上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツカップ準決勝ボルシア・ドルトムントVSヘルタベルリン

スタメン
               ラモス
      ロイス     香川   ムヒタリヤン
       カストロ       ヴァイグル
シュメルツァー フンメルス ベンダー ピシュチェク
              ビュルキ
香川真司スタメンです。
正直今日はお休みかと思っていたのでびっくり。
1年たったけどもトゥヘルの考えは読めません。

前半
香川にバイタルエリア内でパスが出て倒されたが笛はなし。
右に開いた香川中に折り返しの低いクロスを入れるが合わず。
シュメルツァーのクロスから最後はピシュチェクがシュートを放つが大きく外れる。
ロイスから狭いところで香川ボールを受け中にボールを送ろうとするがそこはがっちりと固められている。
ヘルタは自陣のエリア内に結構人数をかけている。
7分 ピシュチェクが相手選手を倒してしまい、自陣左からFKを与える。
カストロが競り合い時に顔面を負傷。切れやすいとこなので流血。
今日の香川は狭いところで受けるね。特に相手が引いて守るときにこの位置でもらうのは結構脅威になると思う。ただそこからのパスがちょっと合わない。
14分 右のライン際でムヒタリヤンが倒されFKを得る。そのままムヒタリヤンが蹴ったボールは相手DFのクリア。
クロスにシュメルツァーが飛び込んで折り返そうとしたところをDFに体を入れられる。これ通せていたら中にロイスと香川といて面白かったな。
ラモスにボールが出たがオフサイド。
香川積極的にボールに絡んでいく。右に開いて展開しようとするがなかなか中へ通せない。
18分 ムヒタリヤン→香川ドリブルでボールキープ→ピシュチェクのクロスに→シュメルツァーヘディングするもオフサイド。せめて枠に飛ばそう。
20分 ムヒタリヤンからのパスを受けた香川。右前に走りこみつつクロスを入れると、ロイスの折り返しにカストロボレーシュートを叩き込みドルトムント先制。
1-0
香川真司起点に!!!

今日は再三右に開いていたのでこれが功を奏した。

22分 ロイス左からのFKはGKが直接キャッチ。
シュメルツァーのクロスにゴール前フリーでボレーシュートを放つロイス。しかし枠をとらえられず。ううむ。
ヘルタの攻撃。右からのクロスはビュルキがキャッチ。
香川真司中央でパスを受けると反転しようとしたところで倒され正面でのFKを獲得。少し距離のある位置。ムヒタリヤングラウンダーなボールで直接狙ったが枠の左にそれた。あえて低いボールという狙いは面白かった。
ラモスのシュートは正面。
サイドで原口が倒されFKを与えるが、相手のオフサイド。
このチーム本当にパス速いな。
あと今日の香川真司は髪型気合い入れすぎ。
38分 原口のパスから相手選手ドリブルで入ってこようとしたところ、カストロがギリギリで体を入れてクリア。
ドルトムントカウンターのチャンスも香川真司倒される。
ムヒタリヤンの浮かせたパスにシュメルツァー入っていったが体勢を崩してしまい、シュートはDFに阻まれる。
CKから、ドリブルでするすると入っていってシュートを打ったのはフンメルス!!足元巧すぎ。
ロイスのミドルシュートはGKに阻まれる。あの距離からあのスピード感で打てるのはいいなぁ。
死後の最後攻め込まれるがビュルキがしっかり対応。
ATなし。
1-0

前半はドルトムントがペースを握った。
ヘルタは最初から引いていたのでドルトムントはどう崩すかなと思ったけど、左右に振るわ、真司やロイスが狭いところに入っていくわで次々とチャンスを作る。
といっても惜しいっていうところはそんなに多くなかったのでそこの精度をもっと上げたい。
今季のドルは強いけれどもちょっと気を抜くとやられるのでこのまま攻めの姿勢で行ってほしいし、後は後ろも集中を切らさずに行ってほしいです。
香川真司は体のキレをとても感じます。今日はなんども右に開いて絡んでいた。いつもは割と左に開くイメージだったので、右でプレーしているのはなにか意図があるのかなーと。
実際そこからゴールが生まれたのでよかった。
後半も期待。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7896-73ec8444
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。