上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ICC ボルシア・ドルトムントVSマンチェスターユナイテッド
スタメン
オバメヤン
ラモス 香川 デンベレ
カストロ ローデ
シュメルツァー ソクラティス ベンダー パスラック
ヴァイデンフェラー
香川真司はスタメンです

前半
開始早々PAでパスを受けた香川。囲まれて前を向けず。
モウリーニョユナイテッドでプレーする香川も見てみたかったな。昔レアル時代のモウリーニョにみそめられてたしなあ。
ユナイテッドの時間帯だが、ドルトムント人数をかけて守る。EUROのイタリアの守備を思い出す。それは言いすぎか。
お互いに噛み合ってない感じ。
最後のところまで行かない。ゆるゆるーな展開。
18分 ドルトムント距離のある位置からのFK。香川何か話し合ってるからけるのかと思ったわ!ショートコントか!
オーバメヤン蹴ったボールは一旦跳ね返され、デンベレ、香川が次々シュートするも全部跳ね返される。さいごはこぼれ球カストロが詰めてドルトムント先制。
1-0
香川もおってんけどな。

ドルトムントの時間帯。
香川とシュメルツァーとで左から仕掛ける。
そういえばシュールレ来るらしい。嬉しい。
27分 香川真司倒される。
30分くらいから給水タイム。さすがに中国も暑そう。
カストロ→オーバメヤン→香川へは通らない。
34分 右からのボールにオーバメヤンバイシクル気味のシュート狙ったが、相手のハンド。PKを得る。
オーバメヤン自分で決めて
2-0

右からのボールにオーバーラップしていたシュメルツァーからの折り返しを、オーバメヤンシュート。これはGKナイスセーブ。
さらにドルトムントは相手GK出ていたところよく見ていた、チップキックでゴールを狙うがキーパー反応していた。
AT3分
HT
2-0

ドルトムントがリードで前半を終えた。
全体にドルトムントの方がチャンスが多かった。
攻撃もこの間の試合よりもパターンが増えてたかな。オーバメヤン入ると変わるな。
香川真司は積極的に前に入っていってた。
先制点のところはまあ絡んではいたけど、ほかでは大きな見せ場はなかったか。
もっとやれるやんなーと思ってしまうけどな。ゴールも見たいです。まあまだ始まったばかりだけど、どんどんアピールしていってほしいです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7911-722fb27b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。