上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半
今野・内田→水本・太田。内田はまだ本調子ではないのかもしれんなー。
HTを超えてから、ウズベキスタンがガンガン攻めてくる。
48分 青山のファールを取られ、前半と同じような位置(自陣左サイド深い位置)でFKを与える。また香川乾の低い壁。一旦下げてフリーの選手がミドルを狙ったが枠を大きく外れる。
日本のカウンター。乾がドリブルで上がってそのまま自らシュート。太田のオーバーラップがとんでもない。
青山蹴りを入れられて相手にイエロー。
香川左サイド深い位置までドリブルで入っていき、乾中走りこんでいたが使わず自分でシュート。こぼれ球太田のシュートはバーの上。
52分 香川からのパスを受けた岡崎ワンタッチで抜け出すと距離のあるところから浮かせたボールでゴールを狙った。少し面白い狙いだった。
55分 中央香川から左の乾へのボール。乾フリーでドリブル仕掛けていきシュートは打てなかったが、拾った太田がファーサイドへのクロス。これに岡崎ダイビングヘッド。綺麗に決めて日本2点目。ちょっとオフかと思ったんだけどね。
2-0
ところで実況、太田と岡崎でのゴール。新戦力と既存の戦力との融合っていっていたけども、太田ってアギーレジャパン以降結構呼ばれているんだけど、新戦力扱いでいいのかしら。

青山からのパスに香川と岡崎抜け出し岡崎拾ったが少し流れてしまう。
61分 中央でパスを受けた香川。ワンタッチでターンして乾斜めに走りこんだが使わず、斜めには慣れる動きをしていった本田にスルーパスを狙ったがオフサイド。ちょっと持ち過ぎている。んー。
62分 乾→宇佐美
香川→宇佐美→岡崎→本田→宇佐美と素早いパスワークでつなぎながらカウンター。宇佐美は飛び出した香川に合わせるかのような低いクロスを入れたが、香川とはわずかに合わず。もう少し足が長ければよかった。
ウズベキスタンの攻撃。ちょっと急に来た。セットプレーから強烈なシュートを打たれたが大きく枠を外れた。
66分 宇佐美左でボールをもつと、ファーサイドへ浮き球クロス。本田には合わず。
乾交代後は香川がCKを蹴る。本田飛び込んだが相手のナイスセーブ。
68分 香川→柴崎。(毎度のことながらここからレポが雑になります)
72分 本田→大迫。
80分 日本のカウンター。左でパスを受けた柴崎が、GK飛び出してきていて無人のゴールへハーフラインあたりから狙いしっかり決める。岡崎追いかけて行って触ったのかどうか微妙なところ。
3-0

逆にウズベキスタンにセットプレーからヘディングで決められあっさり失点を許す。
3-1
82分 岡崎→川又
83分 大迫からバイタルエリアでボールを受けた宇佐美。ドリブルで抜け出し、きっちりと決める。
4-1
展開速すぎる。

90分 セットプレーから森重のヘディング押し返され、再び森重がボールを前に送ったところ川又が押し込んで追加点。
5-1
AT2分

5-1
6分 青山敏弘
54分 岡崎慎司
80分 柴崎岳

82分 トゥフタフジャエフ
83分 宇佐美貴史
90分 川又堅碁


快勝。前半立ち上がりちょっと相手に翻弄されて嫌な感じだったのですが、宇佐美ら投入後の勢いがすごかった。
前回は海外組が結果をだし、今日は国内組が結果をだし。
互いに刺激し合う結果はよかったと思います。
今日は海外組はゴールに向かって急ぎ過ぎていたというか、焦っていたように見えました。
香川真司はそれがすごく顕著に表れていた気が。
随所でらしいスルーパスも見せていましたが、持ち過ぎている場面や、周り空いているのに強引に持っていくシーンも多く、らしくないなという印象でした。試合中にもシュートの意識を、との指導を受けたそうですが、もう一工夫合ってもよかったと思います。
とりあえず怪我なく終われたので、また切り替えて頑張っていただきたいです。
次はバイエルン戦だー!!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7808-49609958
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。