上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブンデスリーガ第5節 ボルシア・ドルトムントVSレバークーゼン
スタメン
             オーバメヤン
   ムヒタリヤン    香川      ホフマン
       ヴァイグル    ギュンドアン
シュメルツァー フンメルス ソクラティス ギンター
              ビュルキ
香川真司は今日もスタメン。
チチャもカンプルもスタメンとはね。移籍してたの最近知ったよね。

別件ですがELは寝過ごしたので後日確認します。
そして、今日は久々関東アウェイ大宮戦@熊谷行ってきました。嬉しい勝利でした。

前半
今日もドルトムントはパススピードが速い。
5分 香川にボールが入ると一気にスイッチ。中央オバメヤンにグラウンダーなパスを入れると、オバメヤンワンタッチでつないでムヒタリヤンのミドルシュート。枠をとらえず。
父曰く、ギンターとベンダーは顔が似ている。わからんではない。
9分 ムヒタリヤン→オーバーラップしていたギンターへ。折り返しにホフマントラップのところ狙われていてシュートまではいけない。
やっぱりドルトムントのSBはどんどん上がってきますね。
13分 ムヒタリヤン相手の股を抜いてからのシュートはGKにはじかれた。
その直後、ドルトムントの速いパス回しから、PA内右からのボールを受けた香川、落として最後はギュンドアン。しかしこのシュートは枠の左に。
これ香川前向いて打ってほしかった。
香川→ギュンドアン→ホフマンはオフサイドかと思ってちょっと焦ったか。シュートを2本打ったけども相手に直撃。
逆にレバークーゼンのカウンターからひやりとしたが、ビュルキが飛び出して対応。
18分 レバークーゼンのセットプレーから、今度はドルトムントのカウンター。香川真司のロングパスに抜け出したホフマン。相手GK飛び出してきていたが、いなして躱すと、無人のゴールに流し込みドルトムント先制。
1-0
香川真司アシスト!!!

視野の広さを見せつけましたね。

レバークーゼンもチチャリートが飛び出してきたが、フンメルスとビュルキとで対応。
香川左サイドで足もとの技術を見せたプレー。動きにキレがありますね。ふふふ。
香川今度は長居パスをスペースに出すと、オーバメヤン抜け出して追いついた。これ追いつくくらいのところでちょうどボール緩まってびっくり。はい。説明が下手。
25分 香川の前からの守備。プレスが強い。きっちりとそこで止める。
ソクラティス相手を倒してファール。
チチャの飛び出しが厄介。キースリンクが競り合ってその横からちょろちょろって飛び出してくるのが本当厄介。気を抜けない。
シュメルツァーなぎ倒される。
カンプルと香川のマッチアップがなかなか面白い。カンプルにはばれている部分も多いからなー。
右からの速いクロスをオーバメヤンワンタッチ流して前に走りこむ。ムヒタリヤンが受けて素早く振りぬいたがGK正面。オバメヤンいい動きするなー。
38分 レバークーゼンパス回しから、カンプルのシュートはビュルキがしっかり止める。
カンプルと香川のマッチアップ。
香川がボールを奪うと、すかさず奪い返しに来るカンプル。香川を倒してイエロー。
ソクラティスの守備がよい。体の入れ方がとてもよい。
香川のロングパスも今日はよいねー。
相手のバックパスのミス。
AT1分。
HT
1-0

上々の出来。
香川真司は体のキレをすごく感じさせたし、他の選手も割といい動きをしていた。
前から積極的に行っているからちょっと後半ばてないか心配な部分もあるけれど、そこは上手くやってくれそうな気がする。
今のドルトムントからは余裕すら感じる。
香川真司はアシスト素晴らしかった。他にも視野の広さを見せつけたり、足元の技術で翻弄する場面もあった。
が、ゴール前で持った時にはシュートっていう選択肢をもっと見たかったな。
その辺は後半に期待します。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7852-0d3d0946
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。