、焦れずに攻撃を続けて2点とれたのがよかった。
前半で追いつければーと思っていたけど、逆転できた。
後半もこの調子で突き放してほしいです。
香川真司に関しては、もっとチャンスに絡んで欲しいなーと。
動きにはキレがあるし、惜しい場面もあったんだけど、最近の調子の良さを考えるとなんだか物足りない気がするのがこわいね。

後半に続く。
後半
メンバー変更はなし。
後半も日本のペースで試合が進む。
50分 本田→原口とつないで左サイド抜けていた香川のもとにボールが来ると、香川GKの動きをよく見てシュート。これがファーサイドに吸い込まれた。
3-0
香川真司2点目!!!

余裕があるね香川真司。

山口蛍倒されてファールを得る。蛍お腹ちらっちらしとる。
54分 香川が中央ドリブルで仕掛けて縦へのパスに、抜け出した山口蛍。落ち着いて並走していたフリーの岡崎に送ると、岡崎触るだけ。
4-0
香川真司起点に!!

セレッソサポーターとしては嬉しいゴールだこれ。よく見たぞこんなん。
そして香川真司得点に絡みまくりですね。ふふふふふー
ユニフォームに着替えといてよかった。

57分 本田ドリブルからのシュート。DFに当たってこぼれ球岡崎の前に。岡崎滑り込みながらのシュートがまたもゴールに突き刺さり日本はリードを広げる。
5-0

アフガニスタンの攻撃。
からの日本のカウンター。本田ドリブルで上がっていくと、ゴール前山口原口岡崎。本田のクロスには岡崎が合わせようとしたがDFにのクリアー。蛍そんな位置まで上がってきたのか。頑張り屋さん。
CKから吉田のヘディング。バーの上。
69分 酒井→宇佐美
原口が右SBに…やれるんか。
たぶんドルトムントのサポーターは早く真司を休ませろって思ってると思う。
72分 宇佐美の左サイドでのドリブル。岡崎中でつぶれ役になり、本田が倒れこみながらシュート。GK触っていたがそのままボールはラインを割った。
6-0

75分 香川→武藤
原口は左サイドのイメージなんだが、右サイドやったことあるのか…?ちょっとクロス入れにくそうに見える。
原口→宇佐美→武藤ワンタッチでつないでいって本田のシュートはGK正面。ロンドン世代おもしろいー。
吉田のファールから相手のFK。巻いてきたボールは西川がキャッチ。
80分 長谷部→遠藤
♪わたるーわたるーわたるー
山口蛍相手を遅らせる動きが褒められる。なんか袖短いなと思ったら折り返してるのな。これセレッソでもやっているけどなんかのジンクスなのかな。髪型は変だけど。
乱入者?少し席を外していたのでよくわかんなかったけど、誰かが連れて行かれた。
数年後はこのメンバーが引っ張っていくのかなと思うとなかなか感慨深い。
AT4分
武藤倒されて日本のFK。原口と本田がいたが本田が蹴ったボール。吉田足元で合わせに行こうとしたがGKのクリアー。吉田少し足を痛めたか?疲れならいいんだけど。
FT

6-0
10分 香川真司
25分 森重真人
50分 香川真司
57分 岡崎慎司
60分 岡崎慎司
74分 本田圭佑


快勝。点差がついてからはやりたい放題だった。
できればもっと早くに若いメンバーを見たかったし、違うメンバーっていうのも見てみたかった。
もう、今日の香川真司に関しては言うことないっす。あ、しいて言えば髪型くらいか。
やったねー。
台風で帰って来られるのかだけが心配です。
FIFAワールドカップ2018ロシア アジア2次予選第3戦 日本VSアフガニスタン
スタメン
      岡崎
 原口  香川  本田
   山口   長谷部
長友 森重 吉田 酒井宏
      西川

香川真司はスタメンです。
なんとなく代表ユニに着替えてみました。私が。
中立地テヘランでの一戦。何とも言えない空気感。

前半
日本のCK。森重が頭で合わせたがGKキャッチ。
長友は競り合ってファールを取られ、アフガニスタンのFK。これは日本の壁が跳ね返した。
んー、この間の試合で香川は左の方が自由にできていたけど敢えてまた真ん中に戻したのか。今のところ低い位置でしかボールに触れていない。
6分 香川から本田の折り返し、中に上がってきていた長谷部のバイシクルシュート。めっちゃ格好いいけど弾道はクロスバーのわずか上にそれた。んー。
長谷部さんそんな引き出しもあるんですね。
10分 原口から香川バイタルエリアでボールを受けるとそのまま反転してシュート。ゴール左に吸い込まれ日本先制!!!
1-0
香川真司ゴール!!!!

原口は前で囮に(というか戻してほしかったのかもしれないけど結果的にいい囮に)なってくれたのでそれもよかった。
何より香川真司ゴール前での落着きを取り戻した。

後ろからのボールをPA内で受けた香川。左のスペースにボールを出すと走りこんできた原口ワンタッチで中へのパス。中では合わせられなかったが右サイドで酒井が粘りを見せた。
アフガニスタンはカウンターで仕掛けてくるが、日本の守備の戻りも速く今のところは危なげなく対応している状況。
15分 縦へのボールに香川相手を2人背負った状態でパスを受ける。トラップはよかったがさすがに寄せられていて厳しかった。
山口蛍競り合いで倒されファールを得る。
右の深い位置で本田→岡崎とつないで入ってきた香川が直接ボレーシュートを狙ったがこれはDFにはじかれた。
香川真司積極的に中に入っていくし積極的にシュートを打っている。
さらにCKから岡崎ヘディングでそらしたところ、森重フリーだったがわずかに合わず。
余談だけど、香川真司だかそっくりさんだか遠目に見たらわからない。
19分 森重→裏に飛び出した酒井。ヘディングで中に送ると、岡崎飛び込んでいったがGKが一歩速かった。このプレーでGKと相手DFが接触。ちょっと痛む。
今日は裏へのボールをよく出している印象の日本代表。この間みたいなただクロスを放り込んで中で合わせるだけの作戦よりもずっとチャンスに近いように感じる。
まあ私がこっちのほうが好きっていうのもあるんだけど。
22分 アフガニスタンのFK。西川がいったんははじいて、高く上がったボールはそのまま西川がキャッチ。
香川少し低めの位置でフリーでボールを受けると、周囲をよく見て縦へのボール。左のスペースにオーバーラップしていた長友がワンタッチで折り返すと、中で原口がワントラップからシュートも開いてDFに阻まれる。
日本の波状攻撃が続く。
森重のミドルシュート。GKの手前でバウンドし、GKの目の前をとおってクロスバーに嫌われる。こぼれ球を岡崎→原口とヘディングで狙ったがゴールにはつながらず。
惜しい!!!
前線の動きがなかなか面白い。あと、ゴール前でボールが不規則にバウンドするほど芝の状態があかんってことは際どいボール入れていったらチャンスになるんだろうな。
29分 原口ドリブルで仕掛けるも倒されて、PA外ゴールほぼ正面の位置でFKを得る。本田と吉田?これ吉田蹴ったら面白い。
吉田蹴ったが壁に直撃。吉田のFKのことはよく知らない。
左サイド長友ドリブルで切り裂いて、速いクロスを入れると岡崎ヘディングシュートはゴールの右に流れた。
長友相手へのタックルでファールを取られる。フィジカルが強いんだろうけど、ちょっと審判に目を付けられているかもしれぬ。
CKから長友のクロスに森重のヘディングシュート。これはGKはじいたが、ラインぎりぎりのところで本田がスライディングでボールを残し(これ正直割っているように見えなくもないけど、真上から見た画じゃなきゃわからんな)、最後は森重が詰めて日本追加点。
2-0
ちょっと微妙なところだったのだが森重が喜んでいたのではいったんやなーと。
アフガニスタンサポーターは不満げだ。そらそやろな。

香川左サイドでボールキープ。ぎりぎりのところで原口につないで原口ドリブルから中へグラウンダーなボールは誰にも合わなかった。
この香川→原口の関係なかなかよいね。
原口→山口→本田とワンタッチでつなぐと本田バイタルエリアで寄せられてしまいシュートが打てず。香川真ん中フリーでいたのでボール出ていたら面白かったか。
原口躍動している。上がりたがる長友とうまくスペースが重ならないように動いているし、守備にもやたら走るし。
43分 原口PA左で倒されてFKを得る。原口のドリブルが効いている。
AT2分
キッカーは香川真司。意表をついてグラウンダーなボールを入れると、走りこんできた本田のシュートはGK正面。
面白いけど、ちょっとテンポが遅かったかな。
HT
2-0


完全に日本のペース。
立ち上がりから攻めまくってチャンスを作りまくった。
少ないタッチでつないでいて攻撃のテンポがよかったし、裏を狙う動きも多かった。前線だけでなく、全体が流動的に動いていたように感じました。
特に左サイドは香川原口長友がいい具合に入れ代わり立ち代わり現れてチャンスにつなげていた。
その中で2点取れたのはいい流れ。
香川真司が最初のチャンスをものにしたので、私はとてもうれしい。そのあともとても落ち着いてプレーしていた。
苦しむ時は苦しむだけに、調子の良さをうかがわせます。
裏を狙ってスペースへのパスや、ワンタッチで前を向いたりとか、そういうところでも香川真司らしさがよく出ていたと思います。
後半も期待。
後半
交代はなし。
前半に比べると、前の選手が縦に引き出す動きが増えた気がする。
49分 日本のパス回しから、いったん戻して立て直そうという場面。蛍からのボールを受けたのは上がってきていた吉田麻也。吉田のグラウンダーなシュートがそのまま吸い込まれ日本追加点。
2-0

香川のクロスに岡崎飛び込む。ぴったり合ってはいたがボールは枠の上へ。んー。
その後も日本が主導権を握りサイド攻撃とミドルシュートを中心にゴールを狙う。
香川サイドに移ってからよりボールに触る回数が増えた。というか前半は待ってる時間が多かったので、指示なのか自分で貰いにいった結果かわかんないけど、ボールに絡んでいる方が良い。
58分 長谷部のターン(ちょっと怪しい)から本田のミドルシュート。飛び込んだ長友に当たって枠の外へ。これそのままやったら入ってたかもしれぬ。笑
60分 岡崎のシュートのこぼれ球。武藤が打とうとしたがこぼれたところ、最後香川がしっかりと蹴りこんで3点目。
3-0
香川真司ゴール!!!!!

やっと決めましたね。よしよし。本人も安堵の表情の方が大きかったね。

山口の浮き球クロスに武藤と岡崎が飛び込む。
65分 武藤→宇佐美
宇佐美入っていきなりのチャンスはGKに阻まれる。
相手のGK痛む。足釣ったかなさすがに。この間にみんな一気に給水。
蛍のミドルシュートは枠を大きく外れ…いつもの蛍やんけ!
77分 岡崎→興梠
バイタルエリアでパスを受けた長友なぜそこにいる。ドリブルで相手を躱してのシュートもGKキャッチ。なぜそこにいる。ちょっと焦ったか。
83分 本田→原口
香川真司はフル出場です。いやー、こんだけ出場続くと逆に疲れを心配する。フルで出してもらえる嬉しい気持ちとの配分がわかんなくなってきた。
宇佐美の強引なシュートが宇佐美らしいし面白い。
宇佐美またもドリブルから香川とのワンツーで抜け出し左を切り裂いてのシュート。GK足でなんとかふせぐ。惜しい。
ファーに原口もいたけど触りきれなかった。惜しい。
香川と宇佐美の関係はまあまあ良好。
相手GK頑張っている。もうなんだか応援したくなってくる。
AT5分

3-0
28分 本田圭佑
50分 吉田麻也

61分 香川真司

しっかりと勝ちました。
シュートやチャンスの数を考えればまだまだやれたのかなとも。ハリルホジッチ監督もちょっと首をかしげてましたしね。
勝ち点3きっちり取ったけども、得失点差を気にした部分もあるのかな。
個人的にはそこまで凹むような内容ではなかったと思います。
前半のクロス一辺倒のときはまたかよーと思いましたが、途中から他の崩す形をどんどんと選択していった結果追加点に繋がったのでよかったかと。
いくつか攻撃のオプションが使えたのがよかったと思います。
今後も引いて守る相手を崩す場面は多いと思うので、その時にどう戦うかが見えた気がします。

香川真司は決定機を2つ逃していたのでどうなるかなーと思いましたが、きっちりゴールも決めて安心。
本人は満足してないだろうけど。まあそれはいつものことなので。
フル出場でちょっと疲労も気になりますが、もともとスタミナはある選手なので。
コンディションをしっかり調整して次の試合に臨んでほしいです。
FIFAワールドカップアジア2次予選第2戦 日本VSカンボジア
スタメン
      岡崎
 武藤  香川  本田
   山口   長谷部
長友 森重 吉田 酒井宏
      西川
香川真司はスタメンです。

定時で上がってごはんもたべてばっちり。
香川さんまた槙野ヘアー…というかこれはただの七三?

前半
日本はサイドバックが積極的に上がってきてチャンスを狙う。
酒井からのクロス香川拾って囲まれたのでもう一度酒井に戻して本田とつなぐもシュートまではいけない。
長友も彼らしく深い位置までドリブルで上がってくる。
4分 酒井からのグラウンダーなクロス。武藤中で受けてヒールでのシュートは勢いがなくGKキャッチ。
長友は相変わらず仕掛けたがる。いや、ドリブルで仕掛けて相手を躱せるのが彼の強みなのはわかっているけれど、もっとシンプルに行ってもいいのになって思う。臨機応変にワンタッチでパス出したりしたらもっと怖い選手になるとおもう。代表以外は見てないのであれですけど。
9分 長谷部からの短いパスで抜け出した香川。右の角度のない位置からGKの頭上を狙うシュートはGKはじいて、こぼれ球ヘディングで押し込もうとしたが届かず。
本田と酒井宏樹で右サイド崩し、酒井からの低いクロス中に2人いたが合わなかった。
今日の蛍は前回の反省があったのかあまり必要以上には上がってこない。頑張り屋さんだけど。
(私事ですが間違えてEscキー押してここまで全部消えて焦ったー。Ctrl+Zがあってよかった)
日本代表後ろはがっちりついて守っている。長谷部山口が潰しに行くし、そこでとめきれなくてもCB2人が落ち着いて対応。
蛍変な髪形。
17分 右サイドへのロングボール。酒井頭で落として落下点にいた岡崎倒されたがファールはなし。こぼれ球武藤のシュートは不発。
さらにその直後左サイド武藤のドリブルから中で受けた岡崎自らドリブルで左に流れつつシュート。惜しくも枠の右にそれる。
いい形を作れてはいるがシュートを枠に飛ばせていない。
前線のメンバーが中でボールを待ってしまってるように見える。少し縦に動こうっていう動きは見えるけれど、もっと斜めに走りこむとかいろんな動きがあっていいと思う。
長谷部の仕掛けから蛍のミドルシュートは枠を大きく外れた。
左のCKは香川が蹴る様子。
22分 本田からのパスをエリア内で受けた長谷部。積極的にゴールを狙うが、中に人多すぎて当たってしまってゴールにはつながらず。
完全にカンボジアは引いて守っている。引いて守る相手を崩しきれない時間帯です。
岡崎とのワンツーで抜け出した酒井。中への折り返しに武藤タイミングが若干合わないー。
酒井宏樹がキレキレ。
香川スパイク黄色で見やすくてありがたい。
28分 相手のクリアーを拾った山口。右にいた本田に渡すと、本田落ち着いてシュート。これがゴールに綺麗に決まって日本先制。
1-0
思いのほかみんなあんまり喜ばないな?ハリルホジッチ監督はやや嬉しそうなの顔に出ていた。

29分 本田→酒井とワンタッチでつないで開くと、酒井ワンタッチで中への折り返し。香川抜け出して触るだけ。が、ボールはゴールの右にそれる…。これは決めたかった。
カンボジアのFK。頭で合わせてきたが西川落ち着いて対応。ちょっとびびった。
本田→酒井追い越しながら受けるとワンタッチで中へクロス。遠いサイドへのボール武藤飛び込んだがわずかに合わない。
シュート打ちまくっているからもう少し入ってもいいような気がするけどな。どこまで集中出来るか。
40分 左から香川→本田→香川とつなぎ、香川ドリブルのスピードを急にはやめてシュート。これは跳ね返されるとこぼれ球岡崎のシュートもGKナイスセーブ。GK素晴らしい。
さらに蛍とのワンツーから香川のシュートもGKに阻まれる。
43分 日本の速いパスで長友→武藤とつなぎ、武藤の折り返し中に岡崎と香川いたが、フリーの香川押し込むだけ。が、ちょっとコースがずれたのかGKの元へ…。
んーーーーーーー!!!!!!!これはきめてー!!!少しプレッシャーを感じているか。悔しそうな表情。焦るな。
AT3分
香川本田とのワンツーを試みるが引っかかった。
わちゃわちゃしとる。バイタルの中が。
1-0


攻めに攻めまくった前半。
アジア予選はいつもこうなる通りという感じの引いて守る相手に苦しむ展開。
特にさ40分ぐらいまではサイドからのクロスを中で待って…っていう形が多かったのだけど、40分すぎてからは香川を中心にショートパスや意表を突いたワンツーで崩す形が増えたのは面白い。
が、最後のところもっと正確に行きたい。
特に香川さん…思いっきりの決定機があったしあれは決めたかった。ちょっと焦りがあるように感じる。いつもらしくプレーすればいいと思う。
相手の守備が集中切れてきたらもう少しチャンス増えるかなとも思うのですが、相手GKが何せ当たっているんでこのままかもしれないなーとも。
後ろは大きなピンチもなく、しっかり芽も摘んでいたのでいうことはないです。
後半に続く。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。