上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブンデスリーガ第29節 ボルシア・ドルトムントVSシャルケ

スタメン
          ラモス
      香川    プリシッチ
ドゥルム シャヒン ライトナー ギンター
  フンメルス ソクラティス ベンダー
          ビュルキ
香川真司スタメンです。
というか3-4-3とはびっくりだし、香川のツーシャドーなんて久しぶりすぎる。
まあスペースある方が生きるので、どうなるか。

前半
3分 左からのクロスにプリシッチヘディングは、頭上に打ち上げる。も、こぼれ球香川がつめようとしたところGKと競り合う。香川体強くなったな。
ソクラティスが相手選手を倒してFKを与える。正面距離のある位置からのFKは大きく枠を外れた。
プリシッチが積極的にゴールを狙う。
12分 シャルケのカウンターはフンメルスがスライディングでつぶす!!
メンバーを相当変えた割には回っているとおもう。
プリシッチ倒されて左サイドからFK。
香川はいいパスを供給している。
ちょっと映像の調子が悪くて一時見られなかったが無事復帰(こっちの話)
ボールの失い方が怖い。最後のところでフンメルスが止めてくれるが。
30分 シャヒンが相手選手の足を踏んでしまいイエロー。FKはヘディングで跳ね返した。
シャルケの右サイドの選手がドリブルで持ち上がり、そのまま自らシュートを狙ったが枠の左にそれた。
ドルトムントも攻撃の怖さが足りないけど、シャルケもお付き合いしてくれている。
相手の6番が二人の選手につぎつぎと後ろからいってイエロー。でもこれ何で倒れたのか映像ではよくわからなかった。
HT
0-0

後半
フンメルス→ムヒタリヤンで4-2-3-1に戻す。なんだったんや。
48分 香川右サイドでボールを持った香川、プリシッチとのワンツーでヒールで落としたボールを受けると、ふわりと浮かせたループシュートが吸い込まれ、ドルトムント先制。
1-0
香川真司ゴール!!!!

さすがだな。どんだけダービーで決めるんやほんま。

51分 逆にシャルケの波状攻撃。いっぱい打たれて最終的にサネに決められる。
あまりにすぐだったな。
1-1

その直後香川が倒されて正面でFKを得た。ムヒタリヤン直接狙ったボールは素晴らしい軌道だったがシャルケGKナイスセーブ。
なんか小さいボール投げ込まれてちょっと中断。かわいいけどなんやねん。
55分 そこで得たCKから、ギンター頭で合わせて追加点。
2-1
やっと盛り上がってきた。

65分 相手選手のドリブルを狩りに行ってPA内でファールを取られたため、PKに。
しっかりと決められて再び同点に。
2-2

72分 ギンター、ライトナー→ギュンドアン、オーバメヤン
オーバメヤンのドリブル、左からのグラウンダーなクロスに香川合わせるがわずかに枠をとらえず。
ギンターが倒され相手選手にイエロー。
ロングボールにオーバメヤン抜け出し、シュートもGKに阻まれる。CKも枠をとらえず。
ところでギンターまだ倒れてる。口の中切っていたようで、治療というか応急処置に時間かかった。
やっと戻ってきたが口の中気にしている。
86分 ギュンドアンドリブルで魅せる。倒されてFKを得る。このイエローもらったシャルケの選手なかなか個性的な髪形。
AT2分
シャルケの7番にとってもきれいなボレーシュートを放たれたがなんとかしのぐ。
FT

2-2
49分 香川真司(ドルトムント)

51分 サネ(シャルケ)
56分 ギンター(ドルトムント)
66分 (PK)(シャルケ)

香川真司ゴールは素直に嬉しい。
やはりダービー男。きっちりと決めるし、調子の良いのが続いているなと。だからこそELで出番がなかったことがいまだに不可解なのですが…いやダービーに合わせたと言われたらまあそれまでなんだけども。
やっぱりメンバーを落とした中にいれられているのは悔しい。
今日のゴールがいい評価につながるとうれしいです。
試合としては、前半があまりになんだかのんびりしていたので(お互いにぐだっとしていたので)どうなることかと思いましたが、
香川のゴールを皮切りに急に展開しだしてから面白くなった。
ドローという結果は悔しさが残るが、今日の展開では割と妥当かなと…。
残り試合も少ないので、逆転優勝に向けて勝ち点を積み上げたかっただけに。

その分というわけではないけれど、ELしっかりと勝ちあがってほしいです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7891-5f2610f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。