上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DFB Pokal3回戦 ボルシア・ドルトムントVSパーダーボルン
リアルタイムで見逃してしまったのでハイライトとタッチ集を見ての感想くらいしか書けませんが。

スタメン
              ラモス
    ムヒタリヤン   香川     カストロ
       ヴァイグル    ギュンドアン
シュメルツァー フンメルス ソクラティス ギンター
              ビュルキ

交代
63分 香川、ギンター→ヤヌザイ、ピシュチェク
71分 ソクラティス→ベンダー

7-1
21分 ラキッチ(パーダーボルン)
25分 ラモス(ドルトムント)
30分 カストロ(ドルトムント)

43分 香川真司(ドルトムント)
55分 ギュンドアン(PK)(ドルトムント)
58分 カストロ(ドルトムント)
87分 ピシュチェク(ドルトムント)
89分 ムヒタリヤン(ドルトムント)


快勝。
カップ戦とはいえ大量得点はやっぱりうれしい。ハイライトだけでも相当楽しかったからこれはリアルタイムならばもっとわくわくしたろうなー…。
香川真司もきっちりとゴールを決めました。
決まったゴールはカストロとのワンツーの時点で相当しびれるプレーでしたが、そこからの細かなドリブルで仕掛けていって角度のないところからの際どいシュートまですべてがパーフェクト。
久々に魅せるゴールでした。
それ以外にもゴールまで迫る場面がいくつかあったり。体もキレキレなのがよくわかりました。
やはり攻めてなんぼ。
攻撃をしていかなければゴールにはつながらないですし、いけいけどんどんなサッカーが大好物の私にはとても楽しかったです。


追伸
コメント・拍手コメントありがとうございます。ときどき確認しています。
いつも暖かいコメントくださる方には励まされております。きちんとしたお返事もできずすみません。

私信になりますが、鹿島サポの方、メール送りましたがアドレスが違っていたのかえらーになってしまいました…。すみません。
ここへの投稿で失礼いたします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7863-d67b959b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。