上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半始まる前の出ていくときに香川真司何かトゥヘルに言われていたけども何を言われてたのかな。

後半
香川のキックオフでスタート。
後半も相変わらず落ち着かない。くだらないミスでお互いに前に進まない…。お付き合いしなくていいと思うんだけどな。
インゴルシュタットのグラウンダーなシュートはビュルキがキャッチ。
なかなか打開策が見いだせない感じ。
54分 ヴァイグル、香川→ライトナー、カストロ
うーん…香川にはもっと試合を組み立てる働きが求められたのかなという感じ。カストロとの併用を見たかったんですけどね。
仕方ない、次に備えましょう。
ということでちょっとレポがざつになります。
ええと、あわやオウンゴールっていうのがまあ…
フンメルスのバックパスがそのまま入ってっていうのがあったんだけども、相手のFWが後ろから足をかけたっていう判断のための^ゴールに。助かったね。
67分 ラモス→ピュリシッチ
71分 ピシュチェクが相手を引き倒してイエロー。
77分 右ピシュチェクからのクロスにオーバメヤンがぴったりと頭で合わせてドルトムントようやく先制。
1-0
もうこのまま終わるのかっていう感じに思っていたのでほっとした。
えー、ちょっとオフサイドっぽかったので(オフサイドだと思うけど)相手選手は審判にアピール。しかし認められず。
さっきのゴール取り消しがあっただけにちょっとインゴルシュタットとしては厳しいな。
80分 ムヒタリヤンにイエロー。スライディングのとこで足裏見せたってことかな。
85分 左サイドでパスを受けたカストロが不意を突いたパス。これに反応したオーバメヤンが抜け出し、そのままゴールへ。
2-0
オーバメヤンはこれで今季20ゴール目。
19試合で20ゴールっていうもうちょっとよくわかんない。
相手がさっきの失点でちょっとモチベーション下がったのもあってかぐいぐいになったドルトムント。
というかいつものようにイケイケの調子に乗ってきた感じでいいぞドルトムント。
そして交代が効いている。うむむ。
FT

2-0
77分 オーバメヤン(ドルトムント)
85分 オーバメヤン(ドルトムント)


いやあ、先制点が大きかった。ジャッジに助けられた部分もあったけども。
苦しい試合だったけどもしっかりと勝ち点3を掴むことができてよかった。
香川真司はちょっと厳しい試合でした。
特に交代で出てきたカストロが流れをつくったり結果に絡んだりしただけに、悔しい結果となりました。
うむ、勝ったのは嬉しいけども、香川のことを考えると悔しい。複雑。
また次の試合で誰が出るのか正直読めないのですが、しっかり備えてほしいです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7882-c9565806
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。