上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます。
久々の更新。

ブンデスリーガ第18節 ボルシア・ドルトムントVSブレーメン
             シュールレ
    ロイス   香川   カストロ  プリシッチ
             ヴァイグル
シュメルツァー ギンター ソクラティス ピシュチェク
           ヴァイデンフェラー
香川真司はスタメンです。

前半
4分 スローインからロイスが出したスルーパスに、シュールレが抜け出して1対1を作ると、これを冷静に流し込みいきなりの先制。
1-0
綺麗だった。ブレーメンDFがちょっと集中欠いてたかんじ。

5分 さらにロイスとシュールレとが抜け出してチャンスを作る。
さすがに長袖率と手袋率が高い。寒そう。
10分 相手のクリアミスがふわりとシュールレの前におち、シュールレボレーシュートはゴールわずかに右。
CK時香川はゴール前で詰めるとこにいてる。
14分 香川ドリブルで相手を躱すと、シュメルツァーにスルーパス。少し短かったが、相手のミスから再びボールを奪うと香川へ。香川中へクロスを送るとシュールレのヘディングはGK正面。
一応試合前はロイスが左で香川が中って書いてあったんだけど、香川が左にいる時間が多い。流動的に入れ替わってはいる。
17分 カウンターからブレーメンのシュートはヴァイデンフェラーがパンチング。
ロイスが倒されて相手選手にイエロー。負傷はなさそう。
ブレーメン攻撃でチャンスを作り始める。ドルトムントはある程度自由にやらせて最後のとこで弾き返す感じ。
23分 プリシッチドリブルで仕掛けてクロスを入れたが、ファーサイド香川の前で跳ね返された。香川いい位置に入ってきているよ。
29分 ブレーメンのCKから、波状攻撃を受ける。ドルトムントちょっと足元のミスが多い。勿体ない。
ギンターのファールで少し距離のある位置でFKを与える。
ギンター半袖かよ。
FKはそのまま流れた。高さとスピードはよかったんだけど。
ちょっと押される時間が続く。
33分 ブレーメンのボレーシュートはGK正面。
本日の審判は手でのファールに対する笛が厳しい気がする。ルール改訂など詳しくないので、この審判のジャッジの基準なのか、ブンデス全体としてそうなったのかはわからないけど。
ブレーメンのセットプレーから相手のシュートを香川クリアするもブレーメン選手の前にこぼれ、再びシュート。しかしこれは大きく枠を外れる。
結構危なっかしい。
37分 逆にドルトムントの攻撃。PA内人数をかけてシュートを狙うが最後のところが割れない。
38分 ドルトムントのカウンター。長いボールにロイス抜け出すと、GK飛び出してきたところ、ループシュートを狙ったが、相手GKにアフターで足の裏で蹴られ、GKが一発レッド。
ロイス怪我はやめてくれ。
GKもあの場面飛び出すしかなかったとはいえ、足裏はさすがにまずい。
ドルトムント数的優位な展開に。
42分 シュールレのFK。直接巻いたボールを狙ったが巻かずにそのまま流れてしまった。
シュールレ相手選手を倒してイエロー。ちょっといらっとしてるっぽいからこれ以上貰わないでほしい。
AT3分
ソクラティスのファールを相手選手はアピールするが審判取ってくれず。荒れそう。
46分 ピシュチェクのパスにロイスが反応すると、切り返してシュート。ニアを狙ったがGKキャッチ。
47分 ブレーメンのシュート。PAギリギリのところからのシュートは、ヴァイデンフェラーの手をはじいてクロスバーに当たると、そのまま真下に跳ね返り、フィールドへ。あぶなっ。
HT
1-0

先制まではよかった。
そのあとしばらく押されていたり、相手が一人少なくなった後も最後危ない場面があったり。
ちょっと気が抜けない展開です。後半早い時間に追加点が欲しい。
香川真司はゴール前に積極的に入っていっている。
もっとボールに絡んで欲しいなとも思うけれど、今日は割と守備に戻る場面も多いから忙しそう。
後半に続く。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://710nevaneva.blog78.fc2.com/tb.php/7933-447bb524
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。