上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半
メンバー交代はなし。
47分 リバプールがダイレクトでボールをつなぐと、オリジにそのままドリブルからシュートを放たれあっさり決められる…おいー。
2-1

ドルトムントのカウンター。香川→カストロ→オーバメヤンにはつながらなかった。
51分 ムヒタリヤン→シュメルツァー→ロイス→香川とどんどん入ってくる。しっかり落ち着いて組立よう。
ロイスが抜けたがオフサイド。
今日のオーバメヤンはつぶれ役としての動きもよくしてくれている。
フンメルスがカウンターに行こうとしたコウチーニョを倒してイエローを貰う。
55分 シュメルツァーからのパスを中央で香川受けたがシュートは打てず。
さらにフンメルスがムヒタリヤンとのワンツーでエリア内まで入り込んできた。
56分 ドリブルで上がってきたフンメルス。DFラインをしっかり見ていたロイスが抜け出すと、落ち着いてファーサイドに流し込み追加点。
3-1
いいぞいいぞ。

ちょっと眠気にやられかけていた。
66分 リバプールがワンツーでゴール前入っていき、グラウンダーなシュートは右隅に吸い込まれた。
3-2
ううむ。流れがどっちに向くか。

オリギのミドルシュートはバーの上。眠いけど寝れない。
76分 香川→ギンター
寝るかと思ったとこで…
交代直後CKからヘディングで決められ
3-3(4-4 アウェイゴール3-1)

ちょっとここから記憶がないんですが、
91分に失点していた模様。
AT+4
FT

3-4(4-5)
5分 ムヒタリヤン(ドルトムント)
9分 オーバメヤン(ドルトムント)

48分 オリギ(リバプール)
57分 ロイス(ドルトムント)
66分 コウチーニョ(リバプール)
78分 サコ(リバプール)
91分 ロヴレン(リバプール)

というわけで、ドルトムントは最後の最後の失点により、準決勝進出を逃しました。
正直、ここ最近はリーグよりもこっちに力を入れていた感が否めないのでとても悔しい結果に。
しかも前半であれだけ差をつけておきながらっていうのがまた、ね。
もっと2点目を取ってから間延びしたのと、後半になって向こうに流れを持っていかれたのがつらかったです。
とくにスピードのある前線に振り切られてしまう場面は怖かった。
…やはり守備の要の香川を下げたのが敗因かと…(とかいってみる)
香川が時間をつくったり、スイッチを入れたりしていたので、そこを最初に下げるかーと思いましたけどね。
というわけで、厳しくはなりましたが残りのリーグ戦で勝ち点を積み上げて行ってほしいです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7893-d5f42bea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。