上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブンデスリーガ2015-16シーズン第12節 ボルシア・ドルトムントVSシャルケ
スタメン
            オーバメヤン
  ムヒタリヤン     香川      カストロ
       ヴァイグル     ギュンドアン
シュメルツァー フンメルス ソクラティス ギンター
              ビュルキ
われらが香川真司は今日もスタメンです。

まちにまったダービー。
前回のダービーは現地で見ていたんだよなとふと思い出しました。
そのときのドイツ紀行を全然かけていないことも思い出しました。

前半
シャルケの10番の髪型がファンキー。
立ち上がりすぐはドルトムントが押しているかなと思ったのですが、シャルケにサイドから攻め込まれる。しかしそこはソクラティスがものすごい勢いで奪いに行った。今までソクラティス見た中で一番激しかったくらい。
6分 ギュンドアンが顔面を叩かれてドルトムントのFK。カストロがふわりと浮かせたボールはGKそのままキャッチ。
カストロ→ムヒタリヤンとつないでムヒタリヤンの折り返しは相手に奪われた。
カストロはスイッチャーになれるから面白い。
11分 ドルトムントのカウンター。ギンタードリブルで上がるとチャンスを作れてよいね。
香川は少し低めの位置。3シャドーっていうよりは、両SBが上がってくるからその間?ボランチの少し前でバランスを取っている。
このバランスをいい意味で崩せた時がチャンスになると思う。
今のところ両チームともにゴールに近づきつつはあるけども、シュートまではいけていない(行かせていない)状態。
16分 ムヒタリヤン執拗なマークに合う。相手のファールもあり、なおかつ喧嘩売られてて小競り合いに(小競り合い怪我とか啼ければ見てるぶんには盛り上がる野次馬の私です)。
香川左サイドの低い位置から前にボールを送ったが通らなかった。
18分 オーバメヤンが相手のGKへのバックパスを狙いに行ったがあと一歩届かなかった。そういうところきっちり狙ってきますよね。ドルトムントは。笑
逆にシャルケも大きなサイドチェンジで左に展開すると、そこから中へスピードのあるクロス。シュートは打たせなかった。
シャルケの19番かな。要注意。
徐々に均衡が崩れてきた。先制点が欲しい。
ドルトムントの素早いパス回し。シャルケはコースを消してくるが、ドルトムントは全体に連動して動くことでどんどんと回しながらタイミングをうかがう。
20分 ギュンドアンが相手選手を倒して、右の少し遠い位置からシャルケのFK。ヘディングで合わせられたが、ボールはポストの左に流れた。フンテラール倒されたが笛はなし。
ちょっとシャルケが攻撃をする回数が増えてきた。
24分 結構無茶なボールが出たが、ギンターが頑張って残した。
ムヒタリヤンサイドで倒される。リプレー見ても何されたかはよくわからぬ。
左サイドからのグラウンダーなクロスをオーバメヤンが直接シュート。しかしこれはDFに阻まれCKを得る。ムヒタリヤンの蹴ったボールから波状攻撃をしかけたが、最後はシャルケのクリアー。
今日は香川がCKのキッカーではないのか。
香川徐々に前に出てきた。右サイドで速い展開で回すと、相手に奪われたボールを追ってプレスをかけ相手のパスミスにつなげる。
29分 左サイドギンターからのボールを一旦中で楔を入れて再びギンターへ。うまく抜けると中央へのクロス。これにゴール前にいた香川が頭で合わせてドルトムント先制!!!
1-0
香川真司ゴール!!!!!!!!

さすがダービー男香川真司!!!!
相変わらずダービーでは決めますな。
ゴール後にガッツポーズとジャンプってのも久々に見たけど、腕ぐるんぐるん回すオプション付きっていうところにこの試合への意気込みを感じる。
それにしても、ヘディングしっかりと叩きつけていたし、ちゃんとやれてるやん!!絶対ドイツ行ってからの方がヘディングで決めている。
ちなみになぜか今年から公式の身長表記が175㎝になっております。

32分 カウンターからあっさり失点…。喜びもつかの間。
右サイドから崩されると、GK出ていたところフンテラールがきっちりクロスに合わせてあああ。
1-1

ギュンドアンミドルシュートを狙ったがポスト。
ヴァイグルがシュートを狙ったが枠をとらえなかった。
37分 香川に足をかけた相手の8番にイエロー。怪我させたらただではおかない。
雰囲気はとてもいい感じだなこの試合。みんないい顔している。
ドルトムントはバックラインがとても高い位置にあるので少しカウンターは怖い。
42分 左サイドへドリブルで展開したムヒタリヤン。斜めに走りこんできたシュメルツァーへのボール。シュートははじかれCKに。
ムヒタリヤンのCK。これをギンターが頭で合わせてドルトムント勝ち越し。
2-1
2点連続ヘディングでのゴールはあんまりいままでなかったな。
いいぞいいぞ。あとは前半このまま締めよう。

そのギンターがドリブルで仕掛けようとしたが、ボールがラインを割ってしまう。ちょっと上ずっているのか。
AT1分
シャルケ中央から前へのスルーパス。19番が左に抜けると、中へのクロス。フンテラールに3人ついてなんとか守る。シャルケの2トップスピードがあって怖い。
HT
2-1


正直、前半香川真司はあんまり目立たないなー、ちょっと今日は後ろでやっているなーと思っていたところでのゴールだったので、とても興奮しました。
それが作戦通りだったのかまではわかりかねますが。
にしてもダービーで決めるとはやっぱり持っているなと。こういう舞台で決めるのも香川真司らしいところだったなーと久々に感じました。いやあ、嬉しい。
その直後の失点が悔やまれますが、前半のうちに勝ち越せたので、後半さらに頑張っていただきたいと思います。
点が入ってからは速い展開で面白い試合です、ルールダービー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7866-52c02736
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。