上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半
ロイス→カストロ。
アウグスブルクのカウンター。2人で突破されそうになったがオフサイドに助けられる。
54分 シャヒンワンツーで抜け出すと、折り返しは味方には合わず。うーん、おしい。
カストロのドリブル突破。強引だがそれも必要。
ちょっと香川のポジションがはっきりしない。動いてはいるんだけどもパスが貰いにくい位置というか。
57分 香川PA内でボールを受けると反転。しかし2人に囲まれてボールが出せなかった。ここの受けるところの動き良かった。
さらに、左サイドでムヒタリヤンとパス交換しつつ並走。PA内で倒されるが笛はなし。ちょっと焦っているかな…。
アウグスブルク左サイドからクロスを入れてきてあわやという場面。しっかりとはじいたドルトムントはそこから逆にカウンター。長いボールを前に放り込むと、左からムヒタリヤンのグラウンダーなクロス。ゴール前ラモス滑り込んだがわずかにシュートは枠の右にそれた。決定的な場面…。
60分 香川→ライトナー
香川さん下がったのでちょっとレポートのやる気が下がります。仕様です。
2回チャンス絡んだ直後で、60分丁度っていうのもあってもしかすると連戦を見越してのことかなーと。
68分 シャヒン→パスラック
69分 ラモス後ろからのボールをトラップし、落ち着いてあとから走りこんできたカストロへ。カストロこれをきっちりと決めてドルトムント逆転に成功。
2-1

74分 ドルトムントCKから、クロスのこぼれ球をラモスがヘディングで突き刺し追加点。
3-1

3-1
16分 フィンボガソン(アウグスブルク)
45分 ムヒタリヤン(ドルトムント)
69分 カストロ(ドルトムント)
75分 ラモス(ドルトムント)


勝利。やはり後半の方が動きがよくなっていた。
ロイス香川シャヒンが交代したが、連戦っていうこともあっての交代なのかなーと。ロイスあまりに早い時間だったので。
今日はラモスが全ゴールに絡む活躍。オーバメヤン不在でちょっと不安に思っていましたが、しっかりと結果を残してくれました。
香川真司については不完全燃焼感。動きの噛み合ってきたなっていうところで交代だったので。
まだまだやれるだろうし、まだまだやってほしいです。
一旦代表戦を挟むので、気持ちを切り替えて頑張ってほしいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7887-8de410d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。