上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半
ドルトムントは交代なし。
いきなり香川とムヒタリヤンとでチャンスを作った。
香川→右に開いてギンターのクロス。オバメヤン相手DFに引っ張られて倒されたように見えたが笛はなし。
50分 ヴァイグル自陣からの縦パスに、オーバメヤンが走りながら抜け出して一気にゴール前へ。1対1の状況を作ったが、GKの素晴らしい飛び出し。
逆にカンプルのドリブルからゴール前チチャリートにボールが渡ると、GKと1対1にされる。ビュルキ飛び出してフンメルスと挟み込み、チチャを倒してしまうがファールなし。これはやられたと思ったし、PK取られるかと思った。
53分 香川からのまたもスルーパスにオーバメヤン反応。最後はシュメルツァー倒されてドルトムントのFK。
ギュンドアン蹴ったボールはパパドプーロス(いつの間にいたんや)にはじかれる。
58分 右からの展開。中でギュンドアン→ムヒタリヤンとつないで、香川バイタルエリアで半身で受けるとそのまま素早くシュート。
相手に押され体勢を少し崩しつつだったが、しっかりと右に決めてドルトムント2点目。
2-0
香川真司ゴール!!!!!!!

きたあああああああああああ
すばらしい。拍手した。
香川についていたパパドプーロスの悔しげな表情。関係ないけどパパスタソプーロスとパパドプーロスがいてわかりにくい。

60分 ソクラティスが相手選手を倒し、PA目前でFKを与える。イエローも貰う。これPKかと思ったのでちょっと焦った。
FKはビュルキがしっかりとキャッチ。
63分 ホフマン→ヤヌザイ。
これで香川ヤヌザイチチャが揃い踏み。
相手の38番がドリブルで次々と選手をなぎ倒していく。恐ろしい。
ヤヌザイドリブル突破でパパドプーロスに倒されファール。パパドプーロスにイエロー。パパドプーロス面白い。
ドルトムントの波状攻撃。最後はギンターがドリブル中にPA内で倒されPKを得る。
73分 キッカーはオバメヤン。きっちりと決め3点目。
3-0
安定感。

75分 レバークーゼンの攻撃。前にいた選手触ってたらオフだったのでスルーして後ろから上がってきた選手が受けると、ビュルキしっかりと飛び出して処理。
逆にドルトムントもオーバメヤン右の深い位置まで入ってグラウンダーなクロス。滑り込みながらヤヌザイのシュートは枠をわずかに外れる。おいいいいい。
香川ヤヌザイのやや後ろにいて悔しがる。
さらにその直後、またもエリア内でパスを受けた香川。シュートはGKと枠に嫌われた。おしい。
80分 ムヒタリヤン→ラモス。
ラモス足が長い。足が速い。
右からのクロス、前3人いたがラモススルーして奥のシュメルツァーへ。クロスを受けたラモスなかなかボールが出せない。うーん。
香川一つ下がった位置からの前へのふわりとしたパス。ヤヌザイには合わず。
85分 ギュンドアンのミドルシュート。GKはじいてこぼれ球オバメヤン拾ってシュメルツァーのシュートは枠外。
86分 オバメヤン→カストロ
香川真司はフル出場。ELがハーフだったので予定通り。
カストロのシュートは枠に嫌われた。
AT2分。
FT

3-0
19分 ホフマン(ドルトムント)
58分 香川真司(ドルトムント)
74分 オーバメヤン(ドルトムント)(PK)

危なげなく勝利。素晴らしい。
レバークーゼンに3-0は予想以上の出来です。ふふふー。
きっちりと決めるところで決めたし、何より後ろが0で終えたのがよかった。
ビュルキ中心にきっちりと守り切った。
香川真司は1G1Aの活躍。全体として動きもよかったし、スルーパスで攻撃のスイッチを何度も入れた。
ゴールの場面も、5人に囲まれつつも半身で受けたことで落ち着いて素早く前を向けたことがゴールに繋がった。
今季に入ってからのゴール前での落着きは本当に素晴らしい。
メンタルも安定しているようでこっちも安心してみられる。

個人的な話になるけど、今日はセレッソも首位大宮に勝利したし、
香川真司もゴールを決めるし、素晴らしい週末です。
そして明日も休みだなんて幸せだー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7853-39091210
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。