上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半
シュメルツァー→ドゥルム
50分 カストロのFK。角度のあるところから直接狙ったが枠をとらえられなかった。弾道は綺麗だった。
ちょっとまんねりしてきた。
57分 香川ドリブルで中央突破仕掛けて倒されつつ前にパス。ロイスのシュートはGKに阻まれ、こぼれ球は拾いきれず。
58分 ブレーメンのカウンター。ドリブルでするすると抜かれてそのまま失点。
1-1
おいー…だからー。

62分 香川ゴール前に迫るが相手の足が一歩速かった。
一点取られてから本気出すのやめて。失点いらん。
65分 香川のパスにドゥルムが飛び込んだがシュートは打てず。
68分 カストロのクロスにロイスヘディングも枠をとらえない。
なんだか自分たちで苦しめてるぞ。そろそろ交代していいと思う。
69分 カストロ・ロイス→ゲレイロ・デンベレ
香川真司フル出場。
70分 CKから、誰のパスだ?見逃した。中盤からの浮かせたパスにピシュチェク一人が反応。GKの手前足を延ばして、ループ気味のシュート。これが吸い込まれてドルトムント勝ち越し。
2-1

73分 香川からの縦パスにドゥルムかな?折り返してチャンスを作るがシュートはそのまま流れた。
74分 相手にまたあっさり崩され長いシュートを放たれるが、ヴァイデンフェラーがキャッチ。
守備の危うさはやはり。
香川ファールを受け相手にイエロー。
76分 ドルトムントのカウンター。GK飛び出していたところシュールレギリギリのところで拾って折り返すがDFに奪われた。これ繋がっていたらフリーで打てたな。
ペリシッチがドリブルで切れ込み折り返してゴール前のデンベレにパスもデンベレスルー…おいー。
80分 デンベレからの縦パスにゲレイロが反応。中央並走していた香川にパスが出るが追いつけず。ちょっと疲れてたか。めっちゃ走ってるし。
香川さん…
83分 相手選手がピシュチェクを倒してイエロー。
この試合はカードでまくり。
86分 CKを香川ヘディングでクリアー。このCKになるまでの流れとか、守備ずるずるでとても嫌。
ドルトムントカウンターのチャンス。デンベレしっかりしてくれ。ゲレイロ頑張ってる。
AT3分
後半3分も止まってないけどなー。Jリーグのようだ。
92分 相手のカウンタースピードがあるっていうわけではないけれど、ずるずると抜かれて最後はオフサイドに助けられる。ばたばたしすぎ。落ち着け。
FT

2-1
5分 シュールレ(ドルトムント)
59分 バルテス(ブレーメン)
71分 ピシュチェク(ドルトムント)

辛勝。この一言に尽きる。
勝ってよかった。
相手が一人少ない中で、守備が危うすぎるし、ゴールももっとチャンスがあった。
ウインターブレイク明けでこれはちょっと今後が怖いです。
香川真司は特に後半は縦パスでチャンスを作っていた。ゴール前での場面何度かあったが、シュートを打ってほしかった。
セットプレーでの守備も評価されているようで、新たな一面を見られた気がする。
CHで出ていたのでそこまでゴールゴールという感じではなかったけど、しかし、やはりもっと得点に絡んでほしいというのが本音。
後半戦はいっぱい試合に出てほしい。

以上。
スポンサーサイト
あけましておめでとうございます。
久々の更新。

ブンデスリーガ第18節 ボルシア・ドルトムントVSブレーメン
             シュールレ
    ロイス   香川   カストロ  プリシッチ
             ヴァイグル
シュメルツァー ギンター ソクラティス ピシュチェク
           ヴァイデンフェラー
香川真司はスタメンです。

前半
4分 スローインからロイスが出したスルーパスに、シュールレが抜け出して1対1を作ると、これを冷静に流し込みいきなりの先制。
1-0
綺麗だった。ブレーメンDFがちょっと集中欠いてたかんじ。

5分 さらにロイスとシュールレとが抜け出してチャンスを作る。
さすがに長袖率と手袋率が高い。寒そう。
10分 相手のクリアミスがふわりとシュールレの前におち、シュールレボレーシュートはゴールわずかに右。
CK時香川はゴール前で詰めるとこにいてる。
14分 香川ドリブルで相手を躱すと、シュメルツァーにスルーパス。少し短かったが、相手のミスから再びボールを奪うと香川へ。香川中へクロスを送るとシュールレのヘディングはGK正面。
一応試合前はロイスが左で香川が中って書いてあったんだけど、香川が左にいる時間が多い。流動的に入れ替わってはいる。
17分 カウンターからブレーメンのシュートはヴァイデンフェラーがパンチング。
ロイスが倒されて相手選手にイエロー。負傷はなさそう。
ブレーメン攻撃でチャンスを作り始める。ドルトムントはある程度自由にやらせて最後のとこで弾き返す感じ。
23分 プリシッチドリブルで仕掛けてクロスを入れたが、ファーサイド香川の前で跳ね返された。香川いい位置に入ってきているよ。
29分 ブレーメンのCKから、波状攻撃を受ける。ドルトムントちょっと足元のミスが多い。勿体ない。
ギンターのファールで少し距離のある位置でFKを与える。
ギンター半袖かよ。
FKはそのまま流れた。高さとスピードはよかったんだけど。
ちょっと押される時間が続く。
33分 ブレーメンのボレーシュートはGK正面。
本日の審判は手でのファールに対する笛が厳しい気がする。ルール改訂など詳しくないので、この審判のジャッジの基準なのか、ブンデス全体としてそうなったのかはわからないけど。
ブレーメンのセットプレーから相手のシュートを香川クリアするもブレーメン選手の前にこぼれ、再びシュート。しかしこれは大きく枠を外れる。
結構危なっかしい。
37分 逆にドルトムントの攻撃。PA内人数をかけてシュートを狙うが最後のところが割れない。
38分 ドルトムントのカウンター。長いボールにロイス抜け出すと、GK飛び出してきたところ、ループシュートを狙ったが、相手GKにアフターで足の裏で蹴られ、GKが一発レッド。
ロイス怪我はやめてくれ。
GKもあの場面飛び出すしかなかったとはいえ、足裏はさすがにまずい。
ドルトムント数的優位な展開に。
42分 シュールレのFK。直接巻いたボールを狙ったが巻かずにそのまま流れてしまった。
シュールレ相手選手を倒してイエロー。ちょっといらっとしてるっぽいからこれ以上貰わないでほしい。
AT3分
ソクラティスのファールを相手選手はアピールするが審判取ってくれず。荒れそう。
46分 ピシュチェクのパスにロイスが反応すると、切り返してシュート。ニアを狙ったがGKキャッチ。
47分 ブレーメンのシュート。PAギリギリのところからのシュートは、ヴァイデンフェラーの手をはじいてクロスバーに当たると、そのまま真下に跳ね返り、フィールドへ。あぶなっ。
HT
1-0

先制まではよかった。
そのあとしばらく押されていたり、相手が一人少なくなった後も最後危ない場面があったり。
ちょっと気が抜けない展開です。後半早い時間に追加点が欲しい。
香川真司はゴール前に積極的に入っていっている。
もっとボールに絡んで欲しいなとも思うけれど、今日は割と守備に戻る場面も多いから忙しそう。
後半に続く。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。