上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブンデスリーガ第32節 ボルシア・ドルトムントVSヴォルフスブルク
スタメン
               ラモス
    ロイス   香川    カストロ  ムヒタリヤン
             ヴァイグル
シュメルツァー フンメルス  ベンダー  ピシュチェク
              ビュルキ
香川真司はスタメンです。

前半
ドルトムントは細かいパスをつないでチャンスを作る。ロイスが頭でそらしたボールは誰にも合わなかった。
2分 シュメルツァーが相手選手を倒してサイドでFKを与える。
6分 カストロから左サイドシュメルツァーに開いたあと、クロスにムヒタリヤンがボレーで折り返した素早いボール。香川がボレーで合わせてずどんとゴールに吸い込まれドルトムント先制!!!!
1-0
香川真司ゴール!!!!!!

2日遅れだけど私の誕生日プレゼントだと思います。勝手に。

8分 CBベンダーから縦に入ったボール。ロイスが倒れつつ落としたボール、香川が拾って相手の動きをよく見て出したスルーパスにラモスが抜け出し、きっちりと1対1を決める。ドルトムント2点目。
2-0
香川真司アシスト!!!!


その後も超攻撃的なドルトムント。
今日の試合結果によってはバイエルンの優勝が決まる。はず。
まあドルトムントはぐいぐい行きます。
フンメルスからシュメルツァーへのパス素晴らしい。一番後ろのラインからこういう縦へのチャンスのボールが出るのはでかい。
18分 ヴォルフスブルクの反撃。シュートはバーに助けられる。あぶないあぶない。
しっかりと守ってまた攻撃に転じたい。香川真司倒される。
ベンダーから縦への長いパス。ロイス抜け出したがオフサイド。
CBからバンバン縦に入るの楽しい。
4-1-4-1って予想されていたけど今見ている感じは4-2-3-1で香川真司がトップ下。と言ってもこの人自由に動き回るんだけど。
24分 ヴォルフスブルクの攻撃が続く。ドルトムントが基本的にペースを狙っているんだけど、時折入ってくるから怖い。
相手の15番がロイスとの接触でちょっと痛める。
ちょっと試合が落ち着いちゃった気がする。リバプール戦のことを思い出すのでもっと攻めてほしいなあ。
31分 カストロいい位置でボールを奪うと、斜めに入れたパスにロイスがオフサイドギリギリで抜け出しGKを躱してのシュートはサイドネット。あまりに決定的な場面だったし決めてほしかった。これゴール近くに他にも何人か選手いたからね。
相手の攻撃。クリアミスを奪われてミドルシュート。はビュルキがパンチング。
CKは低いボレーシュート。DFに当たって枠の右にそれる。ちょっと相手の時間帯続くのヤダ。
香川とロイスのパス交換から、右サイドピシュチェクに開いてふんわりクロスはGKキャッチ。
香川から縦に絶妙なパス。ロイスを追い越して手前で止まるスピンのかかっているボール、雄々しくもGKの方が一歩速かった。
ヴァイグルとても落ち着いている。
43分 香川ムヒタリヤンラモスらで次々とパスを回すが、狭いところで回していてゴールになかなか迫れない。ちょっときれいに行こうとし過ぎている。んー。
右サイド香川真司にボールが入ると、香川からふわりとクロスは合わなかった。
ATなし。
HT
2-0

幸先のいいスタート。
香川真司のいきなりのゴールはちょっとたまたまそこにいた感はあったけども、これをきっちり合わせたのはさすが。
どやっとしてたからね。決めた瞬間。
その直後のアシストもさすがです。
後半もこのままの勢いでぐいぐいと突っ走ってほしいところですが、相手は得点力ナンバーワンなので気が抜けない。
バイエルンもここまでリードしているというのも気になるところ…。

最後の笛が鳴るまで。後半に続く。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7900-4a9215a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。