上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半
メンバー変更なし。
相手セットプレーから日本のカウンター。山口蛍上がってきてたわ。
岡崎からのパスダイレクトで宇佐美狙っていたがDFの方が一歩速かった。
50分 香川からのスルーパス。本田がエリア内で倒されたがファールなし。うーむ。
59分 蛍がヘディングで競り合った際に相手の頭が顔面に直撃し、そのまま倒れこむ。鼻血ともしかすると脳震盪的なことになっているのか…ちょっと画面からではわからなかったが、そのまま担架で運ばれていった。
大したことなければいいけども。
62分 山口→原口
左サイドに開いていた森重からのクロス。本田のヘディングでのシュートはポストに嫌われる。
逆にシリアの攻撃。シュートはポストにはじかれたが、こぼれ球はなんとか最後のところでクリアー。
なんていうか、ちょっと距離が遠くなった気がする。
蛍が抜けた分、今これフォーメーションよくわかんないぞもう。

66分 宇佐美のドリブルから、奪われたところをもう一度香川奪い返して一旦本田につなぐ。本田のボレーでのパス?を、香川浮いたボールをワントラップから、振り向きざまのボレーシュート。これが突き刺さり追加点!!!
2-0
きたああああああああああ!!!!香川真司ゴール!!!!!!!!!!!!!!!!

なにこの格好良すぎるボレー。
こんなの香川真司の今までのゴールの中でほとんど見たことない。
明らかに体幹が強くなっている。

香川からのパスに宇佐美抜け出したがGKキャッチ。
香川後ろ向きでヒールでの浮かせたパス。これは宇佐美にだったがDFに阻まれた。
73分 香川胸でトラップしてつなぐと長友のシュート。GKはじいてこぼれ球を岡崎押し込んだがオフサイド。
香川から小さく浮かせたパス。岡崎抜けたがDFとGKにはさまれてシュート打てず。シリアの守備いいね。
77分 岡崎→金崎
日本は攻撃の手を緩めないが、シリアも自力突破のために最後まで諦めない。
ゴール前で次々とシュートを放たれるが、吉田、長谷部が体を張って守る。長谷部さん格好良すぎる。
84分 宇佐美→清武
ちょっと前に人をかけているというか、ボランチ抜かれた後一気に行かれてしまうのが怖い。
シュートが枠にとんでいんかったのでよかった。
86分 日本のカウンター。ロングボール香川がヘディングでつないで、金崎へ。清武のパスを受けた香川フリーでドリブルで持ち上がると、落ち着いて浮き球クロス。本田がフリーヘディングで押し込んで3点目。
3-0
香川真司アシスト!!!!


シリアも何とか一点取ろうと仕掛けてくる。西川が好セーブを見せる。
89分 ロングボールを相手のクリアミス。香川がゴール前でフリーで拾ってシュート。一旦はGKに阻まれたものの、こぼれ球を再び香川が落ち着いて押し込み4点目。
4-0
香川真司ゴール!!!!!!!

ちょっともうなんなんすかこれ。もう笑いが止まらないし、真司キレキレすぎるしもう。ああああああああ

AT3分
93分 日本のカウンター。香川のドリブルから、左長友に展開。長友のクロスにゴール前原口どんぴしゃヘッドでさらに追加点!!
5-0
香川真司起点に!!!

FT

3-0
17分 O.G.
66分 香川真司
86分 本田圭佑
89分 香川真司
93分 原口元気

今日は香川真司でしょう。
いやぁ!!!満足です。
出来れば生で見に行きたかったな。また関西でも代表戦やってほしいな。
5得点すべてに絡む活躍というか今日は香川真司ですよ!!!
前半からキレのある動きを見せていたけども、特に自分が点を取ってからはノリノリというか。最近は少し見なくなったおしゃれなプレーも自然に出してくるし、もうなんなの楽しすぎる。
ちょっと幸せすぎて意味が解らない。
インタビューも笑顔が垣間見えたし、相変わらずもっと頑張らないとみたいなことを言ってはいたものの、やっぱり今日は充実した顔をしている。素晴らしい。
もう、いうことないです。
守備もちょっと危ない場面もありましたが、しっかりと0で守って終わったのはよかった。
香川真司も守備でも貢献していたしよかった。
ちょっと蛍の様子が気になりますが、今日は何よりも香川真司がとてもよかったです。

なんていうか、体幹が強くなった分、ぶれずにシュートを打てるようになったと思う。
さらにやはり両足で差異なくボールを扱えるから、相手からしても対応しにくいんだろうし、ドリブルもシュートも自在に操れる。
香川真司の魅力は、その選択肢の多さだと思っているので、今日は特にその面が出た試合だったと思います。楽しかった。

以上、長くなりましたが。
次はまたドルトムントに戻って、この勢いのまま突っ走ってほしいと思います!!
スポンサーサイト
お久しぶりです。
前回の代表戦はお友達のお家で見ておりました。
香川さんは途中からの出場でしたが、んー…あれは決めてほしかった。
悪くはなかったですが、やはりもっと活躍を期待してしまいます。
ちょっとレポはしなかったのですが、今日はばっちりレポしようと思います。

FIFAワールドカップアジア3次予選 日本VSシリア
スタメン
       岡崎
 宇佐美 香川  本田
   長谷部  山口
長友 森重 吉田 酒井高
      西川
われらが香川真司スタメンです。
岡崎がキャプテンになったらしい。

前半
日本がボールを回しているけども、シリアがなかなかいい距離感を保っている。
酒井高徳が積極的な上がりを見せる。
7分 酒井のオーバーラップ。近づいてきた香川とのワンツーでつなぐと、斜めに飛び出してきた長谷部が中に落としてゴール前岡崎飛び込んだがシュートは枠の左にずれた。惜しい。
長谷部の飛び出しいいね。前が流動的に動くのは面白い。
シリアのGKの飛び出しに松木さん食いつく。
シリアもゴールに迫るが、西川落ち着いて対応。
宇佐美がドリブルで仕掛け、クロスを上げる。
13分 宇佐美の仕掛けから、香川のスルーパスに本田反応するがGK早かった。
さらに宇佐美左からのドリブル、本田が中央で受けて宇佐美に戻したがそこでつぶされた。このシーン香川一人離れた位置でフリーだったから出ていればと思ったけどね。
その直後、ボールを受けた香川。ドリブルで抜け出しゴール前倒されたが笛はなし。
CKから、岡崎頭でそらして山口の浮かせたパスに本田抜け出したがDFに追われて打てず。こぼれ球を酒井がシュートするがDFに当たる。
怒涛の攻撃もなかなかゴールにはつながらない。
17分 日本の左のCK。ショートコーナーから香川の蹴ったシュート性のクロス。GKのはじいたところ、相手のDFの顔面に跳ね返り、ゴールに吸い込まれる。
ラッキーな形で日本先制。
1-0
香川真司の起点がつくかな。

20分 本田と酒井が右サイドでつなぐと、斜めに走りこんできた香川にパスが通る。香川浮いたボールをトラップしてふわっとしたクロスを中に。これを岡崎がダイレクトで合わせたがボールはわずかに枠の上。香川真司このプレーうまいな…。よくあんなボールを思った方向にあつかえるなぁ!!
ドリブルでも魅せるし、今日の香川真司はとてもキレがある。
ところで蛍のあの髭はどうなんですかね。
蛍のサイドチェンジで酒井に展開。スローイン。
25分 右サイド開いた岡崎から、本田とワンタッチでつなぐと、外から走りこんできた酒井高徳が抜け出したが、シュートは枠の左に。GKがうまくコースを消していたが、1対1決めてほしかった。
逆に今度は左サイドから、長友のボールに香川が合わせるもシュートはDFに阻まれた。
今日は宇佐美がサイドに開いてくれるので、香川自由に動ける。
シリアのカウンター。2対3の形を作られたが、森重がすんでのところで守った。
31分 宇佐美が左サイドからドリブルで切れ込んでミドルシュート。これこれ。宇佐美乾中島翔哉あたりがよくやるこれ好きです。
33分 香川がディフェンスに入って倒されたが、そのあとに手を使ったとしてファール。相手のPA前でFKをとられる。
日本のDFにあたり、CKも難なく守った。よし。
40分 長谷部のミドルシュートは阻まれた。長谷部はボランチから狙って出てくるから面白い。特に今日は蛍との組み合わせだから後ろを気にせず出られる。
吉田がスライディングで対応しようとしたが、かわされ一気にピンチに。しかし日本の素早い戻りで事なきを得る。
左サイド開いていた本田から、香川へふわっとクロス。香川ダイレクトで狙ったがGKの素晴らしい対応。
今日は香川真司自身もゴールを積極的に狙っている。
AT1分
シリアのCKはニアサイドヘディングで狙ってきたが枠をとらえず。
HT
1-0

とにかく前線がよく動いて面白い。
攻撃のバリエーションがとても豊富。
みんな自由に動くし、その動いた分のスペースを他の人がうまく埋める。
これぞ日本代表っていう圧倒的な動きを見せている。
が、作っているチャンスの数と得点数がなかなか結び付かない。
向こうのGKがいい反応を見せているのもあるのですが、できれば追加点が欲しかった。
得点シーンは実質キッカーの香川とつぶれ役の岡崎のお陰かと。
香川真司は随所で動きのキレを見せているし、香川真司らしい創造力あふれるプレーも多くて見ていて楽しい。
特に今日は中央で自由にやらせてもらっているようでとても生き生きしている。
ゴールに迫る場面も多いので、ぜひ決めてほしいな。
特に後半相手が疲れてくると、より日本の流動性についていけなくなるかと思うので、得点の機会は増えるのではないかと。
後半に続く。
後半
ロイス→カストロ。
アウグスブルクのカウンター。2人で突破されそうになったがオフサイドに助けられる。
54分 シャヒンワンツーで抜け出すと、折り返しは味方には合わず。うーん、おしい。
カストロのドリブル突破。強引だがそれも必要。
ちょっと香川のポジションがはっきりしない。動いてはいるんだけどもパスが貰いにくい位置というか。
57分 香川PA内でボールを受けると反転。しかし2人に囲まれてボールが出せなかった。ここの受けるところの動き良かった。
さらに、左サイドでムヒタリヤンとパス交換しつつ並走。PA内で倒されるが笛はなし。ちょっと焦っているかな…。
アウグスブルク左サイドからクロスを入れてきてあわやという場面。しっかりとはじいたドルトムントはそこから逆にカウンター。長いボールを前に放り込むと、左からムヒタリヤンのグラウンダーなクロス。ゴール前ラモス滑り込んだがわずかにシュートは枠の右にそれた。決定的な場面…。
60分 香川→ライトナー
香川さん下がったのでちょっとレポートのやる気が下がります。仕様です。
2回チャンス絡んだ直後で、60分丁度っていうのもあってもしかすると連戦を見越してのことかなーと。
68分 シャヒン→パスラック
69分 ラモス後ろからのボールをトラップし、落ち着いてあとから走りこんできたカストロへ。カストロこれをきっちりと決めてドルトムント逆転に成功。
2-1

74分 ドルトムントCKから、クロスのこぼれ球をラモスがヘディングで突き刺し追加点。
3-1

3-1
16分 フィンボガソン(アウグスブルク)
45分 ムヒタリヤン(ドルトムント)
69分 カストロ(ドルトムント)
75分 ラモス(ドルトムント)


勝利。やはり後半の方が動きがよくなっていた。
ロイス香川シャヒンが交代したが、連戦っていうこともあっての交代なのかなーと。ロイスあまりに早い時間だったので。
今日はラモスが全ゴールに絡む活躍。オーバメヤン不在でちょっと不安に思っていましたが、しっかりと結果を残してくれました。
香川真司については不完全燃焼感。動きの噛み合ってきたなっていうところで交代だったので。
まだまだやれるだろうし、まだまだやってほしいです。
一旦代表戦を挟むので、気持ちを切り替えて頑張ってほしいと思います。
諸々試験等も終わりましたので。
海外出張中やミッドウィークで見逃していた試合をちょこちょこ見ております。
今日はELトッテナム戦の2戦目を消化。結果がわかってると安心して見られます。笑
安定感のある勝ち方でなかなかに満足。あとは香川さんの出場機会がもっと多ければなー…。
セレッソも好調なので私はとても嬉しいです。

というわけで本題へ。
ブンデスリーガ第27節 ボルシア・ドルトムントVSアウグスブルク
スタメン
           ラモス
  ロイス      香川     ムヒタリヤン
    シャヒン       ヴァイグル
ドゥルム フンメルス ソクラティス ピシュチェク
           ビュルキ
香川真司はスタメンです!!

前半
ドルトムントボールでのキックオフ。
香川はトップ下の位置でプレー。
3分 ヴァイグルの縦へのパスにロイスが反応するが合わなかった。
ボランチとサイドの選手が外に開いているのと、香川が前に吸収されているのとで、中央がちょっとぽっかりと空いてしまっているのが気になる。
6分 アウグスブルクの30番に突破を許す。ちょっとクリア甘くなったところを見逃さなかった。ビュルキがナイスセーブ。CKを与える。
ドルトムントは落ち着いて後ろから組み立てている。香川は楔の役割をしようとしている感じ。一旦降りてきて受けて、もう一度戻して縦に走りこむ。がそこにボールが出てこない。
今日のドルトムントは距離感が遠い気がする。
15分 アウグスブルクの左サイドに長いパスが通ると、ワンタッチで中への折り返し。これをしっかりと押し込まれてあっさり先制を許す。あまりにあっさりー…。ううむ、ここからや。
0-1

ムヒタリヤン倒されて遠い距離のFKを得る。
21分 再び左サイドからの突破を狙われたがここはソクラティスが防いだ。
バウンド気味のロングボールを何とか前につないだ香川。ロイスのトラップが長くなり再び香川には入らず。さすがに2対5人では厳しいものがあるがこの二人なら噛み合えば行けそうな気もする。
ムヒタリヤン相手が足を延ばした時に踏んだというか、足裏を見せたというかうーん表現しにくいんだが…イエローを貰う。
ドルトムントの攻撃。ムヒタリヤンを中心にゴール前に入っていこうとするが、なかなかきっちりとしめられてしまいうまくいかない。
香川はロイスにパスを多く出しているけどそればっかり…たぶん一番欲しいボールがかえってくるからとは思うんだけどももっと散らしてほしい。
香川からラモスへのボールは収まらなかった。
30分 香川のボールキープ。いったん右に開いて、ピシュチェクのクロスにラモスヘディングで合わせるが枠をとらえず。
ドルトムントカウンター。香川のドリブルを相手にカットされ、ドルトムント高い位置でスローイン。香川今日は攻撃時により高い位置にいる気がする。
32分 アウグスブルクのカウンター。相手FWへのロングボール。ここ通されたらやばい。ピシュチェクがヘディングで対応しようとしたところ、相手の足が伸びてきて軽く接触。相手にイエロー。
前線の動きが停滞している。足元でもらおうとしているというか。引き出す動きが少ない。香川は積極的に動きなおしているのと、ロイスが時々降りてくるくらい。斜め前に走り出すなり、一旦ひいて楔受けるなり。そういう動きがなくて出すところがないから後ろでぐるぐる回している。
ちょっと過密日程の疲れもあるのかなー。なんて。
シャヒンのミドルシュートは枠外。
ヴァイグルからの縦のパスにラモス反応したがオフサイド。
40分 フンメルスから縦パスを受けた香川。ドリブルしながらムヒタリヤンをよんでパス。ムヒタリヤンドリブルで仕掛けつつ中に入ると、前へ浮かせたパス。ロイスが反応してシュートも開いてDFに阻まれCKに。
このシーン、DFラインにドルトムントの選手5人くらい入っていたんだけど、同じライン上にいて、右のムヒタリヤンから出すところがなかった。一人二人ちょっと下りてきてボール受けてあげないと厳しい。ので、ムヒタリヤン自分でドリブルで来てくれたのだけども奪われたときのことを考えるとリスクが高い。
直後のショートコーナー。香川パスを受けると中へドリブルで入っていきクロス。は合わなかった。
44分 ムヒタリヤン中央でパスを受けると狭いところドリブルで仕掛けつつ、そばにいたロイスに展開。ロイス→シャヒンとワンタッチでつなぐと、再びムヒタリヤンに入ったボールを倒れこみつつのシュート。ちょっと勢いはなかったが、不意を突いたシュートはころころとゴールに吸い込まれドルトムント同点に追いつく。
1-1
この場面、香川がさらに斜めに走っていて一気に4人が前線に走りこむ形に。人数的にはアウグスブルクの守備は足りていたけども、攪乱していたようだった。面白い。こういうの好きだ。ドルトムントらしい。
ATなし。
HT
1-1

なんとか前半のうちに追いついてよかった。
ちょっと失点があっさり過ぎたのと、なかなか決定機を作り出せない時間が長かったので、ちょっと心配だったのですが。
なんだかんだきっちり決めてくるのが今のドルトムントの強さだなーと。
後半は特に攻撃陣はより連携高めてくると思うので、後ろはしっかりと守ること。ちょっとラインが高すぎた。
香川真司は縦のパスをつなぐ役割をもっとしてほしい。フンメルスからの縦のボールがきょうはなかなか出てこなかったんだけど、それを受けると一気にチャンスになるので。もちろんゴールに近い位置でのプレーも見たいのですが、うまく周りを動かしつつ、タイミングを見て自ら仕掛けて行ってほしいなと思います。
後半に続く。
後半
ドゥルム→ピシュチェク。やはり前半の痛めたやつか。
開始早々、香川右ムヒタリヤンに展開。折り返しオーバメヤンスルーしたところ香川拾ってそのまま抜け出したがGKに阻まれた。惜しい。香川真司ゴールに近い位置でプレーするとドキドキする。
1点を追いかけるマインツもぐいぐい来る。フンメルスも体を入れられたし、シュメルツァーも足首ちょっと痛そうだし…。
51分 香川右に展開すると、オーバメヤン1対1に。しかしGKにぶち当てる。
さらにその直後またも中央オーバメヤン抜け出し1対1、がGKに阻まれる。
さらにさらに、こぼれ球するすると抜けてゴール前フリーのオーバメヤン。シュートはGKキャッチ。ってどんだけ!!!
GKも素晴らしいけどもオーバメヤンでもこういうこともあるのかー。
ドルトムントのカウンター。オーバメヤンドリブルで仕掛ける、中央には並走しているムヒタリヤン。今度こそはと、ムヒタリヤンへのパスをカットされる。今日はもってないなー。
その後もドルトムントの攻撃が続く。
60分 オーバメヤン中央でボールを受けるとターンして前へスルーパス。ムヒタリヤン走りこんでいたが合わなかった。
マインツは2枚がえ。
63分 シャヒン→ヴァイグル。
ドルトムントのカウンターが続く。ロイスの折り返しにムヒタリヤンダイレクトでのシュートは大きく枠を外れる。
その後もシュートを打てど打てど入らない。GKがすごいのはわかっているが、そんなにことごとくぶつけなくても。
香川の粘りから、ムヒタリヤン横でボールを受けるとそのままドリブルで持ち上がり中への折り返し。ロイスダイレクトでのシュートはバーの上。こんなにゴール前人数余っているのにいいいい。
きめてよみんなー。
69分 PAギリギリのところ香川倒されていい位置でFK。オーバメヤンのシュートも追加点にはつながらない。
マインツもゴール前までは迫るが枠にシュートがいかない。お互いに何をやっているんだ…
73分 ドルトムントのカウンター。流れるようなパスワーク。ムヒタリヤンから左サイド、オフサイドギリギリで抜け出したオーバメヤンの折り返し。中にロイスいたがファーサイド走りこんできた香川、フリーで着実にゴールに押し込んだ。
2-0
香川真司ゴール!!!!!!!!!!

来た!!!!!!!!!!ちょっと興奮しすぎてもう意味が解らないです。
待ってた。香川真司ゴール嬉しい。
ちょっとあまりにみんな外し過ぎていたのでそろそろ香川にボールを集めろと思っていたところだったので。はい。
香川もゴールに向かって吠えてましたね。格好良かった。
しっかりと起用に応えたぞ!!

ロイスがボールを奪って、オーバメヤンDF1人を引きつけながらドリブルでゴール前まで。すると右に来たムヒタリヤンにパス。もまたもシュートははじかれる、さらに左から走りこんできたシュメルツァーもさらに外す。
84分 ムヒタリヤン→ラモス
トゥヘルしっかりとムヒタリヤンの肩をぽんぽんってしてたから気を落とすなってことだろうな。
ええと、今日はドルトムントのゴール裏でサポーターの方が亡くなったようで、応援もいつもと違う雰囲気。
香川のゴール時の喜びも控えめでしたし、YNWAも試合中だけど歌っていたし。
ATなし。
FT

2-0
30分 ロイス(ドルトムント)
73分 香川真司(ドルトムント)

勝利!!!
いやあ、香川真司魅せてくれました。
久々のゴール。嬉しい。
前半を見る限りはいつ変えられてもおかしくないってちょっと思っていただけに、しっかりと結果を残したことが嬉しいです。
他の攻撃陣のみなさんも、もっと決めてほしかったのですがきっちりと勝ち点3積み上げられたのでよかったです。
守備はそこまでピンチもなかったので今日は特にいうことなし。
気持ちよく寝られそうです。
ではまた。
お久しぶりです。無事に先日帰国いたしました。
一か月分の試合はぼちぼち見て行こうと思っております。
久々のサッカーはたまらん!!今週はなでしこ2試合にガンバとセレッソとサッカー三昧でした。充実。

では、早速本題へ。

ブンデスリーガ第26節 ボルシア・ドルトムントVSマインツ
スタメン

             オーバメヤン
     ロイス      香川     ムヒタリヤン
        カストロ        シャヒン
シュメルツァー フンメルス ソクラティス ドゥルム
              ビュルキ
香川真司スタメンです!!!

前半
マインツボールでキックオフ。
2分 右サイドムヒタリヤンが抜け出し仕掛けようとしたところ、倒されてFKを得る。
ロイスの蹴ったボールはゴールにはつながらず。
9分 マインツのFWがドリブルで仕掛けてきたのを、フンメルスがカット。そこからドルトムントのカウンター。香川とカストロのワンツーでのつなぎは面白い。針の穴を通すようなパス。
今日の主審お気に入りの人だ。
香川のボールタッチは相変わらず細かい。繊細。
14分 オーバメヤン右に展開してファーサイドへのクロスは流れてしまった。
再び後ろからのロングボール。ロイスはオフサイド。
ドゥルムがスライディングでの守備で一瞬痛める、がすぐに復帰。ちょっと顔しんどそうなので気になるが。
18分 ドルトムントのカウンター。香川から左にいたロイスにワンタッチで出すと、そこをカットされるが、さらに後ろからシュメルツァー上がってきていて…どんどん選手が出てくる!
香川のワンタッチから、一気に攻撃へのスイッチが入っていく。面白い。
ただ、マインツの守備も硬く、オーバメヤンをはじめとして、前線の選手がボールを持つと一気に複数で囲んでくる。
21分 シュメルツァー左サイド深い位置まで入ると自らシュート。これは弾き返されるが、再び拾うとエリア内で香川にボールが渡る。香川反転して持ち込もうとするが前を向かせてもらえなかった。ここすっと抜け出せればチャンスだった。
24分 マインツのセットプレー。エリア内で決定的なシュートを放たれたが、最後これ誰のクリアだろ。素晴らしい反応。
ドルトムントのカウンター。右サイドムヒタリヤンからの折り返し。中3人いたが、オーバメヤンワントラップからのシュート。これは相手DFに直撃。香川真ん中あいてたんだけどなー。
今日の香川は結構高い位置で追い回している。立ち上がりはカストロとどちらが前なのかっていうくらい香川も下がっていたし、カストロも前にいたんだけど。
29分 中央でボールを奪ったドルトムント。パスを受けたカストロが鬼のようなドリブル。するすると相手の間を抜けると、前線へスルーパス。これにロイスが抜け出し、1対1になったらもう得意の形。しっかりとGKの逆をついてドルトムント先制。
1-0
美しかった。

さらにその直後、左サイドからの長いボール。ゴール前フリーでムヒタリヤンボールを受けるが、GKの飛び出しが一歩速かった。これオーバメヤンと2対1だったので触れればもうどうにでもできたんだけどなー。惜しかった。
ドルトムントの攻撃が続く。右からオーバメヤンの折り返しが相手DFに当たってあわやオウンかと思われたがマインツGKしっかりと反応。
逆にマインツのカウンターをソクラティスファールで止める。
ボール支配率とチャンスの多さから言えばもっと点が入っていてもおかしくない展開。
香川倒されてFK。香川髪の毛増えたのか、切ってないのか、もっさりしてる。
40分 香川からのスルーパスはオフサイド。スイッチャーとしての動きはよいと思う。
フンメルスからの縦のボール。香川半身で反応するが、追いつけず。受ける方の動きとしては若干ずれているのが気になる。
あと髪の毛多いのも気になる。
香川の前線でのキープで前半終了。
HT
1-0

ドルトムントがゲームをリードした前半。
攻撃がどんどんと出てくるしこんなん反則だろうと思うんだけども。
チャンスの数を考えればもっと点が入ってもよかったのかなとも。
香川真司はまずまず。中盤で攻撃のスイッチをいれる働きはよかったのですが、今日はトップ下での起用のため前線でボールを受ける必要も多くあった。が、半身でボールを受けつつ抜け出すとか、パスを受けて前へ向くとか、そこらへんが少し噛み合っていなかったように見えた。
本人も少し納得のいっていない顔をしていた。
まだ後半もあるので、久々のスタメン起用に応えてほしいなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。