上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボルシアドルトムントVSビルバオ

スタメン
オーバメヤン
シュールレ 香川 ゲッツェ
ヴァイグル プリシッチ
シュメルツァー プルニッチ ソクラテス ピシュチェク
ヴァイデンフェラー
香川真司はスタメンです。

前半
4分 ビルバオの選手に左からシュートを放たれるも、枠の外。
逆にドルトムントは香川がオーバメヤンのスピードを生かしてカウンターを仕掛けるも、オーバメヤンもディフェンスに囲まれてクロスを上げられず。
13分 ドルトムント低い位置でパスミスをかっさらわれ、あわやという場面。なんとか守る。
17分 ゲッツェからのパスに斜めに走り込んだオーバメヤン。折り返しに最後はプリシッチがシュート。枠を外れる。
香川がボランチくらいに下がってるな。
トップ下がゲッツェ、左がプリシッチという感じ。
18分 ビルバオのカウンター。あっさりと数的不利の状態にされ、パスをつながれるとゴールを決められる。
0-1
最後ゴール前入ってたの香川真司だったからね。
ヴァイグルが痛む。が、すぐに復帰。

その後もビルバオのチャンスが続く。
FKは相手のファール。
24分 左サイドからミドルシュートを打たれるが、これは枠外。
香川が倒されファール。
シュールレにイエロー。
ちょっと私の方の機械トラブルで5分くらい見逃し。
35分 ドルトムント右からのクロスは相手ディフェンスに読まれていた。
シュールレのミドルシュートをGK弾いてCKに。
ここからの流れ、誰か傷んだ。が、すぐ復帰。よかった。
高い位置から香川がクロスを入れるが跳ね返される。
香川の長いパスが、左サイドゲッツェに入ると、これをクリアしようとした相手のハンドかな?を取られてドルトムントPK獲得。
オーバメヤンのシュートをGK完全に読んでいた!なんと!
さらにその直後プリシッチ高速ドリブルで持ち上がると2対2の状況を作り、GKよく見てシュート!も、ポストに嫌われる。
決まんないなー。
ATなし
HT
0-1

どちらも譲らぬ展開。
ビルバオはスピードある攻撃を見せるし、ドルトムントは大きくピッチを使った攻撃。
香川真司はボランチでの出場で、基本的にはパスをさばく役割。
ピッチ全体がよく見えているし、ボールキープもできるし、身体が切れていることがよくわかる。
問題なくこなしているけれど、トップ下で見たいなーと。
後半に何かあるかもしれないので期待して待ちます。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7916-c9d09139
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。