上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半始まる前の出ていくときに香川真司何かトゥヘルに言われていたけども何を言われてたのかな。

後半
香川のキックオフでスタート。
後半も相変わらず落ち着かない。くだらないミスでお互いに前に進まない…。お付き合いしなくていいと思うんだけどな。
インゴルシュタットのグラウンダーなシュートはビュルキがキャッチ。
なかなか打開策が見いだせない感じ。
54分 ヴァイグル、香川→ライトナー、カストロ
うーん…香川にはもっと試合を組み立てる働きが求められたのかなという感じ。カストロとの併用を見たかったんですけどね。
仕方ない、次に備えましょう。
ということでちょっとレポがざつになります。
ええと、あわやオウンゴールっていうのがまあ…
フンメルスのバックパスがそのまま入ってっていうのがあったんだけども、相手のFWが後ろから足をかけたっていう判断のための^ゴールに。助かったね。
67分 ラモス→ピュリシッチ
71分 ピシュチェクが相手を引き倒してイエロー。
77分 右ピシュチェクからのクロスにオーバメヤンがぴったりと頭で合わせてドルトムントようやく先制。
1-0
もうこのまま終わるのかっていう感じに思っていたのでほっとした。
えー、ちょっとオフサイドっぽかったので(オフサイドだと思うけど)相手選手は審判にアピール。しかし認められず。
さっきのゴール取り消しがあっただけにちょっとインゴルシュタットとしては厳しいな。
80分 ムヒタリヤンにイエロー。スライディングのとこで足裏見せたってことかな。
85分 左サイドでパスを受けたカストロが不意を突いたパス。これに反応したオーバメヤンが抜け出し、そのままゴールへ。
2-0
オーバメヤンはこれで今季20ゴール目。
19試合で20ゴールっていうもうちょっとよくわかんない。
相手がさっきの失点でちょっとモチベーション下がったのもあってかぐいぐいになったドルトムント。
というかいつものようにイケイケの調子に乗ってきた感じでいいぞドルトムント。
そして交代が効いている。うむむ。
FT

2-0
77分 オーバメヤン(ドルトムント)
85分 オーバメヤン(ドルトムント)


いやあ、先制点が大きかった。ジャッジに助けられた部分もあったけども。
苦しい試合だったけどもしっかりと勝ち点3を掴むことができてよかった。
香川真司はちょっと厳しい試合でした。
特に交代で出てきたカストロが流れをつくったり結果に絡んだりしただけに、悔しい結果となりました。
うむ、勝ったのは嬉しいけども、香川のことを考えると悔しい。複雑。
また次の試合で誰が出るのか正直読めないのですが、しっかり備えてほしいです。
スポンサーサイト
ブンデスリーガ第19節 ボルシア・ドルトムントVSインゴルシュタット

スタメン
           オーバメヤン
   ムヒタリヤン          ラモス
       香川      ヴァイグル
           ギンター
ドゥルム フンメルス ソクラティス ピシュチェク
             ビュルキ
香川真司もスタメンに復帰。

前半
サポーターの持ってる黄色のハートの風船可愛い。
現地は雨。寒そうだけど雪じゃないんだ。
相手の37番のゴリゴリのサイドの選手にボールを集めてくる。ちょっとバタバタとした感じ。
5分 インゴルシュタットのFK。左サイド遠い位置から蹴ったボール、頭でそらされたところをビュルキがキャッチ。これこぼれたのを相手の前にいた選手が足を延ばしていたので触られていたら危なかった。
7分 香川からムヒタリヤンにつなぐと、ムヒタリヤン左サイドから切れ込みつつファーサイドへクロスを送る。ラモスが足を延ばすがわずかに届かず。香川はパスを出した後斜めに走りこむっていうよくやるやつね、これ好き。
香川相手に結構執拗にマークされている様子。香川がボールを持つとぐっと寄せてくる。
あと、香川真司また焼けた気がする。
香川から右サイドピシュチェクに展開し、仕掛けるも奪われると逆にインゴルシュタットのカウンター。フンメルスが一人で止める!格好いい。
14分 インゴルシュタットのカウンター。ミドルシュートはビュルキがはじく。こぼれ球を拾われかけたが、なんか相手のミスでビュルキが奪う。
ムヒタリヤン倒されてドルトムントのFK。ムヒタリヤンの蹴ったボールをソクラティスヘディングで合わせたが、バーの上。
18分 ギンターが競り合いで頭をぶつけられてちょっと心配したけどすぐ復帰。ちょっと荒いよ。
香川の競り合い→オーバメヤン→ラモスとつないだがオフサイド。
ドルトムントはなかなかシュートまでいけないというか、ゴール前まで行けないというか。うーむ。ちょっとバラバラな気がする。
ぐだぐだしてるけど、相手が雨でピッチに足を取られるからそれに助けられてる感じ。
ラモスが倒されて相手の23番にイエロー。
香川真司髪が伸びてちょっといい感じだ。私は今の雨に濡れている感じ好きだ。何の話だ。
ドルトムント前線でつないだがちょくちょく滑ってシュートが打てない。逆に奪われカウンターのピンチになったところをヴァイグルがファールで止めてヴァイグルにイエロー。
29分 相手のゴリゴリの37番がGKからのロングパスに飛び出すと、ビュルキも飛び出していたがあっさりかわされたため触れば無人のゴールにというところ、最後の最後ギリギリのところでピシュチェクがヘディングでなんとかコースから外して事なきを得る。
インゴルシュタットのCK。フンメルスヘディングでかわし、ビュルキがキャッチから素早くリスタート。前線へ長いパスを送ったが相手GKキャッチ。
34分 香川→ドゥルムのクロスにムヒタリヤン合わせるがGKにはじかれ、こぼれ球ラモスのヘディングはわずかに枠の外。うううう。
39分 ドルトムントのスローインから。ギンターがトラップして前に送ったボール。香川抜け出してパスを出したかに見えたがオフサイド。っていうかどう見てもオフサイド。
ここで、父からu23の試合展開をばらされる。やめてよ録画してるのに。
インゴルシュタットのミドルシュート。結構いいシュートだったが、ビュルキ正面。
42分 香川左サイドからの大きなクロス。オーバメヤンフリーでヘディングを放つが、思い切りDFとGKの立っている間に落とす。なぜそこに。うまく詰められていたな。
香川さっきから左サイドの高い位置にずっといる。もうちょっと真ん中でさばいてもいいかなと思うけど。
ドルトムントCKから最後はオーバメヤンのボレーシュート。これもGKキャッチ。
HT
0-0

うーん…なかなかみんな雨のせいなのかやりにくそう。
ゴールが遠いです。
なんとか後ろは守ってくれているので、もう少し攻撃の精度を上げたい。パスにしろシュートにしろ。
立ち上がりのバタバタのままずっといってしまったので。後半に期待。
冬の中断期間の練習試合。
ボルシア・ドルトムントVSアイントラハト・フランクフルト
何もドバイでそんな近場のチームとやらんでもってちょっと思った。
ドルトムント公式およびフランクフルト公式の両方で中継中。
ドルトムントの方重かったのでフランクフルトの方で見たらすいすい。

スタメン
             オーバメヤン
    ムヒタリヤン   ロイス    ライトナー
      ギュンドアン     ギンター
ピシュチェク スポティッチ フンメルス パスラック
              ビュルキ
練習試合なのでメンバーについてはあまり気にしないけどもこっちが主力組に見えんでもないけど、カストロもおらんし微妙かなー?
長谷部はスタメンです。
香川さんおらんのでやる気ないっす。私が。
ギュンドアンのゴールでドルトムント先制。
1-0


後半から香川出てきたので後半からレポート。
後半メンバー
          ラモス
  カストロ    香川   ピュリシッチ
    ヴァイグル     ギンター
パク ソクラティス スポティッチ シュティンゲル
         ボンマン

49分 相手のパスミスを奪ったカストロから、パスを受けたラモスのシュートで早くも追加点。
2-0

香川→ピュリシッチ→ラモス。最後のところGKの飛び出してきてゴールにはつながらず。でもいい形。
香川から斜めに出したパスは通らず。
58分 スポティッチのミドルシュート。今日はめっちゃ高い位置におる。
62分 右サイドスピードで抜け出したピュリシッチからの折り返しを香川が冷静に決めて3点目。
3-0
香川真司ゴール。

香川さんもそこまではしゃいではなかったし、私もあ、入ったって感じだったので至って冷静だった。

シュテンツェルが右サイドから高い位置まで上がってきて巻いたシュート。枠をわずかにとらえず。
ラモスのミドルシュートは大きく枠を外れた。
68分 ラモスドリブルで抜け出すとそのまま自分で持ち込んでシュート。香川フリーで並走していたけどそこは自分で決めたよね。
4-0
真司に出せよってちょっと思ったよ。香川サポの人だからね。決まったからいいんだけど。

香川ゴール前でボールを追う場面も。
やたら現地に見学に行っている日本人抜かれる。人少ないしなあ。
73分 フランクフルトのFK。左のやや高い位置から。直接狙ったがクロスバーに助けられる。
フランクフルトの前線の選手が個人技での突破を目論むもそこは香川深い位置まで戻っての対応。
と思ったらその直後には最前線にいるし、めっちゃ走るやんけこの人。知ってたけど。
ドルトムントのカウンター。香川から右サイドカストロに展開。が中を固められてしまった。
今日の香川は本当にいろんなところに顔を出しますな。
84分 フランクフルトの15番に個人での突破を許す。ちょっとドルトムントの後ろあんまり追いかけてすらなかったんだが苦笑。しかし飛び出したGKの上を浮かせたシュートは、バーに当たってギリギリでゴールを割らず。バーに当たった後の跳ね返りがそのまま入るかなとおもったけども運もついていた。
86分 ヴァイグルからパスを受けたカストロ。半身で抜け出すとそのまま落ち着いてシュート。GK飛び出していたのでほぼ無人のゴールに吸い込まれて5点目科と思われたがオフサイドだった。
逆にフランクフルトの攻撃。あっさりと後ろ躱されるも、スポティッチが最後のところでクリアー。
ドルトムントのカウンター。今度はしっかりと抜け出したカストロだったが、距離のあるところから狙ったシュートはGKに阻まれる。
AT分
右サイドからドルトムントの崩し。こぼれてきたボールを中で受けたカストロが胸トラップからシュートも枠の右にそれる。今日はカストロ持ってないなー。

4-0
39分 ギュンドアン(ドルトムント)
47分 ラモス(ドルトムント)

61分 香川(ドルトムント)
68分 ラモス(ドルトムント)

上々の出来じゃないですかね。
練習試合とはいえここまで差がつくとは思ってなかったので。
特に攻撃陣は点取りたいんだなーっていうのが最後までよく見えたのがドルトムントらしいと思いました。
香川真司は今日もずっと元気だったし、何よりゴールが見られたのは私は嬉しかったです。
正直ほぼほぼピュリシッチのおかげなゴールではあるけども、あの位置で待ち構えていて決めることが大事。
ただ試合が終わった後ちょっと難しい顔をしていたように見えたのは、納得いかない部分や反省点が見えたのかな。それならばまた次への課題にすると思うので頑張ってほしいと思います。
私も香川さんゴール効果で明日の仕事頑張れる!

次は15日に全北現代との試合。
全北はACL常連だからJリーグ勢にはなじみがあるけども、欧州のチームとやるのはどうなるのか楽しみ。
何卒怪我だけはないように。
あキムボギョンが加入してるはずだけども香川さんとは接点はないか…。
2016.01.04 2016
あけましておめでとうございます。
ちょっと今年は年始のご挨拶が遅れました。
香川さんも無事にドイツについたようです。

2015年は香川真司にとって、まさに「復活の年」だったように思います。
上半期はドルトムントが不調から立て直し、最終的にEL圏に滑り込む、
下半期はトゥヘル監督という新たな指揮官の下で、新たな役割で競争の中チームも香川自身も調子の良さを感じさせた。

雑誌やテレビのインタビューでも、サッカーにおける役割の変化だけでなく、生活面での変化を挙げる香川。
特に生活面での変化がフィジカルだけでなくメンタルにもいい影響を与えているのかなと私は感じています。

2016年はさらなる飛躍の年にしてほしいと思います。
ドルトムントでの活躍だけでなく、これまで香川個人としては大きな結果を残せていないヨーロッパ(ELやCL)の舞台でも是非見せてほしいです。



話は変わって。
先日の香川真司イベントの写真をフォト蔵の方にアップしました。
Twitterでは告知しましたがこちらでも。

151224 Shinji Dream Christmas

普通のデジカメで普通の素人の私が撮影したものですが、ご興味があればどうぞ。
また、イベントレポへのコメント・拍手コメありがとうございました。
当日参加されなかった方へ少しでも様子が伝わっていれば幸いです。


というわけで、本年もマイペース更新となりますがよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。